ボリンジャーバンド

相場の大半がこのバンドの中に収まるという統計学を応用したテクニカルチャートの一つ。
一定期間の移動平均線を中心に、その上下にそれぞれ2本のライン(標準偏差)を加える。
標準偏差に挟まれた箇所は、「バンド」と呼ばれている。