ドル円4時間足:本格下落トレンド継続中。引き続き、終値と-1σラインとの位置関係を注視したい場面。

添付チャートは、ドル円の4時間足スーパーボリンジャーです。

さて、チャートをご覧の通り、現在、引き続き、本格下落トレンドの中にあります。

判断理由は、 1)遅行スパンが陰転していること、 2)終値が-1σラインの下方を推移していること、 3)バンド幅が拡大傾向にあること、 等々です。

尚、現在、終値は、-1σラインと-2σラインの間を推移しており、巡航速度の本格下落トレンドの勢いとなっています。

そして、引き続き、今後も注意すべきポイントは、終値と-1σラインとの位置関係です。

すなわち、終値が-1σラインの上方で引けると、調整の反騰局面入りの兆候出現となります。

また、+-3σラインの向きにも注目です。

まず、+3σラインの傾きですが、現在、下落方向にあることから、上昇方向にあったときほど、トレンド性は強くないことを示しています。

つまり、+3σラインの向きが下落傾向になっていることで、現在は、巡航速度の下落トレンドにあることが確認できます。

また、-3σラインの向きは、現在、下向きですが、今後、フラット化し、さらに、上向きに変化してくると、調整の反騰局面入りのサインとなります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/