ドル円は、好材料と悪材料が入り混じる中で逆張りが有利な状況

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

本記事をご覧頂き有難うございます。

-------------------------------------------
☆☆売買手法、インディケーター、フォロー動画もみれるお得な
【FXエキスパートプログラム】とは?


詳細はコチラ
↓↓

「FXエキスパートプログラム」

-------------------------------------------

■先週のドル円は・・・

米中通商協議に対する進展期待や
黒田日銀総裁が必要であれば追加緩和を
検討するとの発言をきっかけに

110円台後半まで上昇しました。


しかし、週末はFRBが半期ごとに連邦議会に
提出する金融政策報告書を公表し、

長期にわたって利上げ上昇を停止する可能性が
あることがわかったことで
ドル売りから110円ミドルまで押し戻されました。

■さて、今週は以下の材料でドル円が
伸び悩む展開を予想しています。

~好材料~

・米中閣僚級通商協議は事前の予想通り進展がみられ、
 3月1日の対中制裁関税引き上げ期限が延長される可能性。

・NYダウやナスダックは9週連続の上昇で
 昨年11月以来の高値示現。リスク選好の展開。


~悪材料~

・米国債務上限の適用停止期限が迫る中、
 トランプ大統領が非常事態宣言を出したことで、
 民主党との対立が激化することで協議は
 確実に難航になる恐れ。

・米朝首脳会談が行われる予定で、その結果非核化に
 向けて進展が無い可能性があることから
 地政学リスクが生じる可能性。

・2018年10-12月期のGDP速報値が発表される。
 既に事前予想では下方修正の可能性。
 また、米経済の成長鈍化が予想される中、
 今週はISM製造業景況指数に注目。

■以上のことから材料が多いものの好材料と悪材料が
交差することで、再びレンジの狭い展開が予想されます。


しかし、好材料にも挙げましたが、NY株式市場が

既に9週連続の陽線であることから、
そろそろ大きな調整が入ってもおかしくないと考えています。

それほど経済環境がリスクオンに傾いたわけでもなく、

市場は既に米中通商協議を織り込んで上昇しているのでは
ないかとみています。

つまり、「噂で買って、事実で売る」の相場取引の
常套手段になるのではないかともみています。

今後は、この加熱しきったNY株価の動向を横目に
トレードを行うのが妥当だと考えています。


■最後に、ドル円のテクニカルです。


先週の動きを見てもわかるとおり、レンジが狭いです。

現状は逆張り有利な展開です。

111円を超えた水準での「売り」、

反対に110円台前半で買いを入れる戦略で
今週は望みたいと思います。

-------------------------------------------
☆☆売買手法、インディケーター、フォロー動画もみれるお得な
【FXエキスパートプログラム】とは?


詳細はコチラ
↓↓

「FXエキスパートプログラム」

-------------------------------------------

来週もよろしくお願いいたします。

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************