世界的景気減速のギアが一段階上がる可能性も

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

本記事をご覧頂き有難うございます。

-------------------------------------------
☆☆売買手法、インディケーター、フォロー動画もみれるお得な
【FXエキスパートプログラム】とは?


詳細はコチラ
↓↓

「FXエキスパートプログラム」

-------------------------------------------

■先週は、米中通商協議進展が期待される中、

トランプ大統領も前向きな発言があったことで
一時、112円台に突入する場面がありました。

しかし、ECB理事会会合でユーロ圏の成長見通しを
大幅に下方修正したことや

対日貿易赤字に不満を表明したこと、そして

週末のネガティブサプライズとなった
米非農業部門雇用者数をうけて
110円台後半に突入しました。


何とか週末の買戻しもあり111円台は
キープしたものの後味の悪い週末となりました。

■さて、これまで好調をキープしていた
米雇用市場ですが、

2017年9月以来の小幅な伸びにとどまりました。

市場予想と大幅な乖離だっただけに
ネガティブサプライズで週末の急落は
理解できる気がします。

しかし、この1回だけで全てを判断するのは
時期尚早だとも思えます。

1月の反動という見方も出来ますが、少なくても
今後は今まで以上に主要な経済指標の
動向や世界的な景気減速に対する懸念は
一段階ギアが上がった気がします。


特に今月の19-20日に開催するFOMCを前に
以下の経済指標に注目しています。

・11日(月)小売売上高
・12日(火)消費者物価指数(CPI)
・15日(金)鉱工業生産


■週初めからの小売売上高になります。

先月の発表で既にネガティブサプライズに
なっているだけに注目になります。

2009年9月以来の大幅減少で警戒が必要です。

既に予想ではマイナス0.1%と出ていますが、
もし2ヶ月連続でマイナスになるようであれば、
景気減速と判断され先週の雇用統計を
助長する材料になりやすいです。

■その翌日に発表する消費者物価指数で
インフレ状況に確認することになります。

こちらも上記同様に予想値を下回ることになれば、
来週に開催するFOMCに大きなインパクトを
与えることになります。

利上げサイクル見直しを囁かれている中では、
敏感に反応する材料になります。

■最後に、週末の鉱工業生産になります。

こちらも前回がマイナス圏に落ち込んだだけに
要警戒になりそうです。

米国の景況感を探る上では重要な指標になります。


■今週は米国の指標に焦点を当てたトレードに
なると思いますが、

既にテクニカルでは売りサインが出ていました。

先週の5日の高値(112.12円)は1日の高値を
更新下にもかかわらず、

RSI(相対力指数)は
下がっていました。つまり逆行現象(ダイバージェンス)に
なっていたことで、売られやすい地合い
だったことになります。


■テクニカルの売りサインと世界経済の成長減速、
ユーロ圏やカナダといったところの主要の
中央銀行が金融政策の変更は「売りシグナル」へ
の警鐘のようにも見えます。

これまで米中通商協議進展といった材料に
買い方も材料としては新鮮味にかける気がします。

既に報道でも出ていますが米中通商協議は
4月にずれ込む見通しも出ているだけに、
今度は疑心に変わる可能性もあるので
安易な押し目買いだけには注意したいです。

■これまで米国ファーストでトランプドリームを
描いてきた相場も潮目を迎える時期に
差し掛かりそうです。

少なくても米国政府内でも混乱する材料が
目白押しであり、

世界を見渡せば景気減速となっているだけに、
これまでグローバリゼーションと
土台に世界経済も成長してきました。

そんな世界経済は米国の政策に嫌気が
差してきたのと同時に地政学リスクも
北朝鮮をはじめ出始めているので、

本当の意味で発想を切り替える
時期だと思っています。

■最後に、ドル円のテクニカルです。

テクニカルでは上述したように一旦、
天井をつけた可能性があります。週間足ベースでも
200週移動平均線を超えられなかったこともあり、

日足ベースではあっさりと

200日移動平均線を下抜けてしまいました。

目先は110円をキープできるかに注目したいです。

2月27日安値(110.37円)を下抜けるようであれば、
意外とあっさり110円を抜けるのではないかと
思っています。

-------------------------------------------
☆☆売買手法、インディケーター、フォロー動画もみれるお得な
【FXエキスパートプログラム】とは?


詳細はコチラ
↓↓

「FXエキスパートプログラム」

-------------------------------------------

来週もよろしくお願いいたします。

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************