消費者金融は非常に便利に安心して使う事ができるように進化していて、誰でも気軽に利用できるシステムになっています。しかし、消費者金融でお金を借りることは、まだまだマイナスイメージを持っている人も少なくなくありません。

さらに、他の借り入れ審査に影響するのではないかと、利用に踏み切れないでいる人もいることでしょう。ここでは、消費者金融の利用履歴が住宅ローンなど他のローンに影響するのかどうかを見ていきましょう。

住宅ローン審査に必要?!消費者金融の利用履歴がある方へ

消費者金融に限らずカードローンやキャッシング商品の借入履歴がある人は、住宅ローン審査を申し込むに当たり意識的に対処すべきポイントがいくつかあります。

カードローンは完済が基本

カードローンやフリーローンは、ローン商品の中でみると利用属性は低めです。消費者金融会社はもちろんですが、銀行カードローンのような低金利であっても利用履歴自体がマイナス効果を発揮してしまう可能性もあるので、借金は可能な限り完済して解約手続きをした方が賢明です。

無利息残高に注意

消費者金融などのカードローンを返済していくと、ほとんどの場合「1,000円未満の債務」が残ります。

多くのカードローン業者は、ATMにおける最低取扱金額を1,000円に設定しているので、端数を返済するためには銀行振り込みや窓口で返済をする必要があります。そのため、この部分の利用残高に関しては、「そのままでも良い」と考えているカードローン業者がほとんどです。この債務は無利息残高と呼ばれています。

この無利息残高は放置していても利息が発生することはなく、返済の督促を受けることも、延滞などのネガティブな評価がされることもないのですが、個人信用情報機関の情報では「債務あり」のままになるので、住宅ローンの審査で不利に働いてしまう可能性があります。

あすかあすか

無利息残高って、、、返済を放置しいても大丈夫なんですね。
でもカードローンの借金は、住宅ローンの審査前には完済したほうがいいみたいです。

信用情報機関に保管されている情報は、「契約終了後5年以内」は保有されるため、無利息残高がある状態では情報がなくなりません。無利息残高は、より良い環境で審査に臨むためにも一括返済して解約しておきましょう。

カードローンの解約方法

解約方法は、契約しているカードローン業者によって異なりますが、基本は「来店、電話やインターネットで解約申請をする」という方法で行えます。申請後、所定の手続きを経て解約が完了すると、信用情報機関にも「解約」が記録されます。

ただ、無利息残高がある状態で長期間経過した場合に自動的に解約となることもあります。いつ、どのタイミングでそうなるのかは業者都合なのではっきりとしませんが、すでに解約となっている場合もあります。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

消費者金融などのカードローンは解約してもすぐに個人信用情報には反映されないこともあるから注意が必要よ。

住宅ローンでカードローン解約が必要な理由

住宅購入で利用することになる住宅ローンでは、「年収に対してどのくらいの割合で返済をしているのか」が審査で大きなポイントになります。これを「返済比率」といい、住宅ローンの事前審査の段階では、住宅ローンの返済額にできる限り多く回せるように既存借入は減らしておいた方が賢明です。

あすかあすか

支払い能力が低いと判断されると住宅ローンの借入可能額を減らされたり、住宅ローンの実行金利がアップすることもあるみたいです。

返済比率があがってしまう

返済比率の計算は、簡単に表すと「返済比率=年間返済総額÷年収×100」で計算できます。

厳密には小難しい計算をしなければいけないのですが、カードローンで毎月1万円を返済している年収400万円の人の場合は、「12万円÷400万円×100=3%」となります。

この状態で住宅ローンを借りて、月々5万円の返済が追加された場合は、「(12万円+60万円)÷400万円×100=18%」が返済比率です。

住宅ローン審査では、この返済比率が判断に大きく影響します。

一般的に、返済比率は25%以下に収めることが好ましいと言われるため、必然的に比率が大きくなる住宅ローンを申し込む際には、カードローンの債務をゼロの状態にして返済比率を下げた方が可能性は高まります。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

ちなみにカードローンだけはなくて、諸費用ローンやクレジットカードのキャッシング枠も借入金として同様の扱い方をされるから注意してね。

あすかあすか

住宅ローンの返済比率については以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

住宅ローンに車ローンをまとめたい、、、このままだと住宅ローンの審査は通らない?!

解約のデメリットは再審査くらい

カードローンを解約した場合、「もう一度融資を受けたい」と思ってもすぐには利用できません。改めて申し込みを行い、審査を突破できればその結果に応じて借り入れができる状態になります。

再契約が必要になるという点が解約をするデメリットですが、逆にいえばこれ以外のデメリットは見当たりません。

カードローン解約のメリットとは?

逆にメリットとなり得ることとして、

  1. 解約することで信用情報機関にその事実が記録される
  2. 5年の情報保管期間を早く消化できる
  3. ネガティブな情報が消えるタイミングが早まる
  4. 完済した実績がポジティブな情報として生きる

などがあります。

解約によってカードローンの利用はできなくなりますが、不必要な債務を負う必要がなくなるという点でもメリットがあります。

新規の借入については影響がない?!

解約後、必要に応じて再申し込みを行った場合、審査基準が通常よりも高くなるようなことはありません。むしろ、完済実績が生き、初めて申し込む人よりも優遇される可能性すらあります。

カードの悪用を防ぐ

いつでも使用できるカードを所有していると、万が一、紛失してしまった場合に悪用される心配があります。

意識的に管理状態を適切に維持し続けなければいけないコストもかかるので、明確な目的がない限りは持ち続ける意味はありません。

多重債務の防止

すぐに借りられる状態を維持したままでいると、遊興費や住宅ローンの返済が大変な時に「カードローンで借りて返済しよう」などと考えてしまう危険もあります。

どうしようもない理由で一時的に返済が難しくなってしまっただけならまだしも、返済のために借り入れをするような自転車操業状態は、多重債務、果ては債務整理や自己破産につながる危険な第一歩です。

多重債務や債務整理に陥るのにはキッカケがある!?

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

カードローンの契約履歴が残っていたからと言って、必ずしも大きな障害になったりはしないの。
でも、残債がある状態は審査で不利に働くことは間違いないから、可能な限りその状況を改善してから住宅ローンに申込みをしたほうがいいわ。

住宅ローンの審査では何をチェックされる?

まず、住宅ローンを借りる際に、金融機関はどのような点を重視して審査をしているか、住宅ローンの審査基準について考えてみましょう。

住宅ローンの借入審査をする際に重視される判断材料としては、まず第一に年収に対する返済比率です。

クレジットカードや消費者金融などのカードローンで借入枠がある場合には返済比率が大きくなり審査に通る確率が下がることになります。

また、ローンには完済年齢が設定されているので、借入時の年齢によって組めるローン期間が決まってきます。返済までの年数が短いと返済比率があがってしまうので、借入時の年齢も重視されます。

さらに、勤続年数や勤務形態、個人事業主であれば事業内容など、返済していくのに十分の収入を得る仕事をしているか、健康状態、購入予定の物件なども審査の対象になります。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

もちろん個人信用情報でその他の借入の有無や返済の状況なども考慮されるわ。

消費者金融での借り入れ履歴が悪いわけじゃない!?

消費者金融でお金を借りた事があると信用情報機関に悪い履歴が残っているというイメージがありますが、住宅ローンの審査ではその部分をチェックするわけではありません。

住宅ローンの審査では返済能力をチェックするので、消費者金融でお金を借りていても返済期日にしっかり返済していれば実績として信用情報機関に履歴が残っています。しっかりと返済している状況がわかれば、住宅ローンの審査でも有利になることもあります。

逆に、消費者金融を利用することを軽く見て、返済が滞ったり遅れがちという人の場合だと影響度は大きくなります。

こうしたネガティブ情報が消えるまでには完済から5年かかるので、住宅ローンなどの大型融資では特に不利になります。

あすかあすか

手軽にお金を借りるからといって返済を軽視していると、大きなローンを組むときに信頼できない人だと判断されやすいみたいです。

住宅ローンは消費者金融の完済直後でも大丈夫?

消費者金融に借入があった場合、住宅ローンの審査に影響が出るかどうかについては、前述のように完済していることが最も重要な点となります。

個人信用情報機関の登録内容がカギ!?

住宅ローンのような借り入れの申し込みが合った場合、金融機関がどのようにしてその人の返済能力を判断するかというと、共有している個人信用情報機関に問い合わせを行い、過去のお金にまつわる借り入れや返済状況などを照会し、その結果によって判断しています。

しっかりと期限を守り完済している場合は影響する事はあまりありませんが、過去の消費者金融や銀行からの借入にや返済において、延滞、滞納、その他のトラブルがあると審査に落ちてしまう可能性があるので注意が必要です。

完済直後は条件付き?!

また、住宅ローンの審査を受ける時は消費者金融の借入を完済してからある程度時間が経過した時期にした方がいいです。消費者金融で完済した直後に住宅ローンの申し込みをすると、審査に影響がでる可能性があります。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

融資内定の条件として、利用していた消費者金融の解約証明書の提出を求められることもあるわ。
解約してもすぐには信用情報に反映されないからよ。

債務整理は厳しい!?

さらに、消費者金融の借入を完済していても債務整理などをしている場合は、信用情報機関に金融事故として履歴が残っているので住宅ローンの審査は否決されてしまいます。

住宅ローンにかぎらず審査では、完済しているだけでなく、しっかりと期限や返済金額を守っているということが大切なのです。

信用情報ってなに?

信用情報について説明しましょう。この信用情報とは、あなたがこれまで利用した過去のローン借り入れ状況や申込状況、返済状況などの履歴のことです。

信販会社が加盟するCICは、貸金業法と割賦販売法に定められた指定信用情報機関として日本国内で唯一の機関です。

消費者金融が加盟するJICCと銀行が加盟するJBA(全銀協)については、個人信用情報機関という扱いになっています。

あすかあすか

貸金業者は、CIC・JICC・JBAのうち1つまたは複数の個人信用情報機関へ登録して、信用情報照会先として利用しているんです。

この信用情報は、お金を借りるとき、クレジットカードを発行するとき、ローンで商品を購入するときなどに利用され、情報が登録・更新されます。といっても個人が情報を利用・登録するわけではなく、金融機関やローン会社などが情報を更新していくのです。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

住宅ローンでお金を借りる場合だけでなく、「信用情報」はすべてのローン審査でチェックされるの。
金融機関から自分がどう評価されているかが分かるから、情報開示してみるのもいいわ。

審査に落ちても対策はある!

消費者金融の利用履歴は、一部の審査が厳しい銀行では審査落ちする理由になるかもしれませんが、公務員や会社員である程度安定した収入があって頭金もあるなら、他の金融機関を利用するなどすればいいのです。

住宅ローンを融資してくれる金融機関の見つけ方

住宅ローンを融資してくれる金融機関を探す時は、同時に複数の業者に申し込みをしてしまうと印象が悪くなり審査で否決されてしまう可能性があります。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

手あたり次第に住宅ローンに複数申し込みするのはリスクが高いわ。
申込条件をしっかりチェックして不承認にならないように気をつけてね。

すぐに申し込みをしないで事前に業者に相談して、自分の属性をチェックしておくことが大切になってきます。また周囲の人にも相談して金融機関の生口コミを入手しましょう。

銀行だけに的を絞らずにその他の金融機関を探してみるのも良いかもしれません。例えば、公的ローンにあたる自治体融資や年金住宅融資、民間ローンではノンバンクや信用金庫、生命保険会社があります。

あすかあすか

住宅ローンを組むのって金額も大きくなるから申込者も慎重になりますよね。
消費者金融の利用歴だけでなく、住宅ローンの選び方や頭金も大切です。詳しくまとめているページがあるので参考にしてください。

賢く借りる!住宅ローンの選び方【保存版】

まとめ

住宅ローンの融資を受ける際、審査に過去の消費者金融からの借り入れ履歴は確かに確認要素に入っていますが、しっかりとルールを守って返済していれば本審査に悪影響を与える可能性は低いです。

個人信用情報に自分に不利な情報が加わらないよう、消費者金融などを利用した際にはしっかりとした返済計画を立てる事、延滞や遅延のないように支払いをしていくようにしましょう。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

消費者金融などのカードローン完済直後に住宅ローンの本審査を受けたい場合には、自分の信用情報をチェックしてからのほうが良さそうよ。
もしかしてブラックリスト入り?!信用情報の確認方法とリカバリ術」で詳しく解説しているから参考にしてみて。

Dr.フランチェスカ2

あわせて読みたい!おすすめの記事よ。

知らないと大損!?住宅ローン組み直しのポイント全公開!!