■ドル円見通しを解く4つのポイントとは?

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

本記事をご覧頂き有難うございます。

-------------------------------------------
☆☆売買手法、インディケーター、フォロー動画もみれるお得な
【FXエキスパートプログラム】とは?


詳細はコチラ
↓↓

「FXエキスパートプログラム」

-------------------------------------------

■先週は、110円前半での本邦機関投資家のドル買いや

米中の閣僚級貿易協議で新たな進展がみられたことで

リスク選好の展開となりました。

一時110.95円まで上昇し、110.80円レベルで引けています。


■今週は以下のポイントに注目しています。


【逆イールドとなった米国債の動向】

タイトルのとおり既にメディアやニュース等で
ご存知の方が多いかと思いますが、

米国債の金利動向が注目されています。

長短金利の逆転現象が起きると景気減速と
いったことが過去において起きています。

先週末はこの逆イールドは一旦、
解消されているものの

世界的な景気減速懸念は未だに解消されていない
こともあり、

更には最近において米国の「利下げ」が
話題になるくらいです。


既に米金利先物市場では年内の利下げ確立が
70%近い状況になっていることも
気がかりな材料です。

今週もこの動きには警戒しています。


【トランプ大統領やクドロー国家経済会議委員長がFRBにけん制】

先週末にツイッター上でFRBの政策スタンスは
間違いであることを再度、

けん制しました。少なくても0.5%利下げをすることや
保有資産の圧縮の時期においても

全てタイミングがおかしいなどと
過激な発言をしています。

また、CNBCのインタビューでクドロー委員長も
トランプ大統領の併せるように

現状の利上げは行き過ぎを主張し、更には

利下げをすることを望んでいることも発言
していることも

FOMCに圧迫させる材料になっているように感じます。

今後、このようなけん制発言があることで
ドルの上値は抑えられる可能性があるので、
引き続き警戒したい材料です。

【ブレ出した米経済指標の動向に注目】

先週も米経済指標がブレていることありますが、
今週も引き続き警戒したいです。


特に1日の小売売上高や2日の耐久財受注、
3日のISM非製造業景況指数や週末の雇用統計に注目です。

特に週末の雇用統計においては
ネガティブサプライズとなれば

売り圧力がかかりやすい環境なので
こちらにも警戒です。

【テクニカルチャート面:日足チャートの111円ミドルが大きな抵抗】

日足では110円の大台を一旦回避できたので安心感から
ドル買いが入っています。


タイトルのように200日移動平均線(29日引値:111.44円)、
120日移動平均線(29日引値:111.36円)と
集中しています。

スタンスとしては111円台では指値売り、
110円より下で逆指値の売りで待ちたいです。

-------------------------------------------
☆☆売買手法、インディケーター、フォロー動画もみれるお得な
【FXエキスパートプログラム】とは?


詳細はコチラ
↓↓

「FXエキスパートプログラム」

-------------------------------------------

来週もよろしくお願いいたします。

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************