ドル円は、日足、4時間足共に、引き続き、本格下落トレンド

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、売り優勢

○トレンド判断と戦略=終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンドと判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの逆行パターンの売りサインが点灯中。

赤色スパンの逆行パターンの売りサインも点灯中。

<<4時間足分析>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンドと判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

売りシグナルと赤色スパンの順行パターンの売りサインが点灯中。

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

以下より登録できます。 https://www.span-model.com/line/

ドル円は、日足、4時間足共に、本格下落トレンド

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格下落トレンド

○遅行スパン=陰転してきており、売り優勢

○トレンド判断と戦略=今後、遅行スパンが陰転継続し、終値が-1σラインの下方で引け続け、バンド幅が拡大傾向となるかぎり、本格下落トレンドと判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの逆行パターンの売りサインが再点灯。買いシグナル点灯時の猶予期間中の高値水準である111.10円近辺をブレイクしたことに注目。

赤色スパンの逆行パターンの売りサインも点灯中。

<<4時間足分析>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンドと判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

売りシグナルと赤色スパンの順行パターンの売りサインが点灯中。

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

以下より登録できます。 https://www.span-model.com/line/

ドル円相場は、日足にて本格下落トレンド入りの兆候あり。4時間足では、すでに本格下落トレンド。

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場。本格下落トレンド入りの兆候あり。

○遅行スパン=陰転しつつもローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、-1σラインと-3σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。尚、今後、遅行スパンが陰転し、終値が-1σラインの下方で引け、バンド幅が拡大傾向となる場合、本格下落トレンド入りの可能性が高まる点、注意しておきたい。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯中。尚、終値ベースにて、買いシグナル点灯時の猶予期間中の高値水準である111.10円近辺がサポート。

一方、赤色スパンの逆行パターンの売りサインも点灯中。尚、赤色スパン陰転時の猶予期間中の高値水準である112.20円近辺がレジスタンス。

<<4時間足分析>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンドと判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

売りシグナルと赤色スパンの順行パターンの売りサインが点灯している点に注目。

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

以下より登録できます。 https://www.span-model.com/line/

ドル円相場は、日足にて、依然としてレンジ局面。

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、センターラインと-2σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯中。尚、買いシグナル点灯時の猶予期間中の高値水準である111.10円近辺がサポート。

一方、赤色スパンの逆行パターンの売りサインも点灯中。尚、赤色スパン陰転時の猶予期間中の高値水準である112.20円近辺がレジスタンス。

<<4時間足分析>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

レンジ相場。相場の放れ待ち。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

売りシグナルと赤色スパンの逆行パターンの買いサインが点灯中。

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

以下より登録できます。 https://www.span-model.com/line/

ドル円相場は、日足にて、引き続き、レンジ局面にある。一方、4時間足では、順行パターンの売りサインが点灯するかどうかの瀬戸際。

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、センターラインと-2σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯中。尚、買いシグナル点灯時の猶予期間中の高値水準である111.10円近辺がサポート。

一方、赤色スパンの逆行パターンの売りサインも点灯中。尚、赤色スパン陰転時の猶予期間中の高値水準である112.20円近辺がレジスタンス。

<<4時間足分析>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

レンジ相場

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

売りシグナルと赤色スパンの逆行パターンの買いサインが点灯中。目先、売りシグナル点灯、および、赤色スパン陰転時の猶予期間中の安値水準である111.35円近辺を巡ってのブル・ベアの攻防戦が依然として続いている格好。

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

以下より登録できます。 https://www.span-model.com/line/

ドル円は日足にてレンジ相場。4時間足では本格下落トレンド。

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、センターラインと-2σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯中。尚、買いシグナル点灯時の猶予期間中の高値水準である111.10円近辺がサポート。

一方、赤色スパンの逆行パターンの売りサインも点灯中。尚、赤色スパン陰転時の猶予期間中の高値水準である112.20円近辺がレジスタンス。

<<4時間足分析>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

本格下落トレンド。レンジ相場の地合いを残す。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

売りシグナルと赤色スパンの逆行パターンの買いサインが点灯中。目先、売りシグナル点灯、および、赤色スパン陰転時の猶予期間中の安値水準である111.35円近辺を巡ってのブル・ベアの攻防戦の格好。

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

以下より登録できます。 https://www.span-model.com/line/

ドル円相場ですが、日足、4時間足共にレンジ相場。特に、4時間足の逆行パターンの売買サインに注目です。

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陽転しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインと-1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。バンド幅が収束傾向となっており、相場変動率が下がっていることが見てとれる。つまり、上値重く、下値も固い展開が想定される。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯中。尚、買いシグナル点灯時の猶予期間中の高値水準である111.10円近辺がサポート。

一方、赤色スパンの逆行パターンの売りサインも点灯中。尚、赤色スパン陰転時の猶予期間中の高値水準である112.20円近辺がレジスタンス。

<<4時間足分析>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

レンジ相場。相場の放れ待ち。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

売りシグナルと赤色スパンの逆行パターンの買いサインが点灯中。尚、売りシグナル点灯、および、赤色スパン陰転時の猶予期間中の安値水準である111.35円近辺がサポート。

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

以下より登録できます。 https://www.span-model.com/line/

ドル円相場は、日足、4時間足共に、レンジ相場の地合いが強い

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陽転しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインと-1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。バンド幅が収束傾向となっており、相場変動率が下がっていることが見てとれる。つまり、上値重く、下値も固い展開が想定される。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯中。尚、買いシグナル点灯時の猶予期間中の高値水準である111.10円近辺がサポート。

一方、赤色スパンの逆行パターンの売りサインも点灯中。尚、赤色スパン陰転時の猶予期間中の高値水準である112.20円近辺がレジスタンス。

<<4時間足分析>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンドと判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

売りシグナルと赤色スパンの逆行パターンの買いサインが点灯中。尚、売りシグナル点灯、そして、赤色スパン陰転時の猶予期間中の安値水準である111.30円近辺がサポート。

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

以下より登録できます。 https://www.span-model.com/line/

ドル円相場は、日足にてレンジ相場入りが確認された格好。その為、4時間足では、逆行パターンのサインが点灯しやすくなっている点に注目。

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陽転しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインと-1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯中。

一方、赤色スパンの逆行パターンの売りサインも点灯中。

<<4時間足分析>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

本格下落トレンド

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯中。

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

以下より登録できます。 https://www.span-model.com/line/

ドル円相場は、4時間足にて一旦は上方に放れた格好。

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陽転しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインとセンターラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯中。

一方、赤色スパンの逆行パターンの売りサインも点灯中。

<<4時間足分析>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

本格上昇トレンド

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯中。

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

以下より登録できます。 https://www.span-model.com/line/