添付チャートは、ドル円日足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在、ドル円相場は、緩やかな下落トレンドにあります。また、目先、乱高下しやすい地合いにあるとも読めます。

判断理由は、 1)遅行スパンが陰転していること、 2)終値が一旦は-1σラインの上方で引けたこと、 3)終値がセンターラインの下方を推移していること、 等々です。

一旦は、-1σラインの上方で引けたことで、目先、底固くなりやすい一方で、センターラインを上値レジスタンスとした動きとなっており、緩やかに下落していく展開と判断されます。

一方、緩やかな下落トレンドとは、目先、乱高下しやすい地合いになったとも読みます。

つまりは、底固い一方で、上値も重い展開であり、比較的大きい値幅を伴った往来相場となりやすい地合いにあると読みます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/