ドル円相場日足分析

20171020 USDJPY.gif

以下、私の有料情報サービス「マーフィーの実践トレードコーチング、掲示板&メルマガ」からの1部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

<<本日のポイント>>

日足スーパーボリンジャーは、目先、+1σラインと-1σラインの間でのレンジ相場を示しています。一方、日足スパンモデルでは、スパンモデルシグナルの逆行パターンの売りサイン(短期)、及び、赤色スパンの逆行パターンの売りサイン(長期)が点灯継続中です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断、スパンモデルより短期の判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン(基調トレンド方向)=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインと-1σラインの間でのレンジ相場と判断。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断、スーパーボリンジャーより長期の判断)

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇方向、ただし売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期トレンド方向)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン(中期トレンド方向)=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

ところで、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

20171019 USDJPY.gif

以下、私の有料情報サービス「マーフィーの実践トレードコーチング、掲示板&メルマガ」からの1部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

<<本日のポイント>>

日足スーパーボリンジャーは、目先は、+2σラインとセンターラインの間でのレンジ相場を示しています。一方、日足スパンモデルでは、スパンモデルシグナルの逆行パターンの売りサイン(短期)、及び、赤色スパンの逆行パターンの売りサイン(長期)が点灯継続中です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断、スパンモデルより短期の判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン(基調トレンド方向)=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインとセンターラインの間でのレンジ相場と判断。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断、スーパーボリンジャーより長期の判断)

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇方向、ただし売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期トレンド方向)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン(中期トレンド方向)=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

ところで、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

20171018 USDJPY.gif

以下、私の有料情報サービス「マーフィーの実践トレードコーチング、掲示板&メルマガ」からの1部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

<<本日のポイント>>

日足スーパーボリンジャーは、調整反落の最終ターゲットである-2σラインにほぼ到達した後、目先は、センターラインと-2σラインの間でのレンジ相場を示しています。一方、日足スパンモデルでは、スパンモデルシグナルの逆行パターンの売りサイン(短期)、及び、赤色スパンの逆行パターンの売りサイン(長期)が点灯継続中です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断、スパンモデルより短期の判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン(基調トレンド方向)=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=目先、センターラインと-2σラインの間でのレンジ相場と判断。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断、スーパーボリンジャーより長期の判断)

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇方向、ただし売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期トレンド方向)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン(中期トレンド方向)=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

ところで、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

20171017 USDJPY.gif

以下、私の有料情報サービス「マーフィーの実践トレードコーチング、掲示板&メルマガ」からの1部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

<<本日のポイント>>

日足スーパーボリンジャーは、調整反落の最終ターゲットである-2σラインにほぼ到達した後、目先は、センターラインと-2σラインの間でのレンジ相場を示しています。一方、日足スパンモデルでは、スパンモデルシグナルの逆行パターンの売りサイン(短期)、及び、赤色スパンの逆行パターンの売りサイン(長期)が点灯継続中です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断、スパンモデルより短期の判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン(基調トレンド方向)=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=調整の反落局面の最終ターゲットである-2σライン近辺にほぼ到達した格好となり、目先、センターラインと-2σラインの間でのレンジ相場と判断。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断、スーパーボリンジャーより長期の判断)

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇方向、ただし売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期トレンド方向)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン(中期トレンド方向)=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

ところで、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2017OCT16.gif

以下、私の有料情報サービス「マーフィーの実践トレードコーチング、掲示板&メルマガ」からの1部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

<<本日のポイント>>

日足スーパーボリンジャーは、引き続き、調整の反落局面を示しています。そして、日足スパンモデルでは、スパンモデルシグナルの逆行パターンの売りサイン(短期)、及び、赤色スパンの逆行パターンの売りサイン(長期)が点灯継続中です。尚、調整反落の最終ターゲットは-2σライン水準となります。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断、スパンモデルより短期の判断)

○大局観=調整の反落局面継続中

○遅行スパン(基調トレンド方向)=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。尚、終値がセンターラインを下回っており、本格的な調整の反落局面入りしている。調整反落の最終ターゲットは、-2σライン近辺となる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断、スーパーボリンジャーより長期の判断)

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇方向、ただし売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期トレンド方向)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン(中期トレンド方向)=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

ところで、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

20171013 USDJPY.gif

以下、私の有料情報サービス「マーフィーの実践トレードコーチング、掲示板&メルマガ」からの1部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

<<本日のポイント>>

日足スーパーボリンジャーは、引き続き、調整の反落局面を示しています。そして、日足スパンモデルでは、スパンモデルシグナルの逆行パターンの売りサイン(短期)、及び、赤色スパンの逆行パターンの売りサイン(長期)が点灯継続中です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断、スパンモデルより短期の判断)

○大局観=調整の反落局面、緩やかな上昇トレンド

○遅行スパン(基調トレンド方向)=陽転継続しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。一方、センターラインの上方を推移するかぎり、緩やかな上昇トレンドとも読む。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断、スーパーボリンジャーより長期の判断)

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇方向、ただし売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期トレンド方向)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン(中期トレンド方向)=陽転継続しており、買い優勢

ところで、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

20171012 USDJPY.gif

以下、私の有料情報サービス「マーフィーの実践トレードコーチング、掲示板&メルマガ」からの1部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

<<本日のポイント>>

日足スーパーボリンジャーは、引き続き、調整の反落局面を示しています。そして、日足スパンモデルでは、スパンモデルシグナルの逆行パターンの売りサイン(短期)、及び、赤色スパンの逆行パターンの売りサイン(長期)が点灯継続中です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断、スパンモデルより短期の判断)

○大局観=調整の反落局面、緩やかな上昇トレンド

○遅行スパン(基調トレンド方向)=陽転継続しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。一方、センターラインの上方を推移するかぎり、緩やかな上昇トレンドとも読む。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断、スーパーボリンジャーより長期の判断)

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇方向、ただし売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期トレンド方向)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン(中期トレンド方向)=陽転継続しており、買い優勢

ところで、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2017OCT11.gif

以下、私の有料情報サービス「マーフィーの実践トレードコーチング、掲示板&メルマガ」からの1部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

<<本日のポイント>>

日足スーパーボリンジャーは、引き続き、調整の反落局面を示しています。そして、日足スパンモデルでは、スパンモデルシグナルの逆行パターンの売りサイン(短期)、及び、赤色スパンの逆行パターンの売りサイン(長期)が点灯継続中です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断、スパンモデルより短期の判断)

○大局観=調整の反落局面、緩やかな上昇トレンド

○遅行スパン(基調トレンド方向)=陽転継続しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。一方、センターラインの上方を推移するかぎり、緩やかな上昇トレンドとも読む。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断、スーパーボリンジャーより長期の判断)

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇方向、ただし売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期トレンド方向)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン(中期トレンド方向)=陽転継続しており、買い優勢

ところで、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2017OCT10.gif

以下、私の有料情報サービス「マーフィーの実践トレードコーチング、掲示板&メルマガ」からの1部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

<<本日のポイント>>

日足スーパーボリンジャーでは、調整の反落局面入りを示しています。そして、日足スパンモデルでは、スパンモデルシグナルの逆行パターンの売りサイン(短期)、及び、赤色スパンの逆行パターンの売りサイン(長期)が点灯継続中です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断、スパンモデルより短期の判断)

○大局観=調整の反落局面

○遅行スパン(基調トレンド方向)=陽転継続しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断、スーパーボリンジャーより長期の判断)

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇方向、ただし売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期トレンド方向)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン(中期トレンド方向)=陽転継続しており、買い優勢

ところで、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2017OCT9.gif

以下、私の有料情報サービス「マーフィーの実践トレードコーチング、掲示板&メルマガ」からの1部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

<<本日のポイント>>

日足スーパーボリンジャーでは、調整の反落局面入りを示しています。そして、日足スパンモデルでは、スパンモデルシグナルの逆行パターンの売りサイン(短期)、及び、赤色スパンの逆行パターンの売りサイン(長期)が点灯継続中です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断、スパンモデルより短期の判断)

○大局観=調整の反落局面

○遅行スパン(基調トレンド方向)=陽転継続しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断、スーパーボリンジャーより長期の判断)

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇方向、ただし売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期トレンド方向)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン(中期トレンド方向)=陽転継続しており、買い優勢

ところで、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。