ドル円相場日足分析

2018OCT15.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=調整の反落局面継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。

尚、終値が、引き続き、センターラインの下方で引けており、調整が本格化していることが見てとれる。

戦略としては、引き続き、前日の高値をブレイクしないかぎり、基本的に売り戦略を優先させたい場面。

尚、調整反落の最終ターゲットは、-2σラインとなるが、遅行スパンがすでにローソク足に接触してきており、売りポジションの買い戻しのタイミングを迎えている。さらに、一旦は新規の押し目買いのチャンスが近いと捉えることも出来る。

◆スパンモデル

買いシグナルが点灯継続する中、逆行パターンの売りサインが点灯継続している点、引き続き、注目。

尚、最終ターゲットは、-2σラインとなる。-2σラインは本日時点で111.40円近辺と読める。

また、遅行スパンのローソク足接近のタイミングも注視したい。すなわち、同タイミングは、一旦は押し目買いのチャンスとなる。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。