ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018SEP21.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンドと判断。

◆スパンモデル

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=本格上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、終値が同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018SEP20.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンドと判断。

◆スパンモデル

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いシグナル点灯中

○遅行スパン=ローソク足に絡み、もみ合い相場を示唆

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018SEP19.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=本格上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンドと判断。

◆スパンモデル

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=本格上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、終値が同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、買いサイン点灯中(順行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018SEP18.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場、ブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

一方、今後、遅行スパンが陽転継続し、終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅の拡大傾向が続くと、本格上昇トレンド入りの可能性が高まる点、要注意。

加えて、遅行スパンが+2σラインを上回っていくかどうかも、注視したい。

尚、時間面からは、一旦は反落のシナリオがある点も、引き続き、注意しておきたい。

◆スパンモデル

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。そして、逆行パターンの買いサイン点灯時のターゲットである+2σラインには、すでに到達済み。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=本格下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、売り優勢

○トレンド判断と戦略=終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンドと判断。一方、終値が同ラインの上方で引けると、調整の反騰局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、買いサイン点灯中(順行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(売りシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=ローソク足の下方を推移、短期的には陰転しており、売り優勢。一方、サポートゾーンに支えられて推移、長期的には陽転継続しており、買い優勢。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018SEP17.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場、ブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。尚、今後、遅行スパンが陽転継続し、終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅の拡大傾向が続くと、本格上昇トレンド入りの可能性が高まる点、要注意。加えて、遅行スパンが+2σラインを上回っていくかどうかも、注視したい。

◆スパンモデル

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。そして、逆行パターンの買いサイン点灯時のターゲットである+2σラインにも到達済み。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018SEP14.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場、ブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。尚、今後、遅行スパンが陽転継続し、終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅の拡大傾向が続くと、本格上昇トレンド入りの可能性が高まる点、要注意。

◆スパンモデル

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=本格上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、終値が同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018SEP13.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインとセンターラインの間をコアとするレンジ相場と判断。依然として、バンド幅も収束傾向となっており、レンジ相場の地合いを強めていると読める。引き続き、目先はレンジトレーディングを行いつつも、今後の相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=本格下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、売り優勢

○トレンド判断と戦略=終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンドと判断。一方、終値が同ラインの上方で引けると、調整の反騰局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(売りシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=ローソク足の下方を推移し、短期では陰転しており、売り優勢。一方、サポートゾーンに支えられて推移、長期では陽転しており、買い優勢。

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018SEP12.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインとセンターラインの間でのレンジ相場と判断。依然として、バンド幅も収束傾向となっており、レンジ相場の地合いを強めていると読める。引き続き、目先はレンジトレーディングを行いつつも、今後の相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯継続している点、注目したい。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=緩やかな上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値がセンターラインの上方を推移するかぎり、緩やかな上昇トレンドと判断。一方、終値が同ラインの下方で引けると、本格的な調整の反落局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、買いサイン点灯中(順行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018SEP11.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインとセンターラインの間をコアとするレンジ相場と判断。依然として、バンド幅も収束傾向となっており、レンジ相場の地合いを強めていると読める。引き続き、目先はレンジトレーディングを行いつつも、今後の相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯継続している点、そして、再度、ターゲットのプラス2σラインに到達した後、反落している点、注目したい。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陽転しつつもローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。尚、現時点では、センターラインがサポートとなっている点、注目。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向、買いサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しつつもローソク足に絡み、もみ合い相場を示唆

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

ドル円相場分析(日足、1時間足)

2018SEP10.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインと-1σラインの間でのレンジ相場と判断。依然として、バンド幅も収束傾向となっており、レンジ相場の地合いを強めていると読める。引き続き、目先はレンジトレーディングを行いつつも、今後の相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル

売りシグナルの逆行パターンの買いサインが点灯継続している点、そして、再度、ターゲットのプラス2σラインに到達した後、反落している点、注目したい。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に、価格分析からの判断)

○大局観=緩やかな上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値がセンターラインの上方を推移するかぎり、緩やかな上昇トレンドと判断。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向、買いサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=売りサイン点灯中(売りシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=ローソク足やゾーンに絡み、もみ合い相場を示唆

■「スパンオートシグナル」のご案内
こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。 短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。