カードローンキャッシングを利用するためには、公務員や正社員である必要はありません。

銀行や消費者金融ごとに貸付対象とする条件は異なるものの、キャッシング申込みを行なう時点で、お金が不足していることに変わりないわけです。

アルバイトやパート収入であっても、借入可能なカードローンが見つかることを知っておくと良いでしょう。

キャッシング審査が通る年収の目安ってどれくらいなの?

キャッシングの申込先を検討する際に、審査に通る年収の目安が気になる人もいるはずです。年収100万円の人であっても、借入可能なキャッシングがあります。

なぜなら、キャッシングには利用限度額設定があるので、それぞれの収入に見合った利用限度額設定を行えば良いからです。

Dr.フランチェスカ2

消費者金融系カードローンなら年収100万円以上、銀行系カードローンなら年収200万円以上であれば、審査通過の可能性はあるといえるわ。

審査の合否に年収はあまり関係ない!?

これからキャッシング申込みを行なう人にとっては、年収の多少が審査の合否に大きく関わると思われがちです。

しかし、同じキャッシング商品への申込みであっても、利用限度額10万円の審査と100万円の審査では、通過に必要なハードルに大きな差があります。

年収よりも審査の合否に大きく関わるポイントがあると知っておくと良いでしょう。

安定した収入の有無が重要視される

キャッシングの融資限度額の審査では、毎月の返済能力が重視されるので、同じ年収であっても毎月一定額の収入がある人が審査に通りやすくなります。

毎年1月に300万円一気に収入が得られるよりも、毎月20万円の給与収入がある人の方が安定した収入があると認められやすいわけです。

アルバイトやパートの収入があればOK

アルバイトやパートは、シフト制で週3日以上といった決まったサイクルで継続勤務している状況ならば、安定した収入として認められます。

スポットバイトや短期間のアルバイト以外ならば、キャッシング審査対象です。

ただし総量規制対象のキャッシングには影響

キャッシング商品を提供している金融機関には、銀行や信販会社もあります。

信販会社や消費者金融は、貸金業法に定められた規定に基づき融資を実施しているので、総量規制の範囲内で融資が可能です。

総量規制では、年収の1/3以内に他社を含めた融資総額が制限されるので、年収が少なければ融資限度額の上限も少なくなります。

他社からの借入がある場合には、カードローン審査に通らない可能性が生じます。

[参考]総量規制とは | 日本貸金業協会

年収は利用限度額の設定に大きくかかわってくる

キャッシング審査の通過有無には、年収はさほど影響がありませんが、利用限度額を設定する時にかかわって来ます。

返済能力は、他社借入額が少なく年収が多いほど高くなるので、年収は利用限度額を判断する1つの基準となりやすい項目です。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

少額融資にして借入限度額を下げると審査通過率が上がるわ。以下の記事で詳しく解説しているから参考にしてみて。

少額融資なら不安なカードローンの審査通過する確率があがる3つの理由

消費者金融キャッシングと銀行のカードローンでは年収の扱いが違うの?

同じカードローンであっても、消費者金融と銀行では年収に対する扱いが違うと言われています。

なぜなら、適用される法律が異なるので、融資を行なう際の考え方に違いが生まれているからです。

消費者金融は年収の3分の1までしか借りられない

消費者金融は、融資を行なう際に常に総量規制の影響を受けるので、個人信用情報機関へ信用情報照会を行ない年収の1/3以内に融資残高を抑える義務を課されています。

返済能力を考慮してもっと融資を行ないたくても、貸金業法に基づく総量規制により年収は制限額の判断材料となっているわけです。

一般的に銀行は年収200万円以上が望ましいといわれる訳は?

銀行は銀行法に基づく融資を行なうので、貸金業法の影響を受けません。総量規制対象外ですから、年収額によって融資額が法的に制限されることは無いわけです。

しかし、大口融資を得意とする銀行にとっては、年収が200万円未満を対象とした小口融資に対して、消極的な銀行も一部に存在しています。

銀行系カードローンは、収入証明不要での借入限度額の設定が高かめでしたが、2017年に自主規制が強化されて、消費者金融系カードローンと同様に年収の1/3以上借入れできないようになりました。

限度額を高く希望できるため年収もポイントに!

銀行カードローンは、消費者金融よりも低金利で融資を行っているので、返済能力が高い人に多額の融資を行ないたいと考える傾向が高いです。

最初から低金利設定が出来るポイントとなる年収が、200万円以上を目安としている銀行が多いので、年収が高いほど利用限度額を高く希望出来ます。

実際には年収200万円程度はないと審査通過は難しいと言われています。年収200万円程度あれば、正社員など雇用形態が安定していることが多く、返済能力に期待がもてるからです。

アルバイトやパートでも希望限度額を控えればOK

銀行の中にはアルバイトやパートでも申込み可能としているカードローンがあります。

希望限度額を控えて申込みすれば、例え年収が200万円未満であっても審査に通る可能性があるわけです。

年収は、あくまでも希望限度額を多くしたい人にとって重要な項目となります。

おまとめローンの利用は高めの年収が理想的

おまとめローンは、複数の借入先を1本化して完済を目指す金融商品です。

昇進や人事異動に伴い年収が上がったタイミングでおまとめローンを申込めば、大きな利用限度額設定により低金利融資へと借り換えが可能となります。

高い利用限度額を設定するためには、高めの年収が必要となるので、おまとめローンの利用は高めの年収として300万円~400万円以上となったタイミングで申込むと良いでしょう。

あすかあすか

借金の一本化については以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

借金一本化で失敗する前に読んで欲しい!カードローン一本化の基礎知識

もしも年収が低くて不安なら消費者金融のキャッシングへ

年収が低いために銀行カードローンの審査に通過出来るか不安ならば、柔軟な審査に定評がある消費者金融会社のキャッシングを申込んでみる方法があります。

消費者金融ならば通過できる理由を知れば、納得出来るはずです。

総量規制でたくさん貸せないから審査は甘め?!

改正貸金業法が完全施行された2010年6月以降、消費者金融は総量規制により年収の1/3以下までしか融資できなくなりました。

融資残高が減少すると消費者金融会社は利益も減ってしまうので、融資先の裾野を広げる必要があります。審査を柔軟にして貸付先を増やす必要に迫られたわけですね。

限度額が50万円以内なら収入証明書の提出が不要

利用限度額が50万円以内かつ他社も含めた借入残高が100万円以内ならば、貸金業法に定められた収入証明書の提出が必要な要件からは外れます。

少額融資ならば、本人確認書類の提出と勤務先への在籍確認のみで融資判断が可能です。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

収入証明書不要で借りられるカードローンについては以下の記事で詳しく解説しているわ。

収入証明書不要で借りられるカードローンはあるの?【おすすめカードローン5選】

嘘の年収は絶対NG!自分の年収を見据えたカードローンへ

大手消費者金融は個人信用情報機関としてJICCに加盟しており、CICとも情報交流があるので、嘘の年収を申込時に記入しても他社へ届出た情報との整合性からすぐに嘘の年収は見抜かれてしまいます。

カードローンは無担保ローンですから、嘘をつく申込者は判明した時点で信用なしとして審査落ちになります。自分の年収に見合った審査が柔軟なカードローンを選ぶ必要があります。

あすかあすか

消費者金融の申込みで年収の嘘はダメです。以下の記事で詳しく解説しています。

信用情報でバレちゃう?!消費者金融の申し込みで年収の嘘がバレる理由

年収が重要視されない?高年収でも審査に落ちる場合とは?

例え年収が500万円以上あったとしても、キャッシング審査に落ちる場合があります。

審査基準は非公開ですから、なぜ審査に落ちたのか分からないと考える人もいるでしょう。

しかし、年収だけを審査で見ているわけでは無く、安定した収入と見做されない場合など審査落ちとなる原因を知っておく必要があります。

総量規制に抵触している

年収が高く返済能力が十分にあっても、貸金業法に基づく融資を実行している信販会社や消費者金融は、総量規制を遵守しなければなりません。

他社を含めて貸金業者からの利用限度額の合計が既に年収の1/3に到達していれば、新たなカードローン審査に通りません。

信用情報にキズがある

金融業者は、加盟している個人信用情報機関に対して信用情報照会を行なうことで、過去の金融事故履歴について確認出来ます。

異動情報と呼ばれている金融事故履歴は、複数の個人信用情報機関で情報交流が行われており、債務整理や長期延滞事故履歴は共有されています。

信用情報にキズがあれば、カードローン審査に通りません。

あすかあすか

信用情報の回復方法について、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

もしかしてブラックリスト入り?!信用情報の確認方法とカンタン回復術

個人事業主や自営業

金融業者がキャッシング審査で重視する項目には、安定した返済能力がいかにあるかという点の比重が高いです。

個人事業主や自営業者は、年収が例え1000万円以上あったとしても、毎月一定額の給与収入があるサラリーマンほどの安定性はありません。

1月に1000万円収入があり、残りの11ヶ月は無収入というケースも考えられるからです。安定した収入と認められなければ、審査落ちしてしまうでしょう。

同じ年収の人でもキャッシングの限度額は違ってくるの?

現在の年収が同じであっても、キャッシングの借入可能額の設定は異なることがあります。

なぜなら、カードローンの審査は、返済能力の審査であって年収のみを審査基準としているわけでは無いからです。

他社借入がある場合は返済能力を考慮される

他社借入がある場合には、返済能力として毎月いくらまで返済可能かという判断を行なう際に、現状の返済額を差し引いた状態で利用限度額を判断します。

あとどのくらい毎月の返済能力があるのかという観点から、キャッシングの利用限度額設定は行われるわけです。

属性によって差がでることも

キャッシングの利用限度額を金融業者が決める際には、あといくら毎月の返済能力があるのかという点が重視されます。

同じ年収であっても、属性情報として持ち家と賃貸では差を設けているわけです。個人資産が少ない賃貸では、返済不能に陥った時の貸し倒れリスクが高くなりがちです。

勤続年数や住居区分だけでなく、家族構成によっても利用限度額に差が出ることがあります。

年収が増えればキャッシングの限度額は増額できるの?

年収が増えた時に、他社借入残高が減っている状態ならば、利用限度額の増額が可能となるケースがあります。

収入証明書の提出を任意で金融業者に対して行なうことが出来るので、年収が増えた時点で申告しておくと良いでしょう。

しかし、銀行カードローンでは、自ら利用限度額の増額申請を行っても否決されることが多いので、収入証明書を任意提出して増額インビテーションを待つことが賢明です。

一方、消費者金融については、増額申込みを行なうと現状で再審査を行なってもらえるので、あくまでも新規に準じた再審査の結果として、利用限度額が増額される可能性があると考えておく必要があります。

自らの信用情報が改善していなければ、カードローンの限度額は増額出来ません。

まとめ

アルバイトやパート勤務だからといって、キャッシング審査に通らないとは限りません。

総量規制の適用を受ける消費者金融は、総量規制の範囲内であれば柔軟な審査を期待出来ます。

自分に合ったカードローン商品を選べば、年収の多少はキャッシング審査通過有無ではなく、利用限度額の多少の目安として反映されるに過ぎません。

キャッシング審査では、金融業者が加盟している個人信用情報機関へ登録されている信用情報に基づいて審査が行われるので、最初から正直に年収を申告して信頼できる正直な人だと認識してもらうことが大切です。