ドル円4時間足:調整の反騰局面であり、緩やかな下落トレンドとも読む。

添付チャートはドル円4時間足スパンモデルスペシャルをスパンオートシグナルで表示したものです。

ご覧の通り、本格下落トレンドを終えたあとは、現在、依然として、調整の反騰局面の中にあります。(相場の5つの局面)

一方、終値がセンターライン(青色ライン)の下方を推移するかぎり、緩やかな下落トレンドとも読みます。

目先、かろうじて、センターラインに抑えられて推移していることが見てとれます。

尚、調整反騰の戻りの目途は、+1σラインから+2σライン、もしくは、遅行スパンがローソク足に接近、接触するタイミングとなります。

また、バンド幅ですが、次第に収束傾向となっており、相場変動率が下がる中、レンジ相場の地合いを強めているとも読めます。

今後、相場の放れのタイミングを待ちたいところでもあります。

加えて、スパンモデルについてです。

現在、売りシグナル点灯時、および、赤色スパン陰転時の猶予期間中に付けた安値が、引き続き、終値ベースでのレジスタンスとなっています。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/