免許証だけでお金を借りれる!? 本人確認だけでOKなキャッシングを徹底解説!

銀行や消費者金融のカードローンキャッシングでお金を借りるには免許証などの本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類は健康保険証なども適用されますが、一般的には免許証を提出する人が多いです。免許証は、常に携帯していて身分証明書として提出しやすく顔写真付きなので信用度も高めだからです。

ここではお金を借りる際に必要な免許証などの本人確認書類や契約手続きについて詳しく解説します。

免許証だけでお金を借りることができるキャッシングってある?

大手の消費者金融では、希望借入れ額が少額であれば、免許証などの本人確認書類があるだけでお金を借りることができる会社がほとんどです。

具体的には借入希望額が50万円以下の場合は収入証明の提出や保証人などは基本的に必要ありません。

これは審査でスコアリングによって判定されていることが影響しています。

キャッシングでは、住民票や給料明細などの書類を提出しなくても手元に免許証とスマホがあればお金を借りれます。

ポイント

スマホやパソコンでネットから申込みをしてお金を借りるなら印鑑や印鑑証明書も不要です。

借入希望額を50万円未満にする

消費者金融のカードローンでお金を借りる場合、収入証明書の提出なしで借りれる金額は貸金業法によって定められています。

貸金業者1社あたり50万円までであれば収入証明書は不要です。50万円を超える希望借入金額の場合は、法律によって収入証明書の提出が義務付けられています。

収入証明書が不要でお金を借りることができるカードローンについては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

収入証明書はどうやって入手するの?種類と取り方をわかりやすく解説

複数の会社から借りている場合は合計金額が100万円を超えるとダメ

複数のカードローン会社でお金を借りている場合、他社借入も含めて合計金額が100万円以内に抑える必要があります。

例えば、すでに合計で80万円のカードローン利用があるケースだと、免許証だけで追加でお金を借りるなら20万円未満で申し込みするのがポイントです。

複数社からの借入合計金額が100万円を超える場合には、収入証明書の提出を求められるので注意が必要です。

ポイント

貸金業者1社あたり50万円を超える借入となる場合と複数社からの借入合計金額が100万円を超える場合には、免許証のような身分証明だけでなく収入証明書として源泉徴収票や給与明細などの提出が求められます。

免許証だけでお金を借りる申込み方法は?

銀行や消費者金融のカードローンで、免許証のみでお金を借りるには、いくつか方法があります。

申込み方法によって、提出の仕方が違うので確認しておきましょう。

申込方法提出方法
店舗窓口申込書類を記入後、免許証を窓口で提出
自動契約機(無人契約機)備え付けのスキャナーから免許証をスキャンして提出
電話申込後に送られるメールに添付
WEBスマホで画像を撮りWEB上で提出

免許証だけならWEB申込が一番スムーズ

時間がない人や今すぐお金を借りたい人は、免許証を準備して公式サイトからWEB申込みするのがおすすめです。

スマホで免許証を撮影して、そのまま提出するだけなので手間も時間もかかりません。

振込キャッシングで即日融資をうける場合は、時間制限や振込先の口座が限定されているので誰もが可能ではありません。

WEB申込みをしたあとに、最寄りの自動契約機(無人契約機)でカード発行すれば、高確率で当日にお金を借りることが可能です。

運転免許証以外の書類が必要になることもある!?

消費者金融や銀行カードローンなどお金を借りるサービスは様々ありますが、これらの申し込みに最低限必要なのは運転免許証などの本人確認書類となっています。

借り入れ希望額が一定以上となる場合は、免許証だけでなく「収入証明書」が必要です。自営業者の方が借り入れする場合には、確定申告書などの書類が別途必要になる場合があります。

外国人の方がカードローン契約をしてお金を借りる場合には「在留カード」や永住権を証明する書類が必要ですので、事前に準備しておきましょう。

借入希望額によって変わる必要書類

消費者金融では、総量規制という法律のため1社で50万円を超える場合と他社をあわせた合計借入が100万円を超えてお金を借りる場合には、免許証などの本人確認書類以外にも収入証明書の提出も求められます。

収入証明書は源泉徴収票、課税証明書、確定申告書などが適用されるので高額の借り入れをする時は準備しておく必要があります。

一方で銀行系カードローンの場合には、総量規制の対象外となり本人確認書類だけで借りれる金額が多くなります。もちろん借入限度額は、自己申告された情報をもとに総合的に審査がされて判断されます。

ポイント

2018年1月より審査の厳格化が行なわれているから、銀行カードローンも消費者金融カードローンと同条件で収入証明書類の提出が必要になりました。

業者によっては申し込みをした後に収入証明書の提出を追加で求められることもあるので、申し込み前に免許証だけでなく提出する必要書類をしっかり確認しておくことが大切になってきます。

免許証に記載されている住所と現住所が異なる場合

引っ越しなどで免許証の住所変更の手続きが終わっていない場合、現住所と免許証記載の住所が違うことがあります。

この場合、現住所を証明するため追加書類が必要になります。

現住所を証明する書類
  1. 住民票の写し
  2. 印鑑証明書の写し
  3. 電気やガスなどの公共料金の領収書

免許証の提出方法は簡単アップロード

カードローンを利用する場合、店頭窓口で申し込みをすることも可能ですが、スマホやパソコンで完結させる方法を選択する人が増えています。

インターネットで申し込みする場合には、スマホのカメラで免許証などの本人確認書類を撮影して、画像データをアップロードして提出することになります。

ちなみに、引っ越しをした場合、免許証の裏面に新しい住所が記載されます。

融資の審査では現住所が必要なので、引っ越しをした方は必ず免許証の裏面の写真も撮るようにしましょう。

運転免許証をスマホで撮影するときの注意点

運転免許証の撮影の際に自分の影が入ったり反射したりしないように、免許証の全体が鮮明に映るようにしましょう。

また、カードローンの本人確認書類として免許証を撮影する場合には、画像を加工してはいけません。

免許証の顔写真を修正したり、記載されている内容を塗りつぶしたりするのもダメなので注意してください。

免許証で借りるメリットとデメリット

銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用して免許証でお金を借りるメリットは、パスポートと同じように写真付の身分証明書なので信用度が上がる可能性があるという点です。

免許証は金融期間からも顔写真付きなので比較的確実な身分証明書として扱われるので審査も可決されやすくなります。

しかし免許証でお金を借りる時にデメリットになることもあるので、しっかり把握しておく必要があります。

もし金融事故を起こしたことがあるなら

まず、免許証でお金を借りると、過去に延滞や未払いなどの金融事故を起こした場合には、例え信用情報で記載されていなくても免許証番号から個人を特定されてしまいます。

なので、過去に金融事故を起こしている人は保険証などの別の本人確認書類を提示したほうが安心です。

公務員や上場企業に勤めているなら免許証より保険証がいい

本人確認の書類として、免許証は一般的ですが健康保険証を提示することも可能です。

この健康保険証は、勤め先によって種類が違うのである程度、属性をチェックすることができます。

公務員:共済組合
大企業:健康保険組合
中小企業:全国健康保険協会
自営業など:国民健康保険

特に公務員や大企業に勤めているなら免許証より、保険証の方が金融機関からの評価は高くなるので審査には有利です。

顔写真付きの身分証はリスクもある

運転免許証は、顔写真つきで金融機関からの信用もあるので身分証として利用する人は多いです。

でも、特に女性の場合には、この顔写真を送るのは抵抗がある人もいます。やはり、最近、騒がれている個人情報の流出は100%ないとは言い切れない現状があります。

免許証を本人確認書類として利用するのは、手軽さや信用度という点でメリットはありますが、同時にデメリットも存在するので、キチンと理解したうえで選択するようにしましょう。

他人の免許証でも借りれる?!

免許証だけでお金を借りることができるのは、便利な反面、不安もあると思います。

もし、免許証を落としてしまった場合には、その免許証で他人がカードローンの申込みができることになります。

ただ審査では、本人確認や在籍確認など、申込みをしている人物が本人かどうかチェックされるので基本的には問題はありません。

免許証に記載されているのは、氏名、生年月日、住所、運転免許証番号、免許の種類だけです。

カードローンの審査では、本人確認や職場の在籍確認があるので、免許証に記載されている情報だけでは審査で弾かれて契約はできません。

申込者が家族なら契約してもバレない?!

では、配偶者のように本人に近い人物が免許証を使って申込みをした場合はどうでしょうか。

WEB契約でローンカードの発行がないカードレスという申込み方法であれば、本人確認と在籍確認でバレなければ審査に通過してしまいます。

特に在籍確認は本人が電話に出る必要がないので、たまたま外出している時であればOKとなる可能性があります。

借りたお金を滞納しなければ、配偶者になりすまし契約されたことを気づくのは難しいかもしれません。

ポイント

配偶者が旦那名義で勝手にカードローンでお金を借りるのは違法行為なので支払い義務はありません。しかし、無断で契約したことを証明するのは大変です。

無人契約機なら本人になりすまして借りれる?

カードローンの契約ではインターネット経由だけでなく無人契約機でも可能です。無人契約機では、個室でATMのような設備で無人で対応してくれます。

もし、拾った免許証や免許証のコピーで申込みをした場合はどうでしょうか。

実は無人契約機のブースには監視カメラや内部カメラが設置されています。

無人契約機のブース内は、無人ではありますが、契約担当者がリアルタイムで対応していますので、審査にパスすることはありません。

*顔写真の付いていない健康保険証を本人確認の書類として使う場合、2016年10月から住民票や給与明細書などの追加書類を提出しなければ契約できなくなりました。

ポイント

もし免許証が悪用されて、自分に請求が来たとしても基本的に支払いの義務はなく、消費者金融会社が被害届をだすことになります。免許証を落としたり紛失したりした場合には、すぐに最寄りの警察署に紛失届を提出して、再発行の手続きを行いましょう。

銀行カードローンなら高い限度額で借りられる?!

消費者金融の場合には、総量規制によって借入限度額は制限されますが、銀行のカードローンであれば高めの限度額が運転免許証だけで借りることも可能です。

収入証明書が必要ないので、高額融資を受けたいときも追加の書類を準備する手間が省けます。

*以前までの銀行カードローンは総量規制対象外のため、収入証明書不要で借り入れできる金額に制限がありませんでした。しかし、銀行カードローンの過剰融資が原因で自己破産をするユーザーが増えたため、2018年1月より審査の厳格化が行なわれています。

ポイント

銀行カードローンだと収入証明不要で借りれるというメリットがなくな理、消費者金融キャッシングと同条件で収入証明書類の提出が必要。

《銀行カードローンの限度額一覧》

銀行名限度額
みずほ銀行カードローン800万円
三井住友銀行カードローン800万円
オリックス銀行カードローン800万円
楽天銀行カードローン800万円
イオン銀行カードローン800万円

免許証だけいいということは、役所に出向く必要がありませんし、会社からわざわざ書類を取り寄せる必要もありません。少ない労力で手続きが完了するのはありがたいですよね。

とはいえ銀行カードローンであっても必ず高額融資を受けられるわけではありません。

審査に通過しなければ、お金を借りることができませんし、限度額を高くしてもらうためにはある程度の実績を積む必要があります。

信用情報がクリアで年収が一定以上あれば、まとまったお金を借りられる可能性があります。普段から延滞しないように心がけ、お金の使い方を管理する習慣をつけると良いかもしれませんね。

カードローンでお金を借りる時は

運転免許証だけでお金を借りられるか調べることも重要ですが、自分の借り入れ予定に合わせて借り入れ先を選ぶことが大切です。

予定期間や借入額によって消費者金融を選ぶ方がお得か、銀行カードローンを選ぶことが良いか変わってきます。

原則としてお金を借りる時には銀行カードローンのほうが融資額が高くなる傾向にありますが、審査が厳しめになっているのでその兼ね合いも注意したほうが良いでしょう。

無利息キャッシングを活用して借りる

一部のカードローン会社では30日間の無利息期間が設けられているので、短期的にお金を借りたいという方にぴったりです。この無利息期間を上手に活用すれば、利息を一切払わずにキャッシングすることができます。

30日以降、利用したとしても初月の利息が0円になるので、返済総額を安く抑えることが可能です。

ポイント

はじめて利用するキャッシング会社であれば無利息サービスがあるところも。

利息なし!無利息期間ありのカードローンキャッシングで金利ゼロを使いこなす!

土日でも免許証だけで借りれる!?

土日や祝日は金融機関も営業していないので急にお金が必要になるケースが多いです。

免許証でお金を借りることができる大手消費者金融カードローンでは、土日祝はもちろん、24時間365日申込みが可能です。

しかも、提携ATMでは、銀行の営業時間外であってもお金を借りることが可能です。

さらに、消費者金融と提携されている特定の銀行口座を所持していると土日でも振込キャッシングができたりします。
土日にお金を借りるための具体的な方法は以下の記事で詳しく解説しています。

【即日融資】土日でもキャッシングなら借りれる?

まとめ

審査通過率が高めの代わりに金利が高い消費者金融系。審査は厳しいものの低金利で借りられる銀行系。

どちらもメリットとデメリットを兼ね揃えているサービスなので、ご自身の収入、職業、雇用形態等を考慮して借り入れ先を選ぶようにしましょう。

お金を借りることには変わりないので、適度な利用を心がけて下さいね。

免許証だけで借りれるおすすめキャッシングはこちら