日米通商協議のポイント、テクニカル面での注意点

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

本記事をご覧頂き有難うございます。

-------------------------------------------
☆☆売買手法、インディケーター、フォロー動画もみれるお得な
【FXエキスパートプログラム】とは?


詳細はコチラ
↓↓

「FXエキスパートプログラム」

-------------------------------------------

■先週は、IMFが世界経済成長見通しを下方修正
したことを受けて、株安円買いが優勢になり

一時、110.84円まで下落する場面がありました。

しかし、FRBの利上げ観測後退や生産者物価指数を
はじめとした米国の経済指標が

好調だったことを背景に、これまでのレンジ上限を
突破し一時112.09円まで上昇し、
終値ベースでも112円をキープして終了しています。

■さて、今週は何と言っても注目したいのが
「日米通商協議」です。

昨年からの協議再開となるわけですが、
ポイントは二つ、

「円安けん制」と「自動車関税」が焦点になります。


既に米国が財務省に提出する為替報告書では

監視対象国に指定されていることもあり、

更に貿易赤字の額を見ても明白であり、
名目レートと比較しても10%以上は
円安であるといっています。


更にその赤字の大半が自動車ともなれば
見逃すわけも無く、

何らかの形でけん制もしくは条項の中に組み込まれる
可能性が濃厚だとみています。

その意味でも今週のヘッドラインには警戒したいです。

■次に、ブレクジットをはじめ米欧間での
貿易摩擦問題と欧州経済が
不透明になっているのはご存知のとおりです。


しかし、一番興味を引いているのが
IMM通貨先物市場でユーロの売り持ち高が
2016年12月以来で最大のとなっていることです。


現状としては明らかに経済状況を見れば下げると
予想するのが妥当ですが、

しかしこの極端にユーロの売りが多いとなると
どこかの段階で「巻き戻し」が行われる可能性が高く、
溜まっていたものが一気に爆発する瞬間が
どこかで起きるとみています。

それ故にこのユーロ先物のポジション状況から
流れが変わる可能性もあるので警戒したいです。

■次の注目点は、17日のベージュブックにです。

米国の経済状況と物価動向が横ばいとなれば
現状のFRBの忍耐強く待つスタンスが

正当化されることで、

利下げ期待が遠のく可能性もあります。

その意味でも注意深くこの報告を
みていきたいと考えています。

■最後にドル円のテクニカルです。

先週の週初めから3日間の下げをこの週末に
かけてあっさりと上抜いてくるパワーをみると

買いたくなるのが通常だと思います。

その意味では昨年10月の高値である114円を
目指して買い推奨するのが妥当だと思います。


しかし、これまでもここの記事に書きましたが、

少なくても今年はじめのフラッシュクラッシュの
安値104.97円は最終的に下抜いてくると
見ているので、そろそろ売りも
最終準備段階に入りつつあります。

日足ベースでは昨年10月高値と11月高値の結んだ
レジスタンスラインの延長線上が

112円後半にあるので、そのあたりで思い切って
「売り」を仕掛けてくる動きにも警戒です。

-------------------------------------------
☆☆売買手法、インディケーター、フォロー動画もみれるお得な
【FXエキスパートプログラム】とは?


詳細はコチラ
↓↓

「FXエキスパートプログラム」

-------------------------------------------

来週もよろしくお願いいたします。

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************