一旦は戻り売りのタイミングに近い=ドル円60分足

  • 投稿日:

20130524 USDJPY H Span Model.gif

添付チャートは、午前10時30分現在のドル円(USD/JPY)の1時間足スパンモデルです。


1時間足スパンモデルは、デイトレードの大局観把握や、スイングトレードの売買判断に有効な時間軸のスパンモデルです。


チャート内、左円枠内が示す通り、遅行スパンは陰転しており、基調として、ドル売り優勢を示唆します。そして、右円枠内が示す通り、現在、レジスタ ンスゾーン(赤色ゾーン)が出現しており、ドル売りシグナルが点灯する中、実勢レベルはレジスタンスゾーンを上回って推移しており、ドル底固く堅調な展開 を示唆しています。


ここでのポイントは、遅行スパンが陰転継続して、さらに、赤色スパンが下向きである中で、実勢レベルがレジスタンスゾーンを上回っている点です。この動きは、一旦は、戻り売りのタイミングであると判断出来ることです。


★「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」についての詳しい内容は、
投資顧問エフピーネットにて詳細解説書を購入出来ます。

「マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム」

★有料掲示板、メルマガはこちらです

「マーフィーの実戦トレードコーチング」