ドル円相場日足分析

2018NOV16.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=緩やかな上昇トレンド、レンジ相場

○遅行スパン=陽転継続しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値がセンターラインの上方を推移するかぎり、緩やかな上昇トレンドと判断。尚、目先、+2σラインとセンターラインの間でのレンジ相場の地合いにあるとも読める。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

依然として、終値ベースにて、買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯継続している。引き続き、終値ベースにて、同水準がサポート水準となる。

尚、4時間足スパンモデルでは、依然として、買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯継続している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースで上回り続けており、順行パターンの買いサインが点灯継続している。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2018NOV15.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、終値が+1σラインの下方で引けると、レンジ相場に入る可能性がさらに高まる点、注意しておきたい場面。目先、上値が重く、総じて、レンジ相場の地合いにあると読める。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

引き続き、遅行スパンが、高値を付けたローソク足を通過し、下落傾向にあるローソク足の影響を受けながら推移している。すなわち、遅行スパンが続落、つまり、ドル下落する展開がメインシナリオとなる。サブシナリオは、遅行スパンが上放れ、上昇トレンド入りしていく展開となる。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯継続している。すなわち、依然として、同水準がサポート水準となる。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯継続している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースで上回り続けており、順行パターンの買いサインが点灯継続している。総じて、レンジ相場の地合いにあり、相場の放れを待ちたい場面と読める。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2018NOV14.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となるかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、終値が+1σラインの下方で引けると、レンジ相場に入る可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

引き続き、遅行スパンが、高値を付けたローソク足を通過し、下落傾向にあるローソク足に沿いながら推移している。すなわち、遅行スパンが続落、すなわち、ドル下落する展開がメインシナリオとなる。サブシナリオは、遅行スパンが上放れ、上昇トレンド入りしていく展開となる。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯している。すなわち、同水準がサポート水準となる。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯継続している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースで上回り続けており、順行パターンの買いサインが点灯継続している。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2018NOV13.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となるかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、終値が+1σラインの下方で引けると、レンジ相場に入る可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

引き続き、遅行スパンが、高値を付けたローソク足を通過してきている点に注目したい。すなわち、今後、下落傾向にあるローソク足の影響を受けて、遅行スパンが続落、すなわち、ドル下落する展開が想定される。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯している点、引き続き注目。すなわち、同水準がサポート水準となる。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯継続している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースで上回り続けており、順行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2018NOV12.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となるかぎり、本格上昇トレンドと判断。

一方、終値が+1σラインの下方で引けると、レンジ相場に入る可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、高値を付けたローソク足を通過してきている点に注目したい。

すなわち、今後、下落傾向にあるローソク足の影響を受けて、遅行スパンが反落、つまりは、ドル反落する展開が想定される。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯している点、引き続き注目。同水準がサポート水準となる。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯継続している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースで上回り続けており、順行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2018NOV9.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となるかぎり、本格上昇トレンドと判断。

尚、目先、スーパーボリンジャーの遅行スパンは陽転してきているが、スパンモデルの遅行スパン(パラメーター26)も併せてチェックしたい場面でもある。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、高値を付けたローソク足を通過してきている点に注目したい。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯している点、引き続き注目。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯継続している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースで上回り続けており、順行パターンの買いサインが点灯継続している点に引き続き注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2018NOV8.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場、ブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆。陽転するかどうかの瀬戸際

○トレンド判断と戦略=目先、+3ラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

一方、今後、遅行スパンが陽転し、終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となると、本格上昇トレンド入りする可能性が高まる点、引き続き注意しておきたい。

目先、遅行スパン(パラメーター21)が陽転しつつあるが、スパンモデルの遅行スパン(パラメーター26)も併せて、チェックしていきたい場面。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、高値を付けたローソク足を通過してきている点に注目したい。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしてきている点、注意したい。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが再点灯している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースでブレイクしてきており、順行パターンの買いサインが点灯継続している点に引き続き注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2018NOV7.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場、ブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆。陽転するかどうかの瀬戸際

○トレンド判断と戦略=目先、+3ラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

一方、今後、遅行スパンが陽転し、終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となると、本格上昇トレンド入りする可能性が高まる点、注意しておきたい。

目先、遅行スパンがローソク足を上方にブレイクして陽転していくか、それとも、ローソク足に抑えられながら推移していくか、特に注視したい場面。すなわち、ブル・ベアの分岐点に位置している。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、ローソク足に沿って上昇してきているが、間もなく、高値を付けたローソク足を通過する点に注目したい。

また、買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺をブレイクするかどうかも注視したい。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが再点灯している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースでブレイクしてきており、順行パターンの買いサインが点灯している点に注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2018NOV6.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆。陽転するかどうかの瀬戸際

○トレンド判断と戦略=目先、+2ラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

戦略としては、目先、+2σラインと+1σラインの間でのレンジ相場を想定したカウンタートレーディングが推奨となるが、より詳細な上値や下値の目途の把握には、日足よりも下位の時間軸である4時間足等も参考にしたい。

尚、今後、遅行スパンがローソク足を上方にブレイクして陽転していくか、それとも、ローソク足に抑えられながら推移していくか、注視したい場面。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、ローソク足に沿って上昇してきているが、下放れるタイミングも近いと想定される点、引き続き注視しておきたい。

尚、4時間足スパンモデルでは、赤色スパンの逆行パターンの売りサインが点灯中である一方で、買いシグナルの順行パターンの買いサインが再度点灯している点、引き続き注意しておきたい。

引き続き、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースでブレイクすると、順行パターンの買いサインが点灯する点を注視したい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場日足分析

2018NOV5.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陰転継続しており、基調としては、売り優勢

○トレンド判断と戦略=目先、+2ラインとセンターラインの間でのレンジ相場と判断。

戦略としては、目先、+2σラインとセンターラインの間でのレンジ相場を想定したカウンタートレーディングが推奨となるが、より詳細な上値や下値の目途の把握には、日足よりも下位の時間軸である4時間足等も参考にしたい。

尚、陰転中の遅行スパンがローソク足に接近・接触するタイミングは、ドル上値が重くなりやすい点、注意しておきたい。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、ローソク足に沿って上昇してきているが、下放れるタイミングも近いと想定される点、注視しておきたい。

尚、4時間足スパンモデルでは、赤色スパンの逆行パターンの売りサインが点灯中である一方で、買いシグナルの順行パターンの買いサインが再度点灯している点、注意しておきたい。

赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースでブレイクすると、順行パターンの買いサインが点灯する点を注視したい。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。