これまでのご愛読ありがとうございました。

皆さま、これまでブログをご愛読していただきまして、心から感謝申し上げます。

誠に残念ではありますが、こちらでの投稿は終了させていただきます。

今後は、以下にて、ご愛読していただけますと光栄です。

どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.span-model.com/

柾木利彦(マーフィー)

ドル円4時間足:現在、レンジ相場。相場の放れ待ち。

添付チャートは、ドル円4時間足スーパーボリンジャーです。

四角枠内をご覧の通り、現在は、レンジ局面に入っています。

レンジ相場の特徴は、 1)遅行スパンがローソク足に絡んで推移していること、 2)バンド幅が収束傾向であること 3)終値が+2σラインと-2σラインの間に収まること、 等々です。

レンジ相場でのトレード戦略としては、 1)カウンタートレード(俗に言う逆張りトレード)を行なう、 2)相場の放れを待って、トレンドに乗る、 です。

カウンタートレードを行なうに際しては、より下位の時間軸において、スパンモデルシグナルや赤色スパンの逆行パターンを大いに利用したいところです。

尚、「相場の放れ」の条件は、 1)遅行スパンがローソク足から上放れる、もしくは、下放れる、 2)終値が+1σラインの上方にて引ける、もしくは、-1σラインの 下方にて引ける、 3)バンド幅が拡大傾向に転じる(「エクスパンション」と言います)、 4)加えて、放れのタイミングで、終値が+2σラインを上回る、 もしくは、-2σラインを下回ること、さらには、遅行スパンが ローソク足のみならず、+-2σラインをブレイクすること、 等々です。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:スパンモデルスペシャルで判断すると・・・

添付チャートは、ドル円日足スパンモデルスペシャルです。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時に表示させたチャートのことです。

ご覧の通り、現在、ドル円相場は、緩やかな下落トレンドにあります。

また、目先、乱高下しやすい地合いにあるとも読めます。

尚、依然として、調整の反騰局面のシナリオも残っています。

判断理由は、 1)遅行スパンが陰転していること、 2)終値が一旦は-1σラインの上方で引けたこと、 3)終値がセンターラインの下方を推移していること、 等々です。

一旦は、-1σラインの上方で引けたことで、目先、底固くなりやすい一方で、センターラインを上値レジスタンスとした動きとなっており、緩やかに下落していく展開と判断されます。

一方、緩やかな下落トレンドとは、目先、乱高下しやすい地合いにあることも示しています。

つまりは、引き続き、ドル底固い一方で、上値も重い展開であり、比較的大きい値幅を伴った往来相場となりやすい地合いにあると読みます。また、終値が-1σラインの上方で引けて以降、調整の反騰局面継続のシナリオも残っていると読めます。

また、スパンモデルの部分に目をやると、売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯していることが確認できます。

もっとも、目先、青色スパンがレジスタンスとなっていることも確認できます。

総じて、現在、ドル円相場は、底堅い一方で、上値も重く、目先は、往ったり来たりする往来相場となりやすい局面にあると読みます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円1時間足:1時間足スーパーボリンジャーで判断すると・・・

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、注目すべきポイントは、 1)遅行スパンが陰転するかぎり、基調としての下落トレンドであること、 2)終値は-1σライン(緑色ライン)に抑えられながら推移しており、 本格下落トレンドと判断できる。 もっとも、センターラインを意識しながら推移していること、すなわち、 緩やかな下落トレンドとも読めること、 等々です。

昨日のレポートの続きとして読んでいただくと分かりやすいと思いますが、結局、センターラインに支えられながら上昇していた相場が、終値がセンターラインを下回って以降、下落に転じた格好です。

緩やかな上昇トレンドから緩やかな下落トレンドに変化したとも言えます。

もちろん、遅行スパンが陰転したことの意味も大きいです。

遅行スパンが陰転したことで、基調としての下落トレンドに変化しています。

尚、目先、ドル底堅くもありますが、この背景には、日足や4時間足の動きが依然として、短期である1時間足にも影響を与えています。

すなわち、日足では、依然として、調整の反騰局面であり、また、緩やかな下落トレンドという、引き続き、方向感がいまいちはっきりしない展開となっていることや、4時間足でも、レンジ相場の地合いが強く、やはり、トレンド性が薄れていることが見てとれます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円相場を1時間足スーパーボリンジャーで判断すると・・・

添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、注目すべきポイントは、 1)遅行スパンが陽転するかぎり、基調としての上昇トレンドであること、 2)終値はセンターラインを意識しながら推移していること、すなわち、 緩やかな上昇トレンドとも読めること、 等々です。

言い換えると、現在のドル円相場は、トレンド性はさほど強くないと言え、ゆっくりと時間をかけながら上昇する展開となっています。

この背景には、日足や4時間足の動きが影響を与えています。

すなわち、 日足では、調整の反騰局面であり、また、緩やかな下落トレンドという、やはり、方向感がいまいちはっきりしない展開となっていることや、4時間足でも、緩やかな上昇トレンドとは言え、レンジ相場の地合いが強く、やはり、トレンド性が薄れていることが見てとれます。

このような場面では、ポジションをじっと保有しているだけでは収益性が低くなってしまいます。

そこで、現在のドル円相場では、トレードを控えるというのもありですが、一方で、出来るだけ回転を利かせるトレードも有効と考えます。

つまり、日足、4時間足による大局観を考えると、基本的には買い方向から入ることが優位性を持っている中で、利食いも早めに行い、押しがあれば、すかさず買いを入れる戦略が有効です。

尚、日足にて、前日の安値をブレイクせずに、じり高傾向となっているため、逆に、前日の安値をブレイクする時点では、上記のトレード戦略は一旦はやめる方が無難です。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足分析:ドル緩やかな下落トレンド。依然として、乱高下しやすい地合いにある。

添付チャートは、ドル円日足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在、ドル円相場は、緩やかな下落トレンドにあります。

また、目先、乱高下しやすい地合いにあるとも読めます。

尚、依然として、調整の反騰局面のシナリオも残っています。

判断理由は、 1)遅行スパンが陰転していること、 2)終値が一旦は-1σラインの上方で引けたこと、 3)終値がセンターラインの下方を推移していること、 等々です。

一旦は、-1σラインの上方で引けたことで、目先、底固くなりやすい一方で、センターラインを上値レジスタンスとした動きとなっており、緩やかに下落していく展開と判断されます。

一方、緩やかな下落トレンドとは、目先、乱高下しやすい地合いになったとも読みます。

つまりは、引き続き、ドル底固い一方で、上値も重い展開であり、比較的大きい値幅を伴った往来相場となりやすい地合いにあると読みます。また、終値が-1σラインの上方で引けて以降、調整の反騰局面継続のシナリオも残っていると読めます。

また、過去数日間、前日の高値と安値のレンジ内での動きに収まっているだけに、今後、前日の高値や安値をブレイクすることで、目先の相場の方向性が明確になってくる場面とも言えます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円4時間足:現在、上昇バイアスを伴ったレンジ相場と読む。

添付チャートは、ドル円の4時間足スーパーボリンジャーです。

現在、上昇バイアスを伴ったレンジ相場と判断します。

理由は、 1)遅行スパンがローソク足に絡みながらも、上方を推移していること、 2)終値がセンターラインの上方を推移していること、 3)バンド幅が収束傾向であること、 等々です。

レンジ相場なので、往来相場となりやすいですが、目先、センターライン近辺がサポートになります。

一方、終値がセンターラインを下回って引けると、完全なレンジ相場となります。

尚、レンジ相場であるため、下位の時間軸のスパンモデルにて、逆行パターンのサインが点灯しやすくなり、カウンタートレードを行なう上で参考指標となります。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円日足:緩やかな下落トレンド。乱高下しやすい地合い。

添付チャートは、ドル円日足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在、ドル円相場は、緩やかな下落トレンドにあります。また、目先、乱高下しやすい地合いにあるとも読めます。

判断理由は、 1)遅行スパンが陰転していること、 2)終値が一旦は-1σラインの上方で引けたこと、 3)終値がセンターラインの下方を推移していること、 等々です。

一旦は、-1σラインの上方で引けたことで、目先、底固くなりやすい一方で、センターラインを上値レジスタンスとした動きとなっており、緩やかに下落していく展開と判断されます。

一方、緩やかな下落トレンドとは、目先、乱高下しやすい地合いになったとも読みます。

つまりは、底固い一方で、上値も重い展開であり、比較的大きい値幅を伴った往来相場となりやすい地合いにあると読みます。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円4時間足:現在、本格上昇トレンド。終値と+1σラインとの位置関係を注視したい。

添付チャートは、ドル円の4時間足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、現在、本格上昇トレンドの中にあります。

理由は、 1)遅行スパンが陽転していること、 2)終値が+1σラインの上方を推移していること、 3)バンド幅が拡大傾向にあること、 等々です。

尚、相場が上方に放れる初動として、終値が+2σラインの上方で引けたことも注目点です。

そして、今後注意すべきポイントは、終値と+1σラインとの位置関係です。

すなわち、今後、終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンド継続となる一方で、同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まります。

加えて、-3σラインの向きにも注目です。

つまり、-3σラインの向きが、次第にフラット化し、その後、上向きに変化してくると、上昇トレンドの勢いが減退することを示唆する点です。

ちなみに、4時間足スパンモデルにて、売りシグナル点灯、および、赤色スパン陰転時の猶予期間中に付けた安値である106.60円近辺のラインを再度上方にブレイクしていることから、逆行パターンの買いサインが再点灯している点には注意しておきたい場面です。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

ドル円4時間足:現在、本格下落トレンド。終値が-1σラインとの位置関係を注視したい。

添付チャートは、ドル円の4時間足スパンモデルスペシャルです。

ちなみに、4時間足は、1時間足に比べて、よりゆったりとしたトレードスタイルに向いています。ゆったりデイトレードの売買判断やデイトレードの際の大局観の把握に便利です。

さて、チャートをご覧の通り、現在、本格下落トレンドの中にあります。

判断理由は、 1)遅行スパンが陰転していること、 2)終値が-1σラインの下方を推移していること、 3)バンド幅が拡大傾向にあること、 等々です。

今後、注意すべきポイントは、終値と-1σラインとの位置関係です。

すなわち、今後、終値が-1σラインの上方で引けると、調整の反騰局面入りの兆候出現となります。

尚、スパンモデル売りシグナル点灯や赤色スパン陰転時の猶予期間中に付けた安値水準(106.60円近辺)が上値ポイント(レジスタンス、ネックライン)となっています。

★★より詳しい解説等は、 「マーフィーの実践トレードコーチング」 を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX 「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。 こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/