商品 CFD

世界の金融商品取引

金・銀・プラチナ・パラジウム・原油・天然ガス

全額信託保全

取引手数料無料

最短2営業日開設

CFDとは「Contract For Difference」の頭文字を取ったもので、直訳すると「差金決済取引」となります。
つまり、売買の差額(決済後の差損益)の部分だけを現金で決済する取引です。
このCFD取引はレバレッジを効かせた証拠金取引であるため、投資資金よりも大きな金額の取引ができます。

探し、選び、追加 マーケットで話題の
コモディティ銘柄が取引できる!

特徴 1

「商品CFD」では、
金や原油などの商品といった今まで敷居が高くて
簡単に投資ができなかった金融商品に、
簡単に投資を行えるようになります。

取引銘柄 表記記号
天然ガス XNG/USD
Brend原油 UKO/USD
WTI USO/USD
銀/ユーロ XAG/EUR
銀/米ドル XAG/USD
金/人民元 XAU/CNH
金/ユーロ XAU/EUR
金/トルコリラ XAU/TRY
金/米ドル XAU/USD
パラジウム/米ドル XPD/USD
プラチナ/米ドル XPT/USD

探し、選び、追加 少ない資金で始められる!

特徴 2

CFDはFXと同じく、レバレッジをかけた取引が可能です。
少ない資金をもとに、その数倍の投資をすることができ、資産を効率よく運用することができます。
また、自動ロスカットを採用しているので、安心してお取引いただけます。

探し、選び、追加 「売り」からスタートできます!

特徴 3

通常の株式取引は、
株を「売る」ことからスタートすることは極めて敷居の高い取引手法でした。
CFDはFXと同じように「売り」からスタートすることが簡単にできます。

探し、選び、追加 なぜ、いまCFDなのか

リーマンショックを境に、日本における個人投資家の環境は
グローバル化が加速度的に進んでおり、
世界を市場と捉えた取引運用が必須の時代に突入したと言えます。

しかしながら、日本の個人投資家の実情を調査すると、
国内株式をはじめFXでは
ドル円やクロス円、商品先物では東京金等、日本に関係のある銘柄を好んで
取引する傾向にあり、世界市場でのチャンスを逃している場面が少なくありません。

世界市場をもっと身近にとらえ、
投資対象に世界の取引商品を組み込んだポートフォリオ組成を意識することが、
個人投資家のグローバル化への第一歩だと考えております。

その第一歩を踏み出すのにCFDはいかがでしょうか。

日経平均やNYダウ等の株価指数、金や原油といった商品、
これらを全て同じ取引システム上で売買ができます。

また、レバレッジ、証拠金取引、ロスカット制度といった
FXで採用されている取引ルールで運用可能な点も、
FXが大流行した日本市場においてはとても親しみやすいものであると考えております。

FXと同等の仕組みで、世界中の金融商品に投資ができるCFDは、
日本の個人投資家市場のグローバル化に不可欠なものだと当社は考えます。

ご意見・ご相談・口座開設はこちら

0120-680-611 (通話料無料) 受付時間:8:00〜21:00(定休日:土曜日)
口座を開設する Webでのご相談はこちら