大野 洋 Hiroshi Ohno 人事部部長

1974年4月生まれ 奈良県出身

1997年大学卒業後、約10年間にわたる企業人事経験を経て、人事コンサルティング会社を起業。

コンサルタントとして当社のサポートを行ったことがきっかけで入社。

現在に至る。

Message from HR Division Director 社会とともに変化し続ける
企業でありたい。

私たちは、2002年の創業以来、FX業界のパイオニアとしてインターネット取引手数料ゼロの実現、東京金融取引所の為替証拠金取引"くりっく365"のサービス開始、店頭FX・商品・証券の取引ツールの提供や、個別株の取り扱い等の商品の充実化をはかってまいりました。

それらの実現に向けて私たちが大切にしてきたことは、「お客さまから求められているものは何か?」という問いや課題に真摯に向き合う、お客さま本位の姿勢です。

証券業界を取り巻く環境は、日本社会のさまざまな変化とともに変革の時を迎えようとしています。同時に、社会が変化するということは、新たな需要が生まれる機会とも言えます。

金融とテクノロジーが融合したフィンテックなど、新しい技術・トレンドにアンテナを張り、お客さまの取引利便性の向上や新サービスの実現といった新たな価値の提供に取り組んでまいります。

どんな人と働きたいか? 変化を受け止め、変化を楽しめる人

取り巻く環境が変化していく中、組織で働く個人もまた、変化とどう向き合えるかが問われる時代になってきています。そんな中、変化することをポジティブに受け止めることができ、柔軟に変化対応できる素直さが大切です。また、新しいことに取り組むにあたっては、まずはやってみるという実行力、最後まであきらめない粘り強さ、チームや仲間のために一肌脱ぐことができる大正義も大切な要素だと考えています。

どんな組織にしたいか? 学び鍛え合う企業文化を醸成したい

第二創業期を迎え、私たちは新卒採用に本格的に乗り出しました。社員同士が互いに学び鍛え合う企業文化を醸成したいと考えています。人を育てるというのは、時間がかかることですし、相当な覚悟とエネルギーが必要です。またプロセスにおいては、これまでの自身の経験を棚卸し整理する、相手目線に立って噛み砕いて内容を伝える、共に取り組みながら理解を深めていき実践力を養うといったように、教える側にとっても成長の機会になると考えています。人から学んだことを実践することで確かなものにしていく、そのことをまた人に伝えたり教えたり・・・こういったことが社内の各所で行われていくことで、組織に知識やノウハウが蓄積され、人が育つ強い組織の基盤が作られていくと考えています。

就職活動生へのメッセージ 決断こそが社会人への第一歩

就職活動は、皆さんが初めて経験する仕事といってもよいのではないでしょうか。これまでは、先生や教科書が正解やヒントといったものを提示してくれていたでしょう。しかし、仕事においては、唯一無二の正解といったものはありません。何が正解なのか、自ら考え行動するのです。

就職活動でも同様に、インターネット情報や書籍、家族や諸先輩は、皆さんにたくさんの意見やアドバイスを与えてくれるでしょう。しかし、どの企業に就職すれば幸せになれるかは誰も教えてくれません。

まだ仕事経験のない皆さんにとっては、どれだけ情報収集を頑張ったとしても、いずれ不確かな情報をもとに、自らのモノサシで決断しなければいけない局面が訪れることになります。大切なことは最後の決断の時に、「やってみたい」「成長したい」という想いや感性のもと、勇気ある決断ができるかどうか。勇気ある決断こそが、入社後さまざまな困難と対峙した際に立ち返る原点となり、それら困難を乗り越える上での前向きなエネルギーになります。

私たちは、選考プロセスにおいて、「なぜ金融業界なのか?」「なぜ東郷証券なのか?」といったことよりも、「これまでの人生において、何を大事にしてきたのか?」「何のために働くのか?」「将来どうありたいのか?」といった人としての生き様や在り方を等身大で話し合える場づくりに努めています。
なぜなら、これから長く共に働く仲間を求めているからです。

大野 洋 Hiroshi Ohno 人事部部長

1974年4月生まれ 奈良県出身

1997年大学卒業後、約10年間にわたる企業人事経験を経て、人事コンサルティング会社を起業。

コンサルタントとして当社のサポートを行ったことがきっかけで入社。

現在に至る。

Entry
ENTRY 閉じる