■ドイツ景気の下方修正も「リスク回避」を呼び起こし「下降トレンド」へ?

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

本記事をご覧頂き有難うございます。

-------------------------------------------
☆☆売買手法、インディケーター、フォロー動画もみれるお得な
【FXエキスパートプログラム】とは?


詳細はコチラ
↓↓

「FXエキスパートプログラム」

-------------------------------------------

■注目されていたFOMCは、当初の予想通り
FF金利を据え置き、

更に今年の利上げ回数を2回からゼロに
引き下げました。

また、保有資産の縮小に関しても一旦、
今年9月に停止することを表明しました。


そのことで米債券市場では利回りが
一気に急降下し、

ドル売りが優勢の展開になりました。

また、週末の株式市場においては
ドイツの製造業PMIが大幅に下回ったことを
きっかけに

世界景気減速懸念が台頭し、株売りからの
リスク回避の円買いとなり、
大台である110円を割り込む格好となりました。

■ドル円が大台の110円が割れたことで
予想外の展開と思っている方も
少なくはないと思います。

先週もここで記事として書きましたが、

大方の予想では「押し目買い」の見通しが
あっただけに要警戒していましたが、
ついに現実のものとなりました。


■さて、今週は中期トレンドやファンダメンタル、
シナリオを大幅に変更する必要が
あるのではないかと考えています。


特に週末のドイツのPMIや米国のPMIが
大幅に予想を下回ったことで、

わが国の景気の下方修正を含め、
世界の大国における第一四半期の

経済成長は抑制された格好となります。


つまり、世界景気減速の台頭に
なったとみています。


■それ故に、今後は「リスク選好」ではなく
「リスク回避」を軸に相場見通しを
考えなくてはならないと思います。


既に週末の米国の債券市場では
12年ぶりに長短利回りの逆転現象になりました。

このことで最低でも1年から2年は
リセッションに突入した
可能性が高いと判断しています。


■このことを受けてFRBやECBのスタンスは
よりハト派にならざるを得ないのが現状です。

勿論日銀においても同様のスタンスを
とると思います。

しかし、日本においては先日から警戒
されていますが、

これからの日米通商交渉において「為替」を
けん制してくる可能性があることと、

これ以上の緩和スタンスを行うことでの
国内の金融機関への副作用もそれなり
でる可能性があるので容易に
出来ないのが頭悩ますところです。


米国やユーロ圏においては緩和スタンスが
とりやすいものの、

日本においては別物だとみています。

となれば必然的に日本円は買われやすい
環境になるのではないかとみています。


■今週は、週末の米国の個人消費支出や
住宅関連の指標に注目です。


更に英国のEU離脱に関してのヘッドライン、
特に英議会においての合意離脱協定案が
否決される可能性もあるので
その辺りにも警戒したいです。


■最後に、ドル円のテクニカルです。

日足チャートで週末にこれだけの陰線を
引いてくると、

単に買いきれないのが本音です。


ポイントは109円台をキープできるかどうかです。

ここを抜けると中期的には107.50円までの
見通しありえるので、

安易に押し目買いだけは気をつけたいです。

日本の10連休や世界経済の情勢を
踏まえると意外と

早い段階で手仕舞いもありえるので
再度、株価の動向は注視したいです。

-------------------------------------------
☆☆売買手法、インディケーター、フォロー動画もみれるお得な
【FXエキスパートプログラム】とは?


詳細はコチラ
↓↓

「FXエキスパートプログラム」

-------------------------------------------

来週もよろしくお願いいたします。

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************