ドル円日足:本格的な調整の反騰局面入りの兆候

添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

チャートをご覧の通り、ここ最近、センターライン(青色ライン)に抑えられてきた相場ですが、先週末の大阪G20の結果を好感して上昇で始まったドル円相場が、日足終値ベースにて、センターラインの上方で引けるかどうか、注目の動きとなっています。

すなわち、長きに亘って続いてきた緩やかな下落トレンドから本格的な調整の反騰局面入りする可能性が高まる状況にあります。

もっとも、遅行スパンの位置からして、依然として、上値も重いと想定されますが、上昇する場合のターゲットは、+1σライン(108.55円近辺)、+2σライン(109.00円近辺)となります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/