最新チャートで見るドル円相場の見方と考え方【2018年5月9日(水)】

  • 投稿日:

こんにちは、黒田です。
ゴールデンウィークがあった関係で、相場観の配信は2週間ぶりとなりました。

その間、相場はいろいろと変化がありましたので、本日からまた新たにお願いいたします。

それでは、ドル円の相場観を一緒に見て行きましょう。

前回のおさらい

前回(4/24)では、トレード方針として下記の2つを挙げました。

  • 少なくとも、107.50円を割り込まない限りは買い
  • 可能なら、106.60円を割り込まない限りは買い

理由としては、次の2点です。

  • これまでのレジスタンスである107.50円がサポートに転化する可能性が高いこと
  • 106.60円レベルに数日間にわたって支えられたサポートがあること

でありました。

次に現在の日足チャートを見てみましょう。

USDJPY_20180509.jpg

チャートを見てみると、108円をブレイク後は一度も割り込むことなく上昇し、110円を達成するに至りましたね。

順調な上昇かと思います。

その後は、一旦押し目を形成しましたが、108.50円の手前で2回支えられて再度上昇しています。

今後のポイントは、直近高値の110.00円レベルをしっかりと超えて行けるかどうかですね。

念のため、フィボナッチでも見てみましょう。

フィボナッチで見た場合の日足チャート

日足チャートをフィボナッチを使ってみた場合、どのように映るのでしょうか。

USDJPY_20180509_fibo.jpg

これが、日足チャートにフィボナッチをあてた場合です。

こうして見てみると、直近の押し目レベルは23.6%で、これまでのレジスタンスであった節目はちょうど38.2%となっているのが分かりますね。

また、61.8%も過去のサポートレベルとも一致しています。

これらを考慮して今後のトレード方針を考えると

日足チャートをベースにしたトレード方針

上記で見た、フィボナッチ等を考慮して今後のトレードを考えると、

  • 少なくとも、108.50円を割り込まない限りは買い
  • 可能なら、108.00円を割り込まない限りは買い

で進めたいです。

理由としては、下記のとおりです。

  • フィボナッチの23.6%レベルで2回サポートされている
  • フィボナッチの38.2%レベルはこれまでのレジスタンスと一致している

からであります。

今後は、上記スタンスで進めて利益をさらに伸ばせたらと思っています。

まずは110円をしっかりと超えて、今度はそこがサポートとなってくれるかどうかがポイントですね。

それができれば、行くかどうかは別にして、大きな流れで113.60円レベルが次の上値目標値と見ています。

【注意事項】
このメルマガは、黒田の相場観に基づいた情報配信を行っているもので、トレードを促したり、利益を保証するものではありません。
トレードはご自身の責任で行っていただきますようお願いいたします。