急な出費が続いた時にはカードローンを利用すると、生活への影響を最小限に抑えつつ返済することで、ピンチを切り抜けることができます。

しかし、カードローンを申込む際には、勤務先への在籍確認が電話により行われることが一般的で、勤務先へカードローン利用がバレると嫌だと考えている人が多いことも事実です。

電話連絡によって在籍確認が行われる背景と事情を理解すれば、上手に切り抜けることができます。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

実際に在籍確認なしで職場にバレずに即日融資を受けれる金融機関もあるわ。バレずにキャッシングをするための方法を解説していくわね。

職場へ在籍確認の電話なしで借りれるカードローン

銀行カードローンは、実質的な審査を保証会社が担っているために、電話による在籍確認を必ず行っています。

一方、消費者金融のカードローンの中には、書面による審査に対応していると公式HPでアナウンスしている会社があります。

電話による在籍確認の過程があることがネックになって迷っている人にも書面対応してくれる会社なら安心です。

カードローンの中には、Web完結申し込みをすると電話連絡なしで審査されたり、申し込み後にオペレーターに相談すると書類での代替え審査をしてくれるところもあります。

職場に電話なしでOKなSMBCモビット!

SMBCモビットは、最初から条件を満たしていれば、WEB完結申し込みで一切電話連絡なしで申し込み可能です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行またはゆうちょ銀行の普通預金口座と、社会保険へ加入して会社名入り健康保険証を持っていれば、書面審査による在籍確認を行なう条件が整っています。

収入証明書と共にWEB完結申込みを行なうことで、不備がなければ電話連絡なしで審査結果が得られます。

公式サイトにもWEB完結であれば、電話連絡なしと記載があるカードローンがSMBCモビットです。

あすかあすか

SMBCモビットは即日融資にも対応しているので職場にバレないというだけではなく、急いで借りたい人にもおすすめです。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※ランキングは当社調べ

SMBCモビット

SMBCモビット

ここがポイント

  1. 家族や会社にバレないWEB完結!
  2. 即日キャッシングにも積極的!
  3. 10秒で簡易審査結果表示

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

利率 3.0~18.0%
限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
評価 5.0

公式サイトはこちら

書類での在籍確認を検討してくれるカードローン

基本的には、どのカードローン会社も在籍確認なしで審査を通すことはありません。

ただ、在籍確認の目的は、申告通りの勤務先で働いているかどうかを確認することなので、事情を話せば電話連絡以外での在籍確認にしてくれる場合もあります。

もし、どうしても会社への在籍確認がマズい場合は、カードローン会社の融資担当者に相談してみましょう。

社員証や給与明細書、源泉徴収票、健康保険証など勤務先の社名と自分の名前が記載されている書類を提出することで在籍確認に替えてくれるケースがあります。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

提出書類は、スマホで撮影してアップロードするだけで完了するわ。


※ランキングは当社調べ

アイフル

ここがポイント

  1. カード郵送も時間帯指定ができる
  2. はじめてなら最大30日間無利息
  3. 最短60分で審査が完了する圧倒的なスピード感!
利率 3.0%~18.0%
限度額 1,000円~800万円
審査時間 最短1時間
評価 4.5

公式サイトはこちら

※ランキングは当社調べ

アコム

ここがポイント

  1. 最短1時間!業界トップクラスの審査スピード!
  2. 契約した次の日から30日間無利息
  3. 楽天の口座があれば24時間対応の振込サービス
利率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短1時間
評価 4.5

公式サイトはこちら

職場より家族にバレないカードローンなら、、、

あすかあすか

家族にバレにくいカードローンなら契約書類や郵便物もなしにできるプロミスです。

※ランキングは当社調べ

プロミス

プロミス

ここがポイント

  1. はじめての借入れから30日間無利息!
  2. 最短20分!圧倒的な融資スピード
  3. 家族にバレないカードレス対応
利率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短20分
評価 5.0

公式サイトはこちら

【内緒で借りる】家族や勤務先にバレないカードローンの借り方

【在籍確認なし】書類で在籍確認してくれるカードローン

勤務先への在籍確認電話により、全てのカードローン申込者が在籍確認を行えるとは限りません。なぜなら、全ての電話について取り次がない方針の会社が存在するからです。

仕事上、取引先と機密保持契約を結んでいる場合や、調査会社に在籍しているケースなど、個人宛の電話が掛かってくることが有り得ない会社も存在します。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

でも在籍確認なしで借りるには信用情報に問題ない人じゃないと難しいから注意してね。

在籍確認の電話連絡なしは可能!?

在籍確認は、金融業者にとって安定した収入があることを確認できることが目的ですから、必ずしも電話連絡による在籍確認が取れなければならないわけではありません。

法律上も在籍確認について規定がないので、あくまでも金融業者が返済能力を確認するために行われます。

書面により在籍確認が取れれば、電話連絡なしで勤務先への在籍確認を取ったことになります。

カードローンでは審査次第では職場に電話をかけない場合もありますが、すべての会社が審査基準については公開していません。

あすかあすか

特に以下のようなケースであれば電話連絡なしにできる可能性があります。

電話連絡なしで在籍確認できるケース
  1. 公務員や大手上場企業の社員で安定度の高い人
  2. 年収が高い
  3. 既存の借り入れがない

在籍を証明する書類を提出

在籍確認を書面で行なう場合には、在籍を証明する書類を提出して、金融業者の審査担当者が確認して認めれば問題ありません。

複数の在籍証明書類として提出可能なものを事前に用意しておけば、相談しやすいでしょう。

カードローン申込みを行ってから在籍証明書類を準備すると、時間が掛かりすぎることがあるので要注意です。

在籍証明として認められる書類とは?

在籍証明は、現在も届出た勤務先で働いていることを証明する必要があるので、退職後でも用意できる書面は在籍証明として認められない可能性があります。

直近2ヶ月の給与明細のみで良いとしているカードローン会社もありますが、社員証と会社名入り健康保険証の提示を求められることも多いです。

在籍証明書として認められる書類は、カードローン会社により異なるので、事前に確認しておくことが望ましいです。

勤務先への電話連絡なしは相談が必須?!

在籍確認時には、勤務先への電話連絡が行われる流れが一般的ですから、電話連絡なしで行ってもらうためには本人確認時にカードローン会社へ相談しなければなりません。

個人情報保護法や会社側の営業方針により、電話を一切取り次がないことになっているといった理由を挙げて、個別に相談して書面による在籍確認へ切り替えて貰う必要があります。

相談しないと、低コストで簡単に確認できる電話連絡による在籍確認が行われてしまう可能性があります。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

「WEB完結申し込みで職場への電話なし」を選択すれば、SMBCモビットなら相談しなくても大丈夫よ。

職場への電話確認なし!SMBCモビットのWEB完結申し込みはこちら

在籍確認の有無は自分の信用力で決まるの?

クレジットカードの申込みの場合でれば、必ずしも在籍確認が必要になるわけではなく、カード会社の考え方や規定によって判断されます。

つまりクレジットカードの場合、カードの申込者の信用力ではなく、在籍確認が必要のない条件に合致していれば行われないのです。

しかしカードローン審査の場合は、少し事情が変わってきます。

カードローンの契約には安定した収入があることが前提になりますが、信用情報機関に登録されている勤務先などのデータは過去のものなので、申し込み内容と相違がないか確認する必要があります。

正確な審査を行うためにも勤務先への在籍確認は欠かすことができない項目になっています。

あすかあすか

カードローンで在籍確認が必要ないケースは、書面による代替措置が認められている場合です。

審査のコツは限度額設定

在籍確認電話なしで審査を通すためには、希望利用限度額を必要最小限に抑えて申込みを行なうことが望ましいです。

とりわけ50万円を超えた場合には、審査基準が一段と厳しくなり、電話連絡による在籍確認を必須としている金融業者があります。

一度審査に通してから1年程度返済実績を作って、増額申込みを行えば後から利用限度額を増やせるので、焦りは禁物です。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

希望限度額を少なくすると審査通過率が上がるわ。以下の記事で詳しく解説しているから参考にしてみて。

少額融資なら不安なカードローンの審査通過する確率があがる3つの理由

カードローン審査における在籍確認の意義とは?

カードローンの申込みを行った後で本審査に進むと、本人確認電話の際に勤務先への在籍確認について金融業者から説明されます。

しかし、雇用形態が多様化していて、出向や出張が多い状況下では金融業者が勤務先へ電話連絡をすることに抵抗がある人も多いでしょう。在籍確認を行なう背景を知っておくことが重要です。

在籍確認で確かめられるものとは?

カードローンは、無担保ローンという特性から個人を信用して融資を行なう仕組みが採用されています。

返済能力について十分に調査を行なう際に、申告された勤務先で働いていることを確認できれば、少なくとも月に1回以上の給与振込が行われると期待できます。

安定した返済能力を確認するために、在籍確認は金融業者にとって重要な確認事項となるわけです。

カードローンの在籍確認は、あくまでも在籍確認をするだけの形式上の会話です。「以後の連絡は、この携帯電話を希望しますか?」などの簡単な質問となります。

在籍確認の流れを確認

在籍確認は、本人確認電話が行われる際に、どのような方法で行なうか金融業者から説明があります。

勤務先へ間違い電話をかけると問題が多いので、勤務先電話番号と所属部署を確認した上で行われるわけです。

銀行ならば銀行名を名乗りますが、銀行以外の金融業者は個人名により勤務先へ電話を掛けます。

電話口に出た事務員が、明確に申込者が在籍していないと言わずに、「只今、◯◯は席を外しています」といった対応が行われても、間接的に在籍確認ができたことになるわけです。

必ずしも申込者本人に電話が繋がらなくても問題ないと知っておきましょう。

在籍確認の電話で偽名を使って欲しい!

普段、外線から個人名で電話がかかってくることがない職場であれば、社名と個人名を偽名を使って欲しいと考えてしまうかもしれません。

この偽名に関しては、カードローン会社の社名、サービス名、担当者の個人名以外は対応してくれません。

最大限の譲歩が個人名での電話確認なので、どうしても個人名での電話確認が抵抗がある場合は、書面で代替えしてくれるカードローンを選ぶが、言い訳を用意するしかありません。

在籍確認のために嘘の情報で対応するのは?

在籍確認がどうしても嫌だからといって、在籍確認を代行してくれるアリバイ会社の利用をするのは絶対やめましょう。

強制解約だけでなく、一括返済を求められますし詐欺罪に該当する可能性もあります。

職場への電話連絡が一時的になくすことができたとしても、その後のリスクが大きすぎます。

勤務先への在籍確認はバレないようにできるってホント?

勤務先へ在籍確認電話が掛かってくると、バレてしまわないか不安となるでしょう。

貸金業法により、第三者に対して借入れやカードローン契約の事実を伝えることが禁止されているので、配慮がされています。

勤務先にバレないためのカードローン業者の配慮

勤務先への在籍確認電話が必須という場合には、貸金業者により事前相談をすることで、バレない工夫をしてもらえる可能性があります。

具体的には、折り返し電話を掛ける可能性があるから電話による在籍確認は困ると申告すれば、大手消費者金融のように専用電話番号から在籍確認電話を掛ける対応をしている貸金業者が少なくありません。

在籍確認の時のみ電源を入れて使用する携帯電話から在籍確認電話を掛ければ、折り返しをされても電源が入っていないので安心です。

会社や同僚にバレないようにするためのに

会社や同僚にバレないようにカードローン申し込み前に自分で工夫すれば、不審に思われて詮索されることがなくなります。

具体的には、銀行カードローンならば自動車ローンを組む予定があることを伝えることで、銀行名を名乗ってくる電話があっても安心です。

消費者金融ならば、クレジットカードに申し込みしたから在籍確認電話が来ると思うと伝えておくと良いでしょう。

それでもバレるのが心配な人は在籍確認なしのカードローン

詮索好きな同僚や会社の上司がいて困る場合には、電話による在籍確認なしのカードローンへ申込めば回避できます。

最初から書面による在籍確認を行なうカードローンでは、自分で申込時にミスを犯さない限り電話連絡が入ることがなく、審査結果が出るので安心です。

WEB完結プランを選択できるカードローンであれば、写真付き本人確認の書類などの提出で、専用カードの発行なし、紙書類なしで周囲にバレることはありません。

あすかあすか

代替措置で対応してくれるカードローン業者でしか在籍確認なしにすることはできません。
必ず電話で在籍確認をする業者もありますので、申し込む前にしっかり調べておく必要があります。

バレたくない以外にも活用できる在籍確認なしのカードローン

電話による勤務先への在籍確認なしのカードローンは、勤務先や同僚にバレたくない人以外であっても活用できます。

なぜなら、勤務先には定休日や営業時間があるので、必ずしもすぐに在籍確認ができるとは限らないからです。

審査がスムーズ!すぐに借りたい場合

電話による在籍確認なしで審査を進めるためには、書面による在籍確認を行なう必要があります。

書面審査ならば、申込者が指定された証明書類を準備して、画像データまたはFAX送付することにより、迅速かつ確実に在籍確認を行えます。

何度も電話によるすれ違いが発生するくらいならば、急いでカードローン審査を通したい時にも活用可能となります。

勤務先によっては電話での在籍確認が困難な場合

取引先との兼ね合いにより、勤務先で個人に対する電話を一切受け付けない対応を行っていると、在籍確認電話が困難となります。

しかし、書面による在籍確認ができれば、カードローン審査に通過できる可能性があるだけでなく、金融業者にとっても会社ごと顧客になれない人が生まれることは得策では無いでしょう。

会社が休みの日に借りたい場合

在籍確認を電話のみで行っていると、会社が休みの日に申込んだ際に、審査結果が出るまで日数を要することになりかねません。

会社が休みの日に借りたいと考えている新規顧客を逃がさないためにも、電話による在籍確認なしとするメリットがあるわけです。

アルバイトや派遣で在籍確認が難しい場合

正社員とは異なり、アルバイトや派遣スタッフとして勤務していると、在籍確認電話に対応できない可能性があります。

所属部署や働いている場所が個人に対して電話連絡を取り次がない以前に、在籍有無を事務員が確認できないケースもあるからです。

書面による在籍確認ならば、アルバイト勤務や派遣スタッフでも在籍証明を行いやすいでしょう。

まとめ

カードローンの申し込みを行なう際には、勤務先への在籍確認なしで借入れできたら助かる人も多いでしょう。

銀行カードローンでは、専業主婦による申し込み以外は電話による在籍確認が行われてしまうので、消費者金融の中から申込み先を選ぶと良いでしょう。

全ての消費者金融が書面による在籍確認に対応しているわけではありませんが、SMBCモビットのようにWEB完結申込みにより最初から書面で在籍確認を行なう消費者金融カードローンもあります。

どうしても電話による勤務先への在籍確認を避けたい場合には、事前に書面による在籍確認への対応を調べておくことが重要です。