経営者や個人事業主が資金調達をする方法のうち、最終的なメリットが大きい方法は「プロパー融資」と考えて良いでしょうが、審査基準が高く利用までのハードルを越えられない可能性があります。その点、「ビジネスローン」であれば融資基準が下がるため、融資を受けられる可能性があがります。

とはいえ、何の準備もなしにビジネスローンに申し込むのはリスキーです。ビジネスローンのメリット、デメリットをしっかりと理解しつつ、審査を突破しやすい選択をすることが大切です。

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、簡単に言ってしまえば事業資金として使える融資のことです。また、連帯保証人が不要の無担保ローンであるという特徴もあります。

これらの特徴を持っているローンを総称して「ビジネスローン」と呼びます。銀行のほか、消費者金融や信販会社も扱っていて、保証付融資やプロパー融資と比べてスピーディな資金調達が可能です。

銀行のプロバーローンと比較すると、金利を高めに設定して貸し倒れ率を引き上げているのがビジネスローンです。

あすかあすか

銀行のローンと比べると甘い審査基準で融資が実行されています。

ビジネスローンは即日融資も可能

すべてのビジネスローンがそうだというわけではないものの、早いもので「即日融資」が利用できるものがあります。

通常、個人事業主が「明日までに現金を準備しなければいけない」というような状況に陥っていれば末期と考えた方が賢明ですが、それでもすぐに現金を手に入れられる手段としては非常に有効です。

カードローンとビジネスローンの違い

個人向けのカードローンを利用したい場合は、身分証明書だけを持って申し込みに行けば、最短1時間程度で総量規制の範囲までの融資を受けられるのですが、ビジネスローンの場合は、身分証明書のほかにも事業内容や経営状況を証明する書類を準備する必要があります。

また、カードローンと比較して審査時間が長くなりやすいのですが、総量規制対象外なので年収に関係なく高額な融資を受けられます。

金利については、設定範囲自体はそれほど違わないのですが、金額の幅が広い分だけ実際の設定金利にも違いが出やすいです。

ビジネスローンの金利は?

ビジネスローンの金利は、おおむねカードローン並みだと考えて問題ありません。借り入れ金額が通常のカードローンよりも大きくなりやすいことで金利の差はありますが、利用する際の難易度並みの金利設定です。

ビジネスローンの申し込み方法

具体的な流れは貸金業者、金融業者によって異なりますが、大まかな流れは同じような感じです。また、申し込みの流れ自体もカードローン利用時と同じような形で進めます。

ビジネスローン申し込み手順
  1. 申し込み(インターネット、電話、窓口)
  2. 審査(必要書類の提出)
  3. 審査結果の確認
  4. 契約手続き
  5. 融資(口座開設)

特に審査で必要な書類として、身分証明書の他に2期分の決算書や確定申告書が必要になる点が大きな違いです。また、税金の滞納はないかも審査ポイントになるので、納税証明書などが必要になります。

決算書からは会社の安全性や収益性などが分析されます。
銀行のビジネスローンの場合には、さらに経営者の能力や業界内での会社の立ち位置なども考慮されて数値化されます。

あすかあすか

安定的に利益が出せている会社ほど、貸し倒れリクスが低いので審査に通りやすくなります。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

スタートしたばかりの中小企業は、どうしても審査では不利になりがちだけど、開業医や弁護士などの士業事務所だと審査に通りやすいわ。

ビジネスローンの審査基準は?

ビジネスローンの審査では、申し込みの際に登記簿謄本や決算書、確定申告書などの書類が必要です。これらの書類から事業の継続年数や事業を継続していく体力があるかどうかなどの経営基盤が見られます。

特に決算書や確定申告書では、業績や収益性をチェックされ融資が可能かどうかが判断されることになります。

一般的に、最低でも6ヶ月以上の事業継続がされていないと審査通過は厳しいようです。

ビジネスローンのメリット・デメリット

ここまで、ビジネスローンとカードローンは似ているといった趣旨の内容を紹介してきましたが、あえてビジネスローンを利用するメリットを良く理解することも大切です。

銀行に比べると審査通過率が高い

いわゆる「ノンバンク系ビジネスローン」の場合、審査基準が銀行系ビジネスローンと比べて低めに設定されている可能性がります。つまり、契約しやすいということです。

ビジネスローンの審査が甘いという噂がありますが、これは銀行ローンと比較するとノンバンク系のビジネスローンの審査基準が低いというだけのことです。

ビジネスローンは審査の自動化でスピードアップ

一般的な融資の場合は、融資担当者が稟議書を作成して支店長や本部の決裁を通す必要があるので、実際に融資されるまでに1ヶ月以上かかることもあります。

一方、ビジネスローンの場合には、会社の経営状態などの過去の融資データを参照して審査結果を出すスコアリングシステムが採用されています。

スコアリングシステムの導入によって、融資までの時間短縮はもちろんですが、大幅な融資コストの削減もできるようになりました。

ビジネスローンの審査では、基本的に業種や事業履歴と決算情報を元に審査が行われるので、「最短1時間審査」のようなスピード審査が可能になっています。

ビジネスローン審査が採用しているスコアリングシステムでは、銀行の融資で審査されているのと同じような項目がチェックされています。

実際には、過去の融資データと照合して、融資できるかどうかを決定しています。

審査されている項目
  1. 売上高経常利益率
  2. 総資産経常利益率(ROA)
  3. 当座比率
  4. 流動比率
  5. 固定比率
  6. 固定長期適合率
  7. 自己資本比率
あすかあすか

審査では、融資の可否と限度額がスコアリングシステムで決定されます。

ビジネスローンと総量規制の関係

一般のカードローンを使った場合、年収の1/3までしか借りられないという総量規制という制限があります。

年収300万円の人は100万円までしか借りられないわけですが、ビジネスローンの場合は総量規制の対象外となります。つまり、年収300万円で500万円を借りることも可能になります。

金利が高めに設定されている

審査基準が低めで総量規制の影響も受けない代わりに、金利が高めに設定されているという点がデメリットです。もっとも、比較する対象は「銀行系ビジネスローン」であって、通常のカードローンと比較すると金利は低めになる状況も多いです。

銀行プロパー融資より限度額が低い

プロパー融資の場合、限度額は5,000万円~1億円以上まで普通にあります。事業資金として必要な金額は、事業規模によっては億単位になることもありますので、当然それに併せられるだけの限度額が設定されます。

しかし、ノンバンク系ビジネスローンの場合は500~1,000万円程度を限度額として設定しています。融資難易度が低めである分だけ、借りられる金額も低くなります。

稀に悪徳業者が存在する

銀行系ビジネスローンは安全性が高いですが、ノンバンク系の中には違法業者などが紛れている可能性があります。金融庁への登録があるかどうかを確認し、安全性を重視して選択することが非常に大切です。

[参考]登録貸金業者情報検索サービス http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

銀行にもビジネスローンはある

銀行系ビジネスローンは、保証付融資やプロパー融資と混同されることもあります。もっとも、根本的な意味では同様の商品であると考えても良いのですが、審査難易度や担保、保証人の有無などの面で大きな違いがあります。

銀行ビジネスローンも審査は厳しい

プロパー融資などと比べると審査基準は大幅に下がると考えられますが、それでもなおノンバンク系ビジネスローンよりは基準が高めに設定される可能性が高いです。

また金利も一桁台に設定されていることが多く、決算書も2期連続で黒字が要求されるなど審査基準は高いと考えておいたほうが良さそうです。

登録情報開示報告書
あすかあすか

銀行のビジネスローンは、申し込みがあるとまず信用情報をチェックします。以下のような登録情報の開示報告書を見て融資できるかどうかを判断しています。



[参考]全国銀行協会:登録情報開示報告書の見方について

住所や氏名などの基本情報は、最大で9世代まで記録されるので名前を変えたり引っ越しをしても10回以上繰り返さないと記録に残ります。

制度融資だと審査が甘いのか

選択肢の一つとしてある「制度融資」ですが、審査基準という意味ではビジネスローンの中で優遇されているというわけではありません。むしろ、申込み時には、書類の持参や面接などノンバンク系ビジネスローンと比べると厳しい基準が設けられていると言えます。

ビジネスローンを比較する

それぞれのビジネスローンの特徴を踏まえ、「自身にとって最適な選択をすること」が重要です。そのためにも、比較要素と判断基準を良く理解しておきましょう。

確実に借りたいなら銀行以外のビジネスローン

状況にもよりますが、事業状況を問わず期待が持てる方法は「ノンバンク系ビジネスローン」です。銀行系ビジネスローンよりも金利、融資限度額など条件面では厳しくなりますが、融資基準に関しては優遇されています。

銀行系ビジネスローンの審査では、スコアリングシステムが採用され決算の数値を入力するだけで貸し倒れ率が予測されます。その段階で融資できるかどうかの線引がされてしまいます。

一方、ノンバンク系や中小のビジネスローンであれば、審査部の担当者がアナログ審査を行っているケースが多いので、数値が悪くなっている理由や今後の展望などを説明することも可能なので、審査通過の可能性があがります。

とにかく現金を確保しなければいけない状態などにおいては、積極的に利用すべきだと思います。

あすかあすか

知名度が低いビジネスローンもアナログ審査が実施されている可能性が高いので狙い目です。

利用条件、スピード、限度額がポイント

細かな条件を比較することはもちろん大切ですが、状況に応じて融資までのスピードを意識することも必要です。通常のカードローンをイメージしていると即日融資を前提に考えてしまいそうなところですが、ビジネスローンの場合は数日以上かかることも珍しくありません。

事業資金として即日が条件となる状況は少ないにしろ、場合によっては数か月かかる可能性もあることを踏まえて、検討する必要があります。

利用可能ATMも意外に重要!利用の利便性をチェック

銀行振り込みを利用すれば特に問題はありませんが、銀行の営業時間によるタイムラグを解消する目的でATM利用を優先する場合、近隣に利用可能なATMが設置されていることを確認しておきましょう。また、手数料や営業時間などもしっかりと確認しておくと、余計な負担を軽減できます。

場合によってはカードローンのほうがおすすめ

ただし、ビジネスローンは必ずしも優先されるべき存在であるとは限りません。限度額が高額になる場合、それに対応しているかどうかはもちろん大切ですが、同時に金利や返済期間なども考慮する必要があります。

しかし、100万円以下のような融資では、申し込みの容易さや融資スピードの面から通常のカードローンを優先した方がメリットが大きくなる可能性もあります。

あすかあすか

即日融資のような融資スピードを優先するならカードローンのほうが有利かもです。おすすめはやっぱりプロミスです。

プロミス

プロミス

ここがポイント

  1. はじめての借入れから30日間無利息!
  2. 最短20分!圧倒的な融資スピード
  3. 家族にバレないカードレス対応
利率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短20分
評価 5.0

公式サイトはこちら

【おすすめカードローン5選】今すぐお金を借りたい人のために、確実に即日キャッシングするためのコツを解説!

今日借りたい!通過率をグンッとあげるカードローン申し込み術

まとめ

ビジネスローンの審査基準は、通常のカードローンと比べると高めに設定されていることが多いです。

しかし、個人事業主が必要とする融資の範囲であれば、カードローンとそれほど変わらない状況になることも多く、「利便性の良さ」という理由でカードローンを優先することも検討しましょう。