ドル円日足:調整の反騰局面(最終場面)。ブル・ベアの分岐点にも位置。

添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、終値が-1σラインの上方で引けて以降、引き続き、調整の反騰局面にある相場ですが、調整の反騰局面の最終ターゲットである+2σラインにほぼ到達してきています。

尚、チャート内、青色矢印は、「遅行スパンアタッカー」の買いシグナルです。判断としては、買いシグナル点灯後、終値が+2σラインの下方に位置しているときは、レンジの上限にあることを教えてくれています。つまり、一旦は戻り売りのタイミングに近いということになります。

ところで、今後注意すべき点として、遅行スパンが陽転(上方に放れ)、日足終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となる場合、ドル本格上昇トレンド入りする可能性が高まります。したがって、現在、ブル・ベアの分岐点に位置しているとも読めます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:調整の反騰局面の最終場面と判断

添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、終値が-1σラインの上方で引けて以降、調整の反騰局面にある相場ですが、調整の反騰局面の最終ターゲットである+2σラインに近づいてきています。

尚、チャート内、青色矢印は、「遅行スパンアタッカー」の買いシグナルです。判断としては、買いシグナル点灯後、終値が+2σラインの下方に位置しているときは、レンジの上限にあることを教えてくれています。つまり、一旦は戻り売りのタイミングということになります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:目先は本格上昇トレンド。終値が+1σラインとの位置関係を注視したい場面。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在、終値が+1σライン(「緑ちゃん」)をキープし続けており、本格上昇トレンドの中にあります。

今後、終値が同ラインをキープするかぎり、本格上昇トレンド継続となる一方で、終値が同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる点、注意しておきたい場面です。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:レンジ相場、相場の放れ待ち。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

現在、レンジ相場にあることが確認できます。

判断根拠は、(1)遅行スパンがローソク足に絡んで推移していること、(2)バンド幅が収束傾向にあること、です。

今後のトレード戦略として、相場の放れを待って、トレンドに乗りたいところです。

尚、「相場の放れ」発生の条件は、(1)遅行スパンがローソク足の上方、もしくは、下方に放れること、(2)終値が+2σラインの上方、もしくは、-2σラインの下方で引けること、(3)バンド幅が拡大傾向に変化すること、などです。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:調整の反騰局面を経て、現在はレンジ相場。相場の放れを待ちたい場面。

添付チャートは、ドル円の1時間足足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、四角枠内の動きは、調整の反騰局面でした。

すなわち、1時間足終値が-1σライン(緑色ライン)の上方で引けて以降、底固い推移に変化していき、じりじりと上昇、調整の反騰局面の最終ターゲットである+2σラインに接近したことが見てとれます。

また、遅行スパンがローソク足に接近、接触、絡み始めたこともドル円相場の上値を抑えていることがわかります。

そして、現在は、レンジ相場に入っていますが、このことは、終値が+1σラインを下回ったことも、確認の材料となっています。

今後は、レンジ相場の中でカウンタートレードを行うか、それとも、相場の放れを待って、放れた方向に乗るトレンドフォロー型のトレードを行うことが推奨されます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:目先、価格的要素と時間的要素が拮抗中

添付チャートは、ドル円の1時間足スパンモデル(スペシャル)をスパンオートシグナルで表示したものです。

四角枠内に注目です。

現在、終値が-1σラインの下方を推移しており、本格下落トレンドと判断できます。

一方、売りシグナルの逆行パターンの買いサインも点灯しています。

すなわち、価格的要素と時間的要素が拮抗中となっています。

つまり、価格面の判断だけでは、本格下落トレンドと読める一方で、時間面の判断は、一旦は買いのタイミングであることを教えてくれています。

トレード戦略としては、終値が-1σラインを上回ってくる場合に、買い目線でエントリーしていくのが無難な戦略と考えます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円4時間足スパンモデル:逆行パターンの売りサイン点灯中

添付チャートは、ドル円の4時間足スパンモデル(スペシャル)です。

ご覧の通り、直近にて、買いシグナルが点灯(青色四角枠)する中で、逆行パターンの売りサインが点灯しています。

猶予期間中(四角枠内)に付けた高値である108.53円水準を終値ベースで上方にブレイクしないかぎり、逆行パターンの売りサイン点灯継続します。

一方、猶予期間中(四角枠内)に付けた高値である108.53円水準を終値ベースで上方にブレイクする場合は、順行パターンの買いサインが点灯することになります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:本格的な調整の反騰局面入りの兆候

添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

チャートをご覧の通り、ここ最近、センターライン(青色ライン)に抑えられてきた相場ですが、先週末の大阪G20の結果を好感して上昇で始まったドル円相場が、日足終値ベースにて、センターラインの上方で引けるかどうか、注目の動きとなっています。

すなわち、長きに亘って続いてきた緩やかな下落トレンドから本格的な調整の反騰局面入りする可能性が高まる状況にあります。

もっとも、遅行スパンの位置からして、依然として、上値も重いと想定されますが、上昇する場合のターゲットは、+1σライン(108.55円近辺)、+2σライン(109.00円近辺)となります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:引き続き、ドル円相場は緩やかな下落トレンドにあります。

添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

四角枠内が示す箇所が示すとおり、ここ最近は、センターライン(青色ライン)に抑えられながら下落するパターンとなっています。

そして、昨日時点でも、やはり、センターラインに戻りを抑えられていることが見てとれます。

今後の注目点は、この日足スーパーボリンジャーのセンターラインが引き続きドル円相場の上値を抑え続けるかどうかです。

尚、終値がセンターラインに抑えられながら下落する相場は、「緩やかな下落トレンド」と呼びます。「緩やかな下落トレンド」の特徴の1つとして、相場が往来相場になりやすいという特徴があります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円相場短期予測:1時間足スーパーボリンジャー

今日は、ドル円相場の短期予測です。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

四角枠内をご覧ください。

1時間足終値が+1σライン(緑色ライン)をキープし続けており、本格上昇トレンドにあることが見てとれますが、今後、同ラインを上回り続けるか、下回るかどうか注視しておく必要があります。

もし、下回る場合は、調整の反落局面入りする可能性が高まる点、念頭においておきたい場面です。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/