最新チャートで見るドル円相場の見方と考え方【2018年6月29日(金)】

  • 投稿日:

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

ドル円ですが、先週は下落相場で推移していましたが、今週に入ってからは反転して値を上げてきましたね。

日足で見ても、日々高値安値を切り上げている状況ですので、今後のトレードはどうしたらいいのか迷うかと思います。

そこで本日は、いつものようにドル円の日足チャートを使ってのトレードポイントを一緒に確認していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

前回のトレード方針とおさらい

前回、6/22にここではこのように書きました。

前回のトレード方針

これまで同様に、現在の111.40円をしっかりと上抜かない限りは売り継続の方針はそのまま変わらず。そして、その手前のひとつのポイントとしての110.85円レベルも変わらず意識して売り込んで行く。

それではその後、相場がどうなったのか一緒にチャートを確認してみましょう。

USDJPY_20180629.jpg

これはドル円の日足チャートです。

こうして見てみると、先週は一番上のラインであるレジスタンスで、赤○のように上値を何度も抑えられたことで下落相場となっていました。

しかし、今週に入って青○で囲んでいるように、月曜日と火曜日において同値レベルで支えられるいわゆるダブルボトムのような形となりました。

このように、下値が支えられたことで方向性が下から上に変わり、今週は上昇傾向で推移している感じです。

そして現在、赤○で囲んでいるように再度一番上のラインの手前まで上昇してきている状況です。

ということで、このような相場状況の中で、今後どのようなトレード方針で進めればいいでしょうか。

今後のトレード方針

では、今後の方針です。それは、

今後のトレード方針

これまで同様に、現在の111.40円をしっかりと上抜かない限りは売り継続の方針はそのまま変わらず。そして、その手前のひとつのポイントとしての110.85円レベルも変わらず意識して売り込んで行く。

はい、前回と全く同じです。

先週から見ても、111.40円レベルはおろか、その手前のポイントである110.85円レベルも超えていない現状においては、何もすることは変わりません。

今後、上抜けるかもしれないから買っておこう

ではダメなんです。

そうなってもいないのに、そうなるかもしれないと早まったことをしても無駄なトレードになるだけです。

相場のポイントの変化がない以上、トレード方針も変化はありません。

ということで、まとめです。

まとめ

以上、前回とまったく同じですが、まとめますと、

  • 111.40円をしっかりと上抜かない限りは売り継続
  • 110.85円レベルも変わらず意識して売り込んで行く
  • 109.85円レベルでは3日間支えられているので、ここも意識する

ということです。

注意

ここでの相場観は黒田の個人的な意見ですので、利益を保証するものではありません。最終的な判断はご自身の責任においてお願いいたします。