ドル円レート推移(相場観)【2017年10月18日(水)】

  • 投稿日:

こんにちは、よろしくお願いいたします。

ドル円ですが、これまでのレンジ相場が下に割り込んできましたね。

レンジを割り込んだということで、トレード的には買いなのか、それとも売りなのか、ポイントとなるところを一緒に確認していきましょう。

まずは、チャートを見てみます。

USDJPY_20171018.jpg

これは、ドル円の日足です。

通常、レンジ相場の場合はレンジ上限手前で売りを仕掛けて、レンジ下限手前では買いを仕掛けますが、前回、このように書きました。

『このレンジ相場でどのようにトレードしていくのか、ということですが、個人的には前回同様に買い方針で進めて行きたいと考えています。

理由としては、上昇を継続し高値も更新していますので、売る材料がないからです。』

現在はどうかといいますと、結論としては、やはり売り材料はまだないので買い方針で進めていきたいと考えています。

理由としては、黒線と黒○で示していますが、直近の安値の黒線を黒○のようにまだ割り込んではいないからなんですね。

但し、懸念材料はあります。

それは、赤○で囲んでいますが、

  • 10/16の足は下から2番目の節目のラインで抑えられ、
  • 10/17の足は節目のラインは上抜きましたが、112.50円レベルで抑えられ、
  • 本日は、あくまでも現状ですがまた節目のラインで抑えられている。

この3つです。

では、なぜ売らないのか?という疑問が湧くかと思いますが、
その理由としては、

  • 確かに高値は切り下がってきているが、直近の安値をまだ割り込んではいないのと、
  • 仮に割り込んだとしても、その下には何度もサポートとレジスタンスを繰り返してきた節目があるから、

の2つになります。

もちろん、相場ですから今後どうなるのかなんて分かりません。

したがって、私は「こうなるであろうからこうする」ではなく、「こうなったからこうする」といった優位性のある取引をしているだけなんですね。

もちろん、これでダメなら早めに損切りをして次に切り替えるだけであります。

「損切りをいかに避けるか」なんて無駄なことは全く考えておらず、あくまでも優位性のある取引を目指して、それでダメなら損失を小さく抑えて次に行くだけであります。

ということで、これは前々回に書いたことですが、

最終的には、一番下のライン辺りをしっかりと割り込まない限りは買い方針で進めたいです。

のままであります。

なお余談ではありますが、下記を見てください。

USDJPY_20171018_2.jpg

フィボナッチで見てみると38.2%ラインと一番下の節目はほぼ一致しますので、これがどのように効いてくるかは今後の動きに注目したいところです。

ドル円レート推移(相場観)【2017年10月11日(水)】

  • 投稿日:

こんにちは、よろしくお願いいたします。

ドル円ですが、またレンジ相場となっていますね。

このレンジ相場、ドル円ではよく見られる現象ですが、今後のトレードのポイントとしては、どこを見て行けばいいのでしょうか。

それでは、ポイントとなるところを一緒に確認していきましょう。

まずは、チャートを見てみます。

USDJPY_20171011.jpg

これは、ドル円の日足チャートです。

こうやって見ると、9月に107.50円レベルの安値をつけてから反転上昇し、直近では113.50円レベルの高値をつけました。

その意味で、前回書いたように赤線レベルを上抜いたので、上昇傾向はまだ継続として見ています。

但し、赤線の上値ブレイク後に失速して、サポートレベルまで下げていることについてはダマシと見たほうがいいですね。

さて、ここ最近の動きの特徴としては、赤○で囲んでいるようにレンジ相場(もしくは、ボックス相場)といって、ある一定の価格帯の間で上下変動を繰り返しているのが見られます。

実は前回、このレンジの上限に赤線を引いてレジスタンスと見ていたのですが、結局その後も上下変動が継続したことからレンジ相場と見るようにしました。

ということで、このレンジ相場でどのようにトレードしていくのか、ということですが、個人的には前回同様に買い方針で進めて行きたいと考えています。

理由としては、上昇を継続し高値も更新していますので、売る材料がないからです。

仮に、レンジの幅がそれなりにあって中期的に上下を繰り返しているのならレンジ上限レベルからの戻り売りを仕掛けるのはありかもしれませんが、現状のようにレンジの値幅もほとんどない状況では安易な売りは火傷のもとですので行いません。

以上により、レンジ相場ではありますが、売りは行わずに買い方針継続で進めたいところです。

青○のヒゲをどう見るか
赤○の中に小さく青○が2つありますが、これはレンジをヒゲレベルで飛び抜けたダマシの動きと見ています。
このようなことは相場ではよくあることで、レンジ相場でもよくあります。
したがって、ダマシはダマシとして損切りを早く行えば対応は十分可能ですので、それを実行するのみです。

ドル円レート推移(相場観)【2017年10月4日(水)】

  • 投稿日:

こんにちは、よろしくお願いいたします。

ドル円ですが、先週今週と頭が重たくなってきていますね。

このまま失速して下落の方向へ向かってしまうのか。それとも、下値で支えられて再度上昇を開始していくのか。今後のトレードのポイントとなるところを一緒に確認していきましょう。

USDJPY_20171004.jpg

これは、ドル円チャートの日足です。

日足ということは、1本のローソク足が一日の値動きを表しています。

こうやってチャートを見てみると、上下を繰り返しながらも高値安値を切り上げながら上昇を継続していますね。

ただ、赤線でも引いているように先週も今週もこの赤線のレベルで何度も抑えられてしまっています。

このように高値が抑えられている状況のことを「頭が抑えられる」といった表現をしたりしますが、まさに今がそうですね。

特に上ヒゲを伸ばして抑えられていますので、赤線レベルのレジスタンス(=抵抗線)はしっかりとした売り圧力となっているようです。

今後については、まずこの赤線のレジスタンスをどのように捉えていくかが重要なのですが、ひとつめが、この赤線レベルをしっかりと上抜いて行けなければ下に行くしかないということです。

前回も触れましたが、相場は上に行けなければ下に行くしかないのです。

そして、ふたつめはこの赤線のレジスタンスをしっかりと上抜いてブレイクできれば、それだけの売り圧力を吸収してのブレイクとなるため、更なる上昇の確率は上がることになります。

では、トレード的にはどうしたらいいのでしょうか。

それは、高値安値を切り上げながら上昇を継続している以上、買い方針で進めたいところですね。

上昇途中での安易な売りはしたくないです。

ということで、押し目があれば買っていきたいです。
例えば、赤○を2つ示しましたが、ここはサポート(=支持線)として見ることができますので、このレベルで支えられていれば買っていきたいです。

最終的には、一番下のライン辺りをしっかりと割り込まない限りは買い方針で進めたいです。

なお、赤線をしっかりと超えていければ一番上のラインが目標値として浮上してもいいですね。

さて、どうなるでしょうか。

ドル円レート推移(相場観)【2017年9月27日(水)】

  • 投稿日:

こんにちは、よろしくお願いいたします。

これまでドル円は上昇を継続していましたが、先週後半より一服感が出てきました。

このまま失速してしまうのか、それとも再度上昇を開始していくのか。今後のトレードのポイントとなるところを一緒に確認していきましょう。

まず、チャートを確認しましょう。

USDJPY_20170927.jpg

これはドル円の日足です。
日足ということは、ローソク足1本が一日分の動きとなります。

チャートを見ると、ドル円は107.50円レベルから上昇を開始し、その後、赤○で囲んでいるように、112.50円レベルまで到達したところで、何度も上値が抑えられています。

これは「頭が重たい」といってレジスタンス(抵抗線)が効いて壁ができている状況で、この112.50円レベルをしっかりと上抜かない限りは下に行くしかなくなってしまいます。

■これ大事
当たり前の話ですが、相場も上に行けなければ下に行くしかなく、反対に、下に行けなければ上に行くしかないのです。これを当たり前と思わずにどのようにトレードに活かしていくかが重要です。

なお、上値は112.50円レベルで抑えられていますが、赤線で引いたように、下値も111.50円レベルで2日間しっかりと支えられていますので、まずはここのレベルを割り込まないで行けるかが目先の勝負ですね。

相場の流れは上昇であります。
ということは、日足レベルでは売りではなく、買い方針で進めるべきなので、あとはどこで買っていくのかが大切です。

むやみに何となく買っていてはダメです。

ポイントとしては、赤線の手前や、その下の二本のライン(節目)の手前あたりは仕掛けしやすいかと思います。
※節目を使うということです。

最後に、112.50円レベルをしっかり上抜いていければ、目標値としての115円はありだと思います。

ドル円レート推移(相場観)【2017年9月21日(木)】

  • 投稿日:

こんにちは、よろしくお願いいたします。

先週より継続していたドル高の流れですが、ドル高から円安の流れとなって上昇しています。

同じドル円の上昇でもドル高から、円安で上昇しているんですね。

では、今後のトレードのポイントとなるところを一緒に確認していきましょう。

まずは、チャートを確認します。

USDJPY_20170921.jpg

これは、ドル円の日足チャートです。

2本のラインを引いていますが、前回引いているのと同じラインになります。

先週末より、突然衆議院の解散のニュースが入ってきたことにより、全面円安の流れとなっています。

これまでのドル円の売買方針としては、2本のラインを上抜かない限りは売り方針継続で行くとしていましたが、結局、円安の流れでドル円も上昇し、先週末金曜日に上のラインを上抜きました。

これで、売り方針はなくなって、買い方針に転換となりました。

買い方針に転換後の今週月曜日からは、赤○で囲んでいるように、これまでのレジスタンスラインがサポートラインに転化して、3日間しっかりと支えられて112.50円を達成しています。

すでに買い転換してから150pips以上上昇していますので、仮に、売り方針から損切りとなってしまっていても、十分利益となっていますね。

※損失を抑えてそれ以上に利益を取る。それがトレードでは非常に重要です。

さて、今後ですが、
すでに、これまでのレジスタンスがサポートに転化していることが分かりますので、少なくとも、上のラインを割り込まない限りは買い方針継続で行きます。

余裕を持てば、下のラインをしっかりと割り込まない限りは買い方針継続で進めたいところです。

押し目があれば拾っていきたいですね。

ドル円レート推移(相場観)【2017年9月14日(木)】

  • 投稿日:

こんにちは、よろしくお願いいたします。

先週までは、ドル安の流れとなっていましたが、
今週は一転してドル高となっています。

気になるのは今後ですが、
今後のトレードのポイントとなるところを
一緒に確認していきましょう。

まずは、チャートを確認します。

USDJPY_20170914.jpg

これは、ドル円の日足です。

前回は107.50円レベルの安値をつけたことで、
高値安値が切り下がりが継続していることから、
売り方針もそのまま継続としていました。

その後、今週に入って相場はドル高の流れとなって、
ドル円も上昇を続けていますね。

では、もう買いに転じたのでしょうか。

私個人としては、まだ売り継続で進めています。

その理由としては、
青○で示した直近高値がありますが、
この青○をまだ上抜いていないからです。

赤○を見てください。

反転上昇はしていますが、
直近高値レベルのラインを昨日も、
本日も現在のところ上抜いていません。

むしろ、綺麗に同値レベルで叩かれているといった感じです。

直近高値が越えられないということは、
そこにある売り圧力を吸収できていないことに
なりますので、ここまでは単なる戻りの範囲内と
見ることができます。

私は相場を予想しません(予想できません)ので、
今後のことはどうなるか分かりませんが、
少なくとも2本引いているラインのうち、
下のライン(直近高値レベル)をしっかりと
上抜かない限りは売り方針は継続のままです。

それどころか、絶好の売り場としてみています。

仮にここで売ったとして、その後上値ブレイクしたら、
その時は早めに損切ればいいだけです。

越えない限りは売る。
しっかり超えてきたら損切る。
これが相場観です。

なお、個人的には上のラインまでは売り方針で
見てみたいと思っています。

ということで、
相場はどうなるでしょうか。

ドル円レート推移(相場観)【2017年9月8日(金)】

  • 投稿日:

こんにちは、よろしくお願いいたします。

それでは早速ですが、ドル円の相場を見て行きましょう。


まずは、チャートを確認します。

USDJPY_20170908.jpg

これは、ドル円の日足です。

ドル円は8月上旬より約3週間にわたって横ばいのレンジ相場となっていました。

これだけ上も下もしっかりと節目を形成していれば、基本的にはブレイクを狙っていくのは自然ですね。

そのような中、8月下旬に一度、ヒゲレベルでレンジ下限を下にブレイクする場面がありました。

これについてはダマシの動きでありましたが、結局、その後は値段を戻しても、直近の高値であるレンジ上限の111.00円レベルを上抜けず、しかもその手前で失速して下落していきました。

その上で、先日になって赤○のように再度レンジ下限を割り込んできましたので、これで勝負ありです。

これまでずっと売り方針で進めてきましたが、その流れは変わらず現在も売り継続で進めています。

※安くなっているから買うということはしません。

次は今後ですが、売り方針はそのまま継続です。

高値安値ともに切り下げながら下落していますので、戻りがあれば、レンジ上限をブレイクしない限りは売り込んで行きたいですね。

なお、下値目標値はフィボナッチで見ると倍返しで106.30円レベルです。

※これは106.30円まで下落するということではありません。

また、38.2%も23.6%もそれなりの節目となっていますので、そこも意識していきたいですね。

ドル円相場観_2017.8.29:相場は突然動き出す・・でも流れは変わらず・・

  • 投稿日:

こんにちは、黒田です、、
よろしくお願いいたします、、

今朝、北朝鮮のミサイルのニュースが
飛び込んできて、
為替は全面円高となりました、、

ということで、チャートを見てみましょう、、

USDJPY_20170829.jpg

これは、ドル円の日足です、、

ドル円はこれまで200pips超えのレンジ相場となって
横ばいで推移していました、、

そんな中、今朝の北朝鮮のミサイルが
北海道上空を通過していったとのニュースで
為替は全面円高となりました、、

個人投資家の中には、
日本上空を脅かしたのに何で円が買われるんだ!
と思っている方もいるかと思います、、

日本が危ないので円が売られて円安になるのが
普通だろ!と、考えていることと思います、、

でも、これが相場なんですね、、
いい情報だから買われる、とか、
悪い情報だから売られる、という単純なことでは
ないのであります、、

では、トレードはどうしたらいいのかというと、
それは流れについていくだけなんですね、、

相場を予想してトレードしようとするから辛くなるんです、、

そもそも予想なんてできないことをしないで、
流れについていくだけで、利食いと損切りを繰り返しながら、
トータルでプラスにしていくのがトレードです、、

ということで、
レンジ相場であったドル円ですが、
理由はどうであれレンジが下にブレイクしてきましたので、
大きな流れの売り方針は変わらずであります、、

今後は、これまで同様に、
戻りがあっても、そのまま下に行っても
売り方針で進めます、、

なお、戻りはレンジ上限位までは十分売り込んで行きたい
レベルです、、

下値目標値は倍返しとして、106.50円レベルでしょうか、、

ドル円相場観_2017.8.23:しっかり下落した後はいつものあれになっているので・・

  • 投稿日:

こんにちは、黒田です、、
よろしくお願いいたします、、

さて、ドル円ですが、
下落後のレンジ相場となっていますね、、

それでは、チャートを見ながら
ポイントを確認していきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします、、

まずはチャートからです、、

USDJPY_20170823.jpg

これは、ドル円の日足です、、

前から何度も申し上げているように、
下落相場が継続して、左側の赤○である
直近安値レベルまで達成しました、、

その後は、青○レベルのレジスタンスの節目まで
戻りとなりましたが、何度も抑えられる形で
強固なレジスタンスとして捉えることができますね、、

上に行けない相場は下に行くしかないので、
その後は再度下値を狙う展開となっていますが、
結局、右側の赤○のように
何度も支えられる形でサポートされています、、

このように、一カ月間にわたる下落で
直近安値レベルまでの下落を達成し、
その後はドル円特有のレンジ相場となっています、、

※週足レベルでは500pipsレベルのレンジとなっています、、

なお、レンジを見ると
200pips以上の値幅がありますので、
時間足レベルで100pips程度を狙うシナリオであれば、
トレードは可能かと思います、、

また、日足レベルでもっと大きく狙うということであれば、
逆張り後のレンジブレイクを狙ったほうが
トレードはしやすいかと思います、、

レンジが下にブレイクした場合には、
さらに下を見ていきます、、

今後の相場が上がるか下がるかは分からない話です、、

したがって、リスク管理を行いながら、
狙える利益は膨らましていく、、

相場はコントロールできませんが、
リスクはコントロールできますので、
相場で勝つにはそれが一番と思うのであります、、

ドル円相場観_2017.8.9:ドル円はいつものアレになっているけど方針は変わらず・・

  • 投稿日:

こんにちは、黒田です、、
よろしくお願いいたします、、

相場は全体的に円が強くなっている印象がありますが、
ドル円はどうなのでしょうか、、

今後のポイントを一緒に見て行きたいと思います、、

まずはチャートを見てみましょう、、

USDJPY_20170809.jpg

これはドル円の日足です、、

ここしばらくはずっと売り方針で進めていますが、
最近の動向を見るとどうなのでしょうか、、

赤○で囲んでいるように、
先月末よりレンジ相場となっていますね、、

ドル円の得意技ですね、、

本日は、わずかながらレンジ下限を割り込む場面が
ありましたが、レンジブレイクという動きではないですね、、

それだけに、レンジ下限のサポートもしっかりと
している感じがします、、

こういったレンジ相場の場合、
レンジ内は逆張りで攻めていくのが教科書的な方法です、、

でも、このレンジを見る限りでは
値幅が100pipsちょっとしかないので、
レンジ内で逆張りは30pips程度の利食いを
目指す以外は止めときたいですね、、

それでは何をするのか、、

それはやっぱり戻り売りです、、
下落相場であることは変わりはありませんので、
買うという選択をするよりも
売り方針で進めていく相場ですね、、

あとはどこで売って行くか、ということになりますが、
まずはレンジ上限レベル、、
次は112.20円レベル、、
その次は一番上のラインレベル、、

ピッタリではなく、
目安として見て売り込んで行きたいですね、、

もちろん、エントリーしてダメなら自身のリスクが
取れる範囲内で損切るだけです、、

相場を予想して、
そうなるまで待つわけではありませんので、
優位性のある取引をするだけです、、

それでトータルでプラスにしていくだけです、、