仲値(なかね)

売りと買いの中心となるレートで、金融機関が外国為替取引をする際の基準となる。
TTMともいう。