為替市場、株式市場は総崩れ&横浜セミナーについて

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

本記事をご覧頂き有難うございます。


★大好評、「間もなく締切」のFXトレーダーセミナー★
----------------------------------------------

【7時間FXトレーダー養成セミナー】

↓↓詳細はこちら↓↓

【7時間FXトレーダー養成セミナー】

----------------------------------------------

また、9/28にFXオプション取引のセミナーも
募集開始となりました。

※少人数の為、締切が早くなることがありますので
 お早めに!

↓↓詳細はこちら

【はじめてのFXオプションマスタセミナー】

----------------------------------------------

■ここ最近の動きは・・・

ジャクソンホールでのパウエルFRB議長の
講演を控えて、

狭いレンジでの取引が中心でした。

しかし、週末のハト派とみられる「適切に対応」との発言や
米中対立激化を受けて一気に値を下げる展開となりました。


また、株式市場もこの対立激化を受けて総崩れになり、
リスク回避の円買いが優勢となり、

105円前半まで値を崩す格好となりました。

■さて、再び米中対立の激しさが増してきました。

週末の中国からの追加報復関税を発表したことを
受けて、

トランプ大統領も対中関税の新たな引き上げ
カードや米企業に対する中国からの
事業撤退も要求し始めました。


事態の深刻さが深まるばかりの展開となっています。


もはや、米中問題は通商・通貨に留まらず、
すべてにおいて排除し、貿易戦争状態に
入ったのではないかとみています。

■となれば、この先の展開は世界的にも
景気低迷は避けられず、

世界的な規模でのリセッションになることは
濃厚になるのではないかとみています。


そうなればまず、株式市場も総崩れになることは目に見え

週末のNYダウも一時700ドル以上の値下げとなり、
節目である25,000ドルを下抜ける可能性も出てきました。

そのことを横目に日経平均株価も20,000円の
大台を割り込む可能性もでてきました。

■「米中戦争」→「世界的なリセッション」→「株売り」

→「金融緩和・財政出動」→「金利低下」

→「リスク回避」→「円買い」

といった流れになる可能性が高く、


すでに資源国や新興諸国においては利下げを行っております。


特にアルゼンチンやアフリカ諸国においてはデフォルトの
可能性も高まり、世界的にも景気低迷
の警鐘が鳴り始めています。

★大好評、「間もなく締切」のFXトレーダーセミナー★
----------------------------------------------

【7時間FXトレーダー養成セミナー】

↓↓詳細はこちら↓↓

【7時間FXトレーダー養成セミナー】

----------------------------------------------

また、9/28にFXオプション取引のセミナーも
募集開始となりました。

※少人数の為、締切が早くなることがありますので
 お早めに!

↓↓詳細はこちら

【はじめてのFXオプションマスタセミナー】

----------------------------------------------

■今週以降もこの戦争状態に突入した米中問題をはじめ

日本においても韓国との対立、そして日米通商協議の行方を
背景にマイナス材料が秋に向けて更に
色濃く出る可能性がありそうです。

そのほかの材料とすると以下のことに注目したいです。

・29日...米4-6月期実質国内総生産(GDP)

・30日...米7月個人消費支出(PCE)価格指数


上記の結果がネガティブサプライズとなった場合には、
9月のFOMCで0.25%以上の利下げを織り込む
可能性もあるので、

ドル円にとっては下抜け材料となるので警戒したいです。


■最後にドル円のテクニカルです。

日足チャートをみれば106円後半の重さ、
そして週末の大陰線となったことで、

再度売り圧力が強まった印象です。

直近安値105.05円はほぼ視野に入ったことで、
下抜けした場合には今年1月の安値104.55円が
目標(終値ベース)になりますが、

敢えて決め打ちせず積極的に
戻り売り優勢の展開が続きそうです。

★大好評、「間もなく締切」のFXトレーダーセミナー★
----------------------------------------------

【7時間FXトレーダー養成セミナー】

↓↓詳細はこちら↓↓

【7時間FXトレーダー養成セミナー】

----------------------------------------------

また、9/28にFXオプション取引のセミナーも
募集開始となりました。

※少人数の為、締切が早くなることがありますので
 お早めに!

↓↓詳細はこちら

【はじめてのFXオプションマスタセミナー】

----------------------------------------------

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************