ロスカット

相場が顧客の思惑と反対に動いて損失が膨らみ、評価損が一定レベルに達したときに、それ以上の損失の拡大を防ぐ目的で自動的に反対売買(決済)すること。