ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018AUG20.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場、本格下落トレンド入りするかどうかのブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=陰転継続しており、基調として、売り優勢

○トレンド判断と戦略=目先、-1σラインと-3σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

今後、終値が-1σラインの下方で引け続け、バンド幅が拡大傾向に転じると、本格下落トレンド入りの可能性が高まると判断。

レンジ相場継続となるか、それとも、本格下落トレンド入りするかどうかの瀬戸際(ブル・ベアの分岐点)に直面していると読む。

◆スパンモデル

遅行スパンはローソク足の下方を推移、陰転してきており、短期では売り優勢となる一方で、サポートゾーン内で推移するかぎり、陽転継続となり、長期では依然として買い優勢と読む。

尚、今後、遅行スパンがゾーンを下回ってくると、本格的な陰転となり、長期でも売り優勢となる点には注意しておきたい。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=調整の反騰局面、緩やかな下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、基調として、売り優勢

○トレンド判断と戦略=終値が-1σラインの上方を推移するかぎり、調整の反騰局面と判断。一方、終値がセンターラインの下方を推移するかぎり、緩やかな下落トレンドとも読む。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向、買いサイン(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=売りシグナル点灯中

○遅行スパン=陰転しており、売り優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。 尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018AUG17.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陰転継続しており、基調として、売り優勢

○トレンド判断と戦略=目先、依然としてレンジ相場の地合いにあり、センターラインと-2σラインの間でのレンジ相場と判断。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陽転しつつもローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(売りシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=ローソク足やゾーンに絡んで推移、もみ合い相場を示唆

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。 尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018AUG16.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陰転しており、基調としては、売り優勢

○トレンド判断と戦略=目先、依然としてレンジ相場の地合いにあり、センターラインと-2σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=調整の反騰局面、緩やかな下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、基調として、売り優勢

○トレンド判断と戦略=終値が-1σラインの上方を推移するかぎり、調整の反騰局面と判断。一方、終値がセンターラインの下方を推移するかぎり、緩やかな下落トレンドとも読む。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(売りシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=陰転しており、基調として、売り優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。 尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018AUG15.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陰転しており、基調としては、売り優勢

○トレンド判断と戦略=目先、依然としてレンジ相場の地合いにあり、センターラインと-1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

尚、引き続き、日足スパンモデルの遅行スパン(パラメーター26)は、陽転継続しつつもローソク足に接触していることから、一旦は押しの安値を付けやすいタイミングを通過中である点、注意しておきたい場面。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=緩やかな上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値がセンターラインの上方を推移するかぎり、緩やかな上昇トレンドと判断。一方、終値が同ラインの下方で引けると、本格的な調整の反落局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、買いサイン点灯中(順行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。 尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018AUG14.gif

添付チャートは、午前7時10分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場、本格下落トレンド入りの兆候はあり、ブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=陰転してきており、基調としては、売り優勢

○トレンド判断と戦略=目先、依然としてレンジ相場の地合いにあり、センターラインと-2σラインの間でのレンジ相場と判断。

尚、今後、日足終値が-1σラインの下方を推移し続け、バンド幅の拡大傾向が顕著になる場合、本格下落トレンド入りの可能性が高まる点、要注意。

一方、依然として、日足スパンモデルの遅行スパン(パラメーター26)は、陽転継続中であり、かつ、ローソク足に接触していることから、一旦は押しの安値を付けやすいタイミングを示唆している点も、引き続き、念のため注意したい。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陽転しつつもローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いシグナル点灯、判断は中立

○遅行スパン=ローソク足に絡み、もみ合い相場を示唆

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。 尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018AUG13.gif

添付チャートは、午前7時10分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場、本格下落トレンド入りの兆候あり、ブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=陰転してきており、基調としては、売り優勢

○トレンド判断と戦略=目先、レンジ相場の地合いにあり、センターラインと-2σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

尚、今後、日足終値が-1σラインの下方を推移し続け、バンド幅の拡大傾向が顕著になる場合、本格下落トレンド入りの可能性が高まる点、要注意。

一方、日足スパンモデルの遅行スパン(パラメーター26)は、陽転継続中であり、かつ、ローソク足に接触していることから、一旦は押しの安値を付けやすいタイミングを示唆している点も、念のため注意したい。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=基調としての下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、基調として、売り優勢

○トレンド判断と戦略=遅行スパンが陰転するかぎり、基調として、売り優勢

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向

○スパンモデルシグナル(短期)=売りサイン点灯中(売りシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陰転継続しており、売り優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。 尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018AUG10.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陰転しつつもローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジ相場の地合いにあり、センターラインと-2σラインの間でのレンジ相場と判断。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場、基調としての上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=目先、レンジ相場の地合いにあり、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。尚、遅行スパンが陽転するかぎり、基調としての上昇トレンドとも読める。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(売りシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=ローソク足やゾーンに絡み、もみ合い相場を示唆

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。 尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018AUG9.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジ相場の地合いにあり、センターラインと-2σラインの間でのレンジ相場と判断。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=緩やかな下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、基調として、売り優勢

○トレンド判断と戦略=終値がセンターラインの下方を推移するかぎり、緩やかな下落トレンドと判断。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(売りシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=陰転継続しており、基調としては、売り優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。 尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018AUG8.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陽転継続しつつもローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジ相場の地合いにあり、センターラインと-1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。尚、バンド幅の収束傾向は続いており、総じて、レンジ相場の地合いを強めている。また、遅行スパンがローソク足に接近、接触するタイミングは、一旦は押し目買いのチャンスとの読みに変更なし。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向

○スパンモデルシグナル(短期)=売りシグナル点灯中

○遅行スパン=ローソク足に絡んで推移、短期では揉み合い相場を示唆。一方、レジスタンスゾーンに抑えられて推移、陰転継続しており、長期では売り優勢。

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。 尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018AUG7.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=目先、レンジ相場の地合いにあり、センターラインと-1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。尚、バンド幅の収束傾向は続いており、総じて、レンジ相場の地合いを強めている。また、遅行スパンがローソク足に接近、接触するタイミングは、一旦は押し目買いのチャンスと読む。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=調整の反落局面、緩やかな上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。一方、終値がセンターラインの上方を推移するかぎり、緩やかな上昇トレンドとも読む。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向

○スパンモデルシグナル(短期)=売りシグナル点灯中

○遅行スパン=ローソク足の上方を推移、陽転しており、短期では買い優勢。一方、レジスタンスゾーンに抑えられて推移、陰転しており、長期では売り優勢。

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。 尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。 尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。