ドル円1時間足:目先は、レンジ相場。「相場の放れ」を待つタイミング。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

四角枠内をご覧の通り、現在、レンジ相場の地合いにあります。

今後の注目点は、いつ「相場が放れる」かです。

「相場が放れる」とは、「トレンドが発生する」と言い換えることが出来ます。

尚、「相場の放れ」の条件は、

(1)遅行スパンがローソク足から上放れる、もしくは、下放れる、

(2)終値が+1σラインの上方にて引け続ける、もしくは、-1σラインの下方にて引け続ける、

(3)バンド幅が拡大傾向に転じる、

等々です。さらに、

(4)終値が+2σラインを上回る、もしくは、-2σラインを下回ること、さらには、遅行スパンがローソク足のみならず、+-2σラインをブレイクすることが望ましいです。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:現在は、本格下落トレンド。今後も、終値の位置に注目したい。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、直近は、本格下落トレンドとなっています。

今後、終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンド継続となる一方で、終値が同ラインの上方で引けると、調整の反騰局面に入りやすくなる点には注意しておきたいところです。

ちなみに、昨日は、本格下落トレンド局面のあと、しばらくは、調整の反騰局面に入りました。調整反騰局面入りのサイン発生は、終値が-1σラインを上回った時点です。その後、調整反騰局面のターゲットである+1σラインから+2σラインにかけて上昇後、反落、終値が-2σラインを下回った時点で、あらためて、本格下落トレンドに入ったことが確認できます。

このように、スーパーボリンジャーを見るだけで、「相場の5つの局面」(本格上昇、本格下落、調整反騰、調整反落、レンジの5つ)を瞬時に見分けることができます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足スーパーボリンジャー:現在は、本格下落トレンド

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、直近は、本格下落トレンドとなっています。

今後、終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンド継続となる一方で、終値が同ラインの上方で引けると、調整の反騰局面に入りやすくなります。

尚、チャート内、過去の動きの中で、四角枠で示したとおり、各局面に分類できることが分かります。このように、スーパーボリンジャーを見るだけで、「相場の5つの局面」(本格上昇、本格下落、調整反騰、調整反落、レンジの5つ)を瞬時に見分けることができます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足スパンモデルスペシャル:逆行パターンの売りサイン点灯中

添付チャートは、ドル円の1時間足スパンモデルスペシャルです。

ご覧のとおり、直近の辺りで、買いシグナルが点灯(青色四角が出現)していますが、終値がゾーンの上方に位置し、かつ、+2σラインと+1σラインの間で引けたことで、逆行パターンの売りサインが点灯しています。

加えて、赤色スパンが陽転し、やはり、終値が+2σラインと+1σラインの間で引けたことで、逆行パターンの売りサインが点灯しています。

逆行パターンの売りサイン点灯時の下落ターゲットは、順に、青色スパン、センターライン、赤色スパン、-2σラインとなります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:レンジ局面にあり、トレンド局面入り待ち。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在、レンジ相場の局面にあります。つまり、(1)遅行スパンがローソク足に絡んで推移しており、レンジ相場を示唆、(2)バンド幅が収束傾向となっており、やはり、レンジ相場を示唆していることが判断根拠です。

今後の注目点は、相場が、いつ、レンジ局面からトレンド局面に入るかです。

トレンド局面入りの条件は、(1)遅行スパンがローソク足から放れること、(2)1時間足終値が+1σラインの上方を推移し続けるか、-1σラインの下方を推移し続けること、出来れば、+-2σラインを超えて引けること、(3)バンド幅が拡大傾向に変化すること、等々です。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:本格下落トレンド。終値と-1σラインとの位置関係を注視。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在、1時間足終値が-1σラインの下方を推移しており、本格下落トレンドと判断できます。

今後の注目点は、遅行スパンが陰転し続け、1時間足終値が-1σラインの下方で引け続けるかぎり、ドル本格下落トレンド局面継続となる一方で、終値が同ラインの上方で引けると、調整の反騰局面入りする可能性が高まります。

尚、チャート内、赤色矢印は、「遅行スパンアタッカー」の売りシグナルです。判断としては、売りシグナル点灯後、終値が-2σラインの下方に位置した時点以降、本格下落トレンドに入ったことを教えてくれています。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:調整の反騰局面を経て、現在、レンジ相場。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在は、調整の反騰局面を経て、レンジ局面にあります。

つまり、調整の反騰局面の最終ターゲットである+2σラインに到達した後、今後、本格上昇トレンドに入るか、それとも、レンジ相場継続となって、反落していくかどうかの瀬戸際(ブル・ベアの分岐点)に直面しています。

尚、チャート内、青色矢印は、「遅行スパンアタッカー」の買いシグナルです。判断としては、買いシグナル点灯後、終値が+2σラインの下方に位置したことで、一旦は、レンジ相場の上値目処に到達したことを教えてくれています。

今後注目すべき点として、遅行スパンが陽転し続け、1時間足終値が+1σラインの上方で引け続け、バンド幅が拡大傾向となると、ドル本格上昇トレンド局面入りする可能性が高まります。

一方、終値が+1σラインを下回ってくると、レンジ相場入りしたことの追加状況証拠となり、レンジ下限に向かって反落しやすくなります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:現在は本格下落トレンド。終値と-1σラインとの位置関係を注視したい。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、遅行スパンが陰転し、終値が-1σラインの下方で引けて以降、本格下落トレンドに入っています。

尚、チャート内、赤色矢印は、「遅行スパンアタッカー」の売りシグナルです。判断としては、売りシグナル点灯後、終値が-2σラインの下方に位置した時点で、本格下落トレンドに入ったことを教えてくれています。

ところで、今後注意すべき点として、1時間足終値が-1σラインの上方で引けると、ドル本格下落トレンドが一旦終了し、調整の反騰局面入りする可能性が高まります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:目先は本格上昇トレンド。終値が+1σラインとの位置関係を注視したい場面。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在、終値が+1σライン(「緑ちゃん」)をキープし続けており、本格上昇トレンドの中にあります。

今後、終値が同ラインをキープするかぎり、本格上昇トレンド継続となる一方で、終値が同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる点、注意しておきたい場面です。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:レンジ相場、相場の放れ待ち。

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

現在、レンジ相場にあることが確認できます。

判断根拠は、(1)遅行スパンがローソク足に絡んで推移していること、(2)バンド幅が収束傾向にあること、です。

今後のトレード戦略として、相場の放れを待って、トレンドに乗りたいところです。

尚、「相場の放れ」発生の条件は、(1)遅行スパンがローソク足の上方、もしくは、下方に放れること、(2)終値が+2σラインの上方、もしくは、-2σラインの下方で引けること、(3)バンド幅が拡大傾向に変化すること、などです。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/