ドル円60分足スパンモデルの分析、判断結果

  • 投稿日:

20140825 USDJPY H Span Model.gif

添付チャートは、午前8時30分現在のドル円(USD/JPY)60分足スパンモデルです。


60分足スパンモデルは、スイングトレードの際の売買ポイントの把握やデイトレードを行う際の大局観の把握などに重宝です。


現時点で、以下のように判断します。


■まず、長期トレンド方向を教えてくれる赤色スパンの向きは上方向となっており、60分足にて、ドル上昇トレンドの流れの中にあると判断します。


■中期トレンドや基調方向を教えてくれる遅行スパンは、ローソク足やゾーンの上方にて推移しており、基調として、ドル買い優勢を示唆しています。尚、ローソク足を下回る場面でも、ゾーンに支えられている点、注目です。


■サポートゾーン(青色ゾーン)が出現し、ドル買いシグナルが点灯する中、実勢レベル60分足終値は、サポートゾーン上限ライン(青色スパン)の上方で推移しており、短期的にも、ドル買い圧力が強まっていることを示しています。


■今後の注目点は、遅行スパンがローソク足やゾーンに支えられ続けるかどうか、そして、実勢レベルがサポートゾーンに支えられ続けるかどうかです。


■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。