ドル円日足:スパンモデルスペシャルで判断すると・・・

添付チャートは、ドル円日足スパンモデルスペシャルです。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時に表示させたチャートのことです。

ご覧の通り、現在、ドル円相場は、緩やかな下落トレンドにあります。

また、目先、乱高下しやすい地合いにあるとも読めます。

尚、依然として、調整の反騰局面のシナリオも残っています。

判断理由は、 1)遅行スパンが陰転していること、 2)終値が一旦は-1σラインの上方で引けたこと、 3)終値がセンターラインの下方を推移していること、 等々です。

一旦は、-1σラインの上方で引けたことで、目先、底固くなりやすい一方で、センターラインを上値レジスタンスとした動きとなっており、緩やかに下落していく展開と判断されます。

一方、緩やかな下落トレンドとは、目先、乱高下しやすい地合いにあることも示しています。

つまりは、引き続き、ドル底固い一方で、上値も重い展開であり、比較的大きい値幅を伴った往来相場となりやすい地合いにあると読みます。また、終値が-1σラインの上方で引けて以降、調整の反騰局面継続のシナリオも残っていると読めます。

また、スパンモデルの部分に目をやると、売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯していることが確認できます。

もっとも、目先、青色スパンがレジスタンスとなっていることも確認できます。

総じて、現在、ドル円相場は、底堅い一方で、上値も重く、目先は、往ったり来たりする往来相場となりやすい局面にあると読みます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足分析:ドル緩やかな下落トレンド。依然として、乱高下しやすい地合いにある。

添付チャートは、ドル円日足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在、ドル円相場は、緩やかな下落トレンドにあります。

また、目先、乱高下しやすい地合いにあるとも読めます。

尚、依然として、調整の反騰局面のシナリオも残っています。

判断理由は、 1)遅行スパンが陰転していること、 2)終値が一旦は-1σラインの上方で引けたこと、 3)終値がセンターラインの下方を推移していること、 等々です。

一旦は、-1σラインの上方で引けたことで、目先、底固くなりやすい一方で、センターラインを上値レジスタンスとした動きとなっており、緩やかに下落していく展開と判断されます。

一方、緩やかな下落トレンドとは、目先、乱高下しやすい地合いになったとも読みます。

つまりは、引き続き、ドル底固い一方で、上値も重い展開であり、比較的大きい値幅を伴った往来相場となりやすい地合いにあると読みます。また、終値が-1σラインの上方で引けて以降、調整の反騰局面継続のシナリオも残っていると読めます。

また、過去数日間、前日の高値と安値のレンジ内での動きに収まっているだけに、今後、前日の高値や安値をブレイクすることで、目先の相場の方向性が明確になってくる場面とも言えます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:緩やかな下落トレンド。乱高下しやすい地合い。

添付チャートは、ドル円日足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在、ドル円相場は、緩やかな下落トレンドにあります。また、目先、乱高下しやすい地合いにあるとも読めます。

判断理由は、 1)遅行スパンが陰転していること、 2)終値が一旦は-1σラインの上方で引けたこと、 3)終値がセンターラインの下方を推移していること、 等々です。

一旦は、-1σラインの上方で引けたことで、目先、底固くなりやすい一方で、センターラインを上値レジスタンスとした動きとなっており、緩やかに下落していく展開と判断されます。

一方、緩やかな下落トレンドとは、目先、乱高下しやすい地合いになったとも読みます。

つまりは、底固い一方で、上値も重い展開であり、比較的大きい値幅を伴った往来相場となりやすい地合いにあると読みます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:現在、本格下落トレンド。今後、終値が-1σラインとの位置関係を注視したい。

添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

チャートをご覧の通り、現在、引き続き、本格下落トレンドの中にあります。

判断理由は、 1)遅行スパンが陰転していること、 2)終値が-1σラインの下方を推移していること、 3)バンド幅が拡大傾向にあること、 等々です。

尚、現在、終値は、-1σラインと-2σラインの間を推移しており、巡航速度の本格下落トレンドの勢いとなっています。

そして、引き続き、今後も注意すべきポイントは、終値と-1σラインとの位置関係です。

すなわち、終値が-1σラインの上方で引けると、調整の反騰局面入りの兆候出現となります。

また、+-3σラインの向きにも注目です。

まず、+3σラインの傾きですが、現在、上昇方向にあることから、依然として、トレンド性が強いことを示しています。

今後、+3σラインの向きがフラット化、さらに下落傾向になってくると、下落トレンドの勢いが減退すると判断します。

また、-3σラインの向きは、現在、下向きですが、やはり、今後、フラット化し、さらに、上向きに変化してくると、調整の反騰局面入りのサインとなります。それまでは、下落圧力が強い状態が続きます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:調整の反騰局面(最終場面)。ブル・ベアの分岐点にも位置。

添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、終値が-1σラインの上方で引けて以降、引き続き、調整の反騰局面にある相場ですが、調整の反騰局面の最終ターゲットである+2σラインにほぼ到達してきています。

尚、チャート内、青色矢印は、「遅行スパンアタッカー」の買いシグナルです。判断としては、買いシグナル点灯後、終値が+2σラインの下方に位置しているときは、レンジの上限にあることを教えてくれています。つまり、一旦は戻り売りのタイミングに近いということになります。

ところで、今後注意すべき点として、遅行スパンが陽転(上方に放れ)、日足終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となる場合、ドル本格上昇トレンド入りする可能性が高まります。したがって、現在、ブル・ベアの分岐点に位置しているとも読めます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:調整の反騰局面の最終場面と判断

添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、終値が-1σラインの上方で引けて以降、調整の反騰局面にある相場ですが、調整の反騰局面の最終ターゲットである+2σラインに近づいてきています。

尚、チャート内、青色矢印は、「遅行スパンアタッカー」の買いシグナルです。判断としては、買いシグナル点灯後、終値が+2σラインの下方に位置しているときは、レンジの上限にあることを教えてくれています。つまり、一旦は戻り売りのタイミングということになります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:本格的な調整の反騰局面入りの兆候

添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

チャートをご覧の通り、ここ最近、センターライン(青色ライン)に抑えられてきた相場ですが、先週末の大阪G20の結果を好感して上昇で始まったドル円相場が、日足終値ベースにて、センターラインの上方で引けるかどうか、注目の動きとなっています。

すなわち、長きに亘って続いてきた緩やかな下落トレンドから本格的な調整の反騰局面入りする可能性が高まる状況にあります。

もっとも、遅行スパンの位置からして、依然として、上値も重いと想定されますが、上昇する場合のターゲットは、+1σライン(108.55円近辺)、+2σライン(109.00円近辺)となります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:引き続き、ドル円相場は緩やかな下落トレンドにあります。

添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

四角枠内が示す箇所が示すとおり、ここ最近は、センターライン(青色ライン)に抑えられながら下落するパターンとなっています。

そして、昨日時点でも、やはり、センターラインに戻りを抑えられていることが見てとれます。

今後の注目点は、この日足スーパーボリンジャーのセンターラインが引き続きドル円相場の上値を抑え続けるかどうかです。

尚、終値がセンターラインに抑えられながら下落する相場は、「緩やかな下落トレンド」と呼びます。「緩やかな下落トレンド」の特徴の1つとして、相場が往来相場になりやすいという特徴があります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:引き続き、緩やかな下落トレンド。107.00円が下値ポイント(サポート)。

<<<日足スーパーボリンジャー>>>

○大局観=緩やかな下落トレンド継続中

○遅行スパン=陰転継続しており、基調としては、売り優勢

○トレンド判断と戦略=終値がセンターラインの下方を推移するかぎり、緩やかな下落トレンドと判断。

<<日足スパンモデルスペシャル>>

赤色スパン、および、売りシグナルの順行パターンの売りサインが点灯中。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:引き続き、ドル緩やかな下落トレンド。目先は往来相場の地合いにもある。

<<<日足スーパーボリンジャー>>>

○大局観=緩やかな下落トレンド継続中

○遅行スパン=陰転継続しており、基調としては、売り優勢

○トレンド判断と戦略=終値がセンターラインの下方を推移するかぎり、緩やかな下落トレンドと判断。

<<日足スパンモデルスペシャル>>

赤色スパン、および、売りシグナルの順行パターンの売りサインが点灯中。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/