ドル円4時間足:現在、レンジ相場。今後、相場の放れ待ち。

添付チャートは、ドル円4時間足スパンモデルスペシャルです。

現在は、レンジ局面に入っています。

レンジ相場の特徴は、 1)遅行スパンがローソク足に絡んで推移していること、 2)バンド幅が収束傾向であること 3)終値が+2σラインと-2σラインの間に収まること、 等々です。

レンジ相場でのトレード戦略としては、 1)カウンタートレード(俗に言う逆張りトレード)を行なう、 2)相場の放れを待って、トレンドに乗る、 です。

カウンタートレードを行なうに際しては、スパンモデルシグナルや赤色スパンの逆行パターンを大いに利用したいところです。

尚、「相場の放れ」の条件は、 1)遅行スパンがローソク足から上放れる、もしくは、下放れる、 2)終値が+1σラインの上方にて引ける、もしくは、-1σラインの下方にて引ける、 3)バンド幅が拡大傾向に転じる、 4)加えて、放れのタイミングで、終値が+2σラインを上回る、もしくは、-2σラインを下回ること、さらには、遅行スパンがローソク足のみならず、+-2σラインをブレイクすること、 等々です。

ところで、チャート内、売りシグナル点灯時や赤色スパン陰転時の猶予期間中の安値水準(106.60円近辺)が、終値ベースでの上値ポイント(レジスタンス)となっていることが見てとれます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/