円安(えんやす)

外貨に対して日本円の価値が下がること。
例えば、米ドル/円の為替レートが1ドル=100円から1ドル=110円になった場合、「円安ドル高」という。
日本経済は、自動車をはじめとする輸出産業が支えている割合が多いので、円安になると、海外で日本製品が売れやすくなり、従来よりも売上が上がるためプラス要因となる。
一方、海外から日本に製品を輸入する企業にとっては従来よりも高く製品を購入することになる。
【⇔円高(えんだか)