ドル円日足の時間リズムをチェック(アクティベート時間分析)

■ドル円日足時間リズム

添付チャートは、ドル円の日足アクティベート時間分析チャートです。

ご覧の通り、 昨日7月30日は、 1)7月18日(安値107.21円)から9日目(基本数値) 2)6月25日(安値106.78円)から26日目(基本数値) となっており、時間の節目と判断出来ます。

したがって、7月30日の高値108.94円は上値ポイント (レジスタンス)と読みます。

つまり、同水準を上方にブレイクすれば、ドル続伸し、 上昇力が強まる一方で、同水準をブレイクしないかぎり、 反落の流れとなります。

加えて、昨日の高値108.94円の意味合いについては、 1)日足スパンモデルの売りシグナル点灯時、および、 赤色スパン陰転時の猶予期間中に付けた安値水準 が109.00円近辺であり、現在は、レジスタンスとなって いること。 2)日足スーパーボリンジャーの+2σライン近辺でもあり、 つまりは、レンジでの上値目処の水準に近いこと、 等々も注目点です。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/