FOMCの利下げ幅とパウエル議長のコメント&大阪(横浜)セミナー

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

本記事をご覧頂き有難うございます。


★2年振りに大阪でFXとFXオプションセミナーを開催!★
----------------------------------------------------------------

●8/24:【大阪会場セミナー詳細】
↓↓詳細はこちら↓↓

大阪、横浜会場セミナーについて


上記ページには【横浜会場の詳細】も記載しています(8/31)

----------------------------------------------------------------

■先週は、今週のFOMCにおいて利下げ幅の縮小、
0.5%ではなく0.25%の可能性が高まったことを背景に、

米国の債務上限の適用停止が合意したこと、

更に米中通商協議が再開したことで過度な
リスク回避が抑制され、
107円台から108円台に上昇しました。


■さて、今週は以下のことに注目したいと考えています。

・FOMCの利下げ幅やその後のパウエル議長のコメント

・米雇用統計

■まず、市場が注目していたFOMCが
いよいよ今週30日-31日に開催されます。

すでにIMMの金利先物での7月会合での0.50%の確率は
大幅に低下したことで、

0.25%の「予防的措置」という利下げに
なるのではないかとみています。

もし、この0.25%を覆す0.5%の利下げが行われれば、
ネガティブサプライズになることは確実だとみています。

その場合はドル売りが優勢の展開になるので
警戒したいです。

その他、注目のポイントは、
その後のパウエル議長によるコメントです。


次回9月以降の追加利下げの行方です。

直近(6月)の雇用統計や小売売上高、PPI、CPIが
軒並み予想を上回り、

先週末の米4-6GDPが若干下がったものの、
それほど悲観数字でもないことが判明しました。

その結果を受けて株価は堅調に推移しています。


■しかし、気がかりなのが米製造業の景気指数です。


ISM製造業景況指数においては、米中関税の影響を
受けているせいなのか、

分岐点である50ポイントスレスレの水準に
落ち込んでいます。

更に米国の投資や準貿易が1-3月期から悪化して
マイナスに転じているところが気がかりです。

その意味では9月の追加利下げも可能性としては
残っているのではないかとみています。

★2年振りに大阪でFXとFXオプションセミナーを開催!★
----------------------------------------------------------------

●8/24:【大阪会場セミナー詳細】
↓↓詳細はこちら↓↓

大阪、横浜会場セミナーについて


上記ページには【横浜会場の詳細】も記載しています(8/31)

----------------------------------------------------------------


■そのカギを握るのが次の米雇用統計になります。

前回6月の雇用統計においては5月分の発表を
完全に払拭する結果となりました。

20万人を超えたことで米景気は依然として
完全雇用を示した格好になっています。


しかし、現在の結果はこのまま続くこともなく、
むしろ再開された米中通商協議の行方が
気になるところです。

もし追加関税が課せられればその影響は必ず
大きく跳ね返ってきます。

トランプ大統領の狙いとするところは、
来年の大統領選までには何らかのカタチは
残したい思惑とみています。

勿論、日米通商交渉においても同様のことが言えます。


先週まで事務レベルで交渉していた
日米通商交渉ですが、

結果的にはお互いの隔たりが大きく、
先送りになっているもののその溝の深さは
露呈したとみています。


この後の日米首脳会談も8月ないし9月に
なるのではないかとみています。

その際に気を付けたいのがやはり「為替条項」です。
中国や欧州にはすでに牽制しているものの、

日本も同様に注目対象なだけに、
今後のヘッドラインにも注目です。

■最後に、ドル円のテクニカル面です。

日足チャートをみると先週は完全に戻り相場になり、
結果的にレンジ相場になってしまいました。

移動平均50日線は突破したものの、水平線でみると
109円が強い抵抗線になるのではないかとみています。

109円台で積極的に売りを仕掛けくる
建玉も多くなりそうです。

よろしくお願いいたします。

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************