添付チャートは、ドル円の1時間足足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、四角枠内の動きは、調整の反騰局面でした。

すなわち、1時間足終値が-1σライン(緑色ライン)の上方で引けて以降、底固い推移に変化していき、じりじりと上昇、調整の反騰局面の最終ターゲットである+2σラインに接近したことが見てとれます。

また、遅行スパンがローソク足に接近、接触、絡み始めたこともドル円相場の上値を抑えていることがわかります。

そして、現在は、レンジ相場に入っていますが、このことは、終値が+1σラインを下回ったことも、確認の材料となっています。

今後は、レンジ相場の中でカウンタートレードを行うか、それとも、相場の放れを待って、放れた方向に乗るトレンドフォロー型のトレードを行うことが推奨されます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/