防御の技術と邪道のお話(1)

  • 投稿日:

こんにちは。

東日本大震災で米軍の救援活動「トモダチ作戦」を指揮した
ロバート・ウィラード司令官が9日に退任されたそうですね。

今日は東日本大震災からちょうど1年目。
私達は決してあの日を忘れないことでしょう。 m(_ _)m
ガンバレ東北。ガンバレ日本。

 

●今週(12日-16日)の注目点

 

米ドルについては、先週はドルインデックスが週中に一時79に迫る
あたりまで下落しましたが週末にかけて節目となる80.0超に上昇す
る展開になりました。LIBORドル3ヶ月物金利は0.47355%と金融市
場の緊張が緩和していることもあって再び低下傾向にはありますが、
ドル買い傾向の1週間になりました。また、米10年債利回りも2.04
あたりまで上昇する展開になりました。

 

そして、NYダウについては、中国全人代での目標成長率の7.5%への
引き下げやギリシャの債務交換の完了などのイベントがありましたが
13000ドルの大台は視野に入っているも週間で?55.55ドルと、やや
軟調な足踏み状態になりました。金融緩和が下支えする金融相場との
指摘もある中での米景気回復の持続力および今後の株式市場の動向が
注目されます。

 

米指標では、8日の米新規失業保険申請件数や9日の貿易収支など
は弱かったものの、5日の米ISM非製造業総合景況指数や7日の米
ADP雇用統計および第4四半期非農業部門労働生産性確報、そして
週末の米雇用統計などはいずれも強い結果となって、主要マクロに
改善が見られ米経済が緩やかながらも回復が進んでいることが示さ
れることになりました。

 

また、米要人発言では、FOMC前のブラック・アウト期間入りのため
5日のダラス連銀総裁がの「一段の政策緩和は必要ない。一段の政
策行動は状況が最もひどい場合のみ必要。指標が引き続き段階的に
改善すれば、市場は一段と引き締め気味の政策に備えるべき。」と
の発言くらいではありましたが、米要人達の金融政策の認識の軸足
がハト派寄りからややタカ派寄りへと変化しつつあることが覗われ
て、13日深夜3時15分に発表される米FOMCおよびFOMC声明で米景気
判断がどのように表現されるか注目されます。

 

円については、1月25日に発表された日貿易収支で年ベースで31年
ぶりの赤字となったこと、および2月14日の日銀による金融緩和の
発表により、円安へと中期的トレンドが転換している状況のようです。
8日の日貿易収支および日経常収支はともに弱い結果になり、特に
日経常収支は2009年1月以来の過去最大の赤字で、円安基調が続き
そうではありますが、同日に日財務省幹部が「現時点で2月経常収
支も赤字が継続すると断ずるのは早計。」との見解を示していて、
今後とも日経常収支が恒常的な赤字転換になったと認識することは
できないようで、13日の日銀声明や日銀総裁の記者会見での日経済
への認識が注目されます。

 

ドル円は先週、週初に「行って来い」で再上昇で戻ってきた、昨年
4月の高値と10月末の安値の下落波動の61.8%の戻りの81.60-70円
アラウンドでの動向が注目されましたが、先週前半は81円を下抜け
一時80円台半ばに迫る調整とはなりました。しかしその後、7日の
ロンドン時間から反発上昇に転じて、先週末9日の米雇用統計が市
場予想を上回る好結果になったことで、82円台半ばに迫るあたりま
で上昇する展開になりました。

 

上値では日本企業の年度末リパトリによる調整の動きの指摘もある
ことから調整への注意がいるとともに、一部エコノミストがドル円
の購買力平価から割り出した円の適性水準は79円前後という指摘も
あるようで(日経新聞3月11日)、もしも再び昨年4月の高値と10月
末の安値の下落波動の61.8%の戻りの81.60-70円アラウンドを下
抜けて反落するような場合は、4時間足レベルでの三尊形となる可
能性をまだ秘めていることで過度の楽観はできないようですが、
日国内機関投資家の外国証券投資が2ヶ月連続の買越となっている
など、全般的な動向からはドル円の中期的上昇トレンドが継続する
可能性が高いようです。
上昇の場合は2011年2月高値の83.90円、および84.00の「00」ポイ
ント、85.00の「00」ポイントなどでの動向が注目されます。

 

ユーロについては、先週8日のECB政策金利の発表とドラギECB総裁
の記者会見、およびギリシャの民間債務交換の2つのビッグ・イベン
トを経過しましたが、週後半は"Buy the Rumor,Sell the fact"の
「噂や思惑で買って事実で売る」を地で行く相場展開になりました。

 

今後のイベントとしましては、今週初の「ギリシャ債務減免の実施」
「ユーロ圏財務相会合」、4月20日「G20財務相め中央銀行総裁会議」
4月22日「仏大統領選挙(第1回目投票)」、4月下旬の「ギリシャ
総選挙」などになりますが、まずはギリシャの債務交換後の相場動向
が注目されます。

 

ギリシャの債務交換では民間投資家の83.5%が自発的という形で債務
削減に応じることとなりましたが、ギリシャの再建計画で債務残高を
2020年にGDP比120%以下に引き下げるために、さらに債務削減をする
必要があることで、集団行動条項CACの行使に踏み切り、クレジット
・デフォルト・スワップのCDSが発動されることになったことから、
「格付け会社の一部債務不履行(デフォルト)の認定」「ユーロ圏の
他の重債務国の国債金利の上昇」などが注目されます。

 

ギリシャCDSの発動に関しましては全体規模が32億ドルと小さいこと
で大過なく経過する可能性がありますが、格付け会社のギリシャ一部
債務不履行の認定については先週末にフィッチがギリシャをRDに格下
げすることを発表して、また、ユーロ圏の他の重債務国の国債金利に
ついては2月中旬に12%前後であったポルトガル10年債利回りが14%
に上昇していて、ギリシャの無秩序なデフォルトが回避されることに
なったといっても楽観が許されない状況もあるようです。

 

また、8日のドラギECB総裁の記者会見において、スタッフ予想で
「12年ユーロ圏GDP伸び率見通しが?0.5%?+0.3%に下方修正。」
されていることで、投機筋が次なるネガティブ・テーマ探しをする
可能性も排除はできないようです。

 

ユーロドルのチャートポイントしましては、まずは週初の1.31を巡
る動向が注目されます。上昇した場合では1.3200および1.3300の
「00」ポイントが注目されますが、下落した場合では2月1日および
の2月6日の安値アラウンドになる1.3050、そして2月16日の安値
アラウンドになる1.3000の「000」ポントが注目されます。


経済指標関連では、13日の日銀声明および日銀総裁の会見と
欧ZEW景況感調査に米小売売上高と米FOMCおよびFOMC声明、
14日の英失業率と英失業保険申請件数、
15日のスイスSNB政策金利にSNB声明と
NY連銀製造業景気指数に米生産者物価指数に
米新規失業保険申請件数とフィラデルフィア連銀製造業景況指数、
16日の米消費者物価指数に米鉱工業生産指数と
ミシガン大学消費者信頼感指数速報、などが注目されます。


 

さて今週は、防御の技術と邪道のお話(1)です。

 

多くの著名なトレーダーがほとんど異口同音に
「損切り」の重要性を説いています。

 

米国のテキサスはラフキンの綿花農家に生まれ、
1914年の世界大戦の金融恐慌を予見して、
そして1929年の世界恐慌をも予見していたとも言われる
天才トレーダーといわれたウィリアム D. ギャンの
価値ある28のルール」の一部には異を唱える人達もいますが、

その2番目の「損切り」に異を唱える人は少ないものです。

 

また、ギャンと同じく綿花農家に生まれ、
また同じく1929年の世界恐慌を予見したと言われる、
幾度も破産と成功を繰り返したジェシー・リバモアも


「私が全財産を失ったのは、
 唯一、自分で自分のルールを破った時だった。」

と語っていて、

 

著名トレーダー達が「損切り」の重要性を説くその裏には、
自身の手痛い失敗の経験があるようで、
もしかしますと、損切りは「命の教え」なのかもしれません。

 

いまさらながらではありますが、
著名トレーダー達がなぜ損切りの重要性を説くのか、
ご一緒に考えてみたいと思います。

 

今回はそのお話の1回目です。


それでは、はじまり、はじまり?。^^


『なになに。今回のテーマは損切りだってか。
 結論が見えてる話はつまらないぜ。ジイさんよ。』


「あははっ。これこれ、そうは言わずにお聞きなされ。」


『ったくもう...。じゃぁ、聞いてやるよ。』


「じつはのう...。
 損切りができないトレーダーは存外に多いのじゃ。
 個人トレーダーの最大の悪癖といわれる
 『コツコツ、ドカーン』の原因は、無限難平と並んで
 損切りができないことによることがとても多いのじゃ。」


『......。』


「それもそうじゃ。ポジションのことを宝物になぞらえて
 『(宝)玉』と呼ぶように、命から2番めに大切なお金を
 マーケットの中に解き放つのじゃからして、
 持ったポジションを大切に大切にしたいと思うことは
 ある意味、自然なことじゃからのう...。」


『......。』


「まぁ、損切りできない人の名誉のために言っておくが、
 損切りできない人は物事を大切にして、
 案外まじめで律儀でケチな人が多いのじゃ。」


『褒めてんだか、けなしてんだか...。
 でも、その擁護の物言いは。ははーん。ジイさん、
 あんたも損切りできなかったクチだね。』


「そうじゃ...。長いことできんかった...。
 コツコツ、ドカーンもたくさん経験したものじゃて。」


『やっぱりそうだったのかい...。
 経験者は語るで損切りの重要性を説こうっていうんだね。
 ところでさぁ。まずはお約束の話しからしてよな。』


「はて...?」


『すっとぼけんじゃないよ。損切りしなくてすむ話だよ。
 オレ様はそっちの話のほうがずっと興味あるんだよね。』


「ふむ...。あまり気が進まんがのう...。
 まぁ、詳述はまたの機会とするが、確かに一分野として、
 そのようなことを研究している人たちはおるよ。
 『つなぎ売り』『順相関通貨ペアでの擬似両建て』
 『ロング&ショート』...、などじゃ。」


『......。』


「じつはわしも若い頃、そんなことばっかり考えていてのう。
 その他にも、『両建て増し玉&難平』なんてのもあるぞよ。」


『なんだそりぁ?』


「リスク管理をしたうえで行うにはノウハウがいることじゃが、
 簡単に言うと、1つの通貨ペアを両建てできる口座か
 もしくは2つの口座を使って、
 売りと買い両方のポジションを持って、
 値動きとともに買い増し玉(売り増し玉)するとともに、
 逆サイドのポジションのほうを難平していく手法じゃよ。」


『そんなの玉数ばっか増えてプラマイ・ゼロで意味ないじゃん。』


「ただ、そうでもないのじゃ...。
 値動き順行のポジションは増し玉で含み益が多く乗って、
 逆サイドのポジションのほうは難平で含み損が膨らむが、
 難平の効果で逆サイドのポジションのほうは現在レートの
 位置のほうに(難平しないより)近づいているから、
 トレンド転換を確認後に、増し球して利の乗ったほうを
 利食いで片外しをして、残った含み損の玉のほうを
 戻しの波動で損失を減ずることができれば、
 利食いと減じた含み損の差分を確定利益とできる手法じゃよ。」


『......!』


「難平の効果で逆サイドのポジションのほうは
 現在レートの位置のほうに近づいていて、
 玉数も増えているから、トレンドさえ変れば
 少しの戻りで含み損を減じやすいというわけじゃよ。」


『......。』


「いわば、同一通貨ペアでの完全ヘッジで、
 時間差でサヤ取りをするようなものじゃ。」


『でも、トレンド転換だと思ってダマシだったら...?』


「また、順方向へ逆サイドと同数の建て玉をすれば、
 つまり、両建てとして元に戻せば、
 その時点でその含み損はフィックスされる。
 既に確定した利益と合わせれば、
 判断誤差での含み損が少し多くはなるが、
 ほぼ元の両建てと同じじゃ。」


『でも、トレンドが何ヶ月も何年も続く場合は
 双玉が増えすぎて口座資金量をオーバーしてしまうのでは?』


「そのような心配はいらぬのじゃ。そのような場合には、
 全決済の両外しでプラマイ・ゼロでトレードを全て終える
 執行がトレーダーの意志でいつでも可能なのじゃ。
 つまり、ゼロ決済の執行権がいつでも手中にあるのじゃよ。」


『......!』


「しかし、これは邪道じゃ...。悪魔の手法じゃ。
 もうこのくらいでよかろう...。
 来週に話したいと思うが、じつはこのような方法よりも、
 損切りを駆使してトレードするほうがよほどよいのじゃ。
 なぜ、こんなことばかりお前さんは聞きたがるじゃろう...。
 それに、今日テーマからあまりに話が逸脱しておるぞ。」


『はいはい。わかったよ。
 勝率100%の方法なんかも聞きたかったけどね。』


「またまた、たわけたことをのう...。
 お前さんがへんなことを聞くから、
 今回もあまりに話がながくなっておる。
 それに、ぜんぜん話が前に進まんかったぞな。」


『すまんな、ジイさん。』


「来週は『点と線』の話でもしようと思ったが、
 来週も今回の話の続きじゃー。」


『へぇ。松本清張のサスペンスですかぁ?』


「相場の話に決まっちょるじゃろうがっ!」

 

なーんちゃって。

またお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。