ドル円1時間足:1時間足スーパーボリンジャーで判断すると・・・

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、注目すべきポイントは、 1)遅行スパンが陰転するかぎり、基調としての下落トレンドであること、 2)終値は-1σライン(緑色ライン)に抑えられながら推移しており、 本格下落トレンドと判断できる。 もっとも、センターラインを意識しながら推移していること、すなわち、 緩やかな下落トレンドとも読めること、 等々です。

昨日のレポートの続きとして読んでいただくと分かりやすいと思いますが、結局、センターラインに支えられながら上昇していた相場が、終値がセンターラインを下回って以降、下落に転じた格好です。

緩やかな上昇トレンドから緩やかな下落トレンドに変化したとも言えます。

もちろん、遅行スパンが陰転したことの意味も大きいです。

遅行スパンが陰転したことで、基調としての下落トレンドに変化しています。

尚、目先、ドル底堅くもありますが、この背景には、日足や4時間足の動きが依然として、短期である1時間足にも影響を与えています。

すなわち、日足では、依然として、調整の反騰局面であり、また、緩やかな下落トレンドという、引き続き、方向感がいまいちはっきりしない展開となっていることや、4時間足でも、レンジ相場の地合いが強く、やはり、トレンド性が薄れていることが見てとれます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/