添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在は、調整の反騰局面を経て、レンジ局面にあります。

つまり、調整の反騰局面の最終ターゲットである+2σラインに到達した後、今後、本格上昇トレンドに入るか、それとも、レンジ相場継続となって、反落していくかどうかの瀬戸際(ブル・ベアの分岐点)に直面しています。

尚、チャート内、青色矢印は、「遅行スパンアタッカー」の買いシグナルです。判断としては、買いシグナル点灯後、終値が+2σラインの下方に位置したことで、一旦は、レンジ相場の上値目処に到達したことを教えてくれています。

今後注目すべき点として、遅行スパンが陽転し続け、1時間足終値が+1σラインの上方で引け続け、バンド幅が拡大傾向となると、ドル本格上昇トレンド局面入りする可能性が高まります。

一方、終値が+1σラインを下回ってくると、レンジ相場入りしたことの追加状況証拠となり、レンジ下限に向かって反落しやすくなります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/