政治経済、地政学リスクが台頭&IMMも10万枚超え

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

-------------------------------------------

☆好成績!【Tブレイクの成績を上回る!!】

【基礎から売買手法まで】インディケータ、手法動画もみれます!

FXエキスパートプログラムの詳細はこちら 
↓↓
FXエキスパートプログラム

-------------------------------------------

■先週は、世界的株安連鎖からリスク回避が
鮮明になった1週間でした。

特に米財務省が議会に提出する為替政策報告書で

貿易戦争を展開中の中国が名指しで為替操作国に
認定する警戒感が相場へのインパクトは
それなりにあったと思います。


しかし、結果的には前回同様の監視対象国止まりで、
最悪のシナリオからは免れた格好となりました。

ドル円も一時111.63円まで下落したものの、
その後は112円ミドルで終了しています。

■今週は乱高下が継続している株価の動向次第で
ドル円も上下すると予想しています。

その意味では、ドル円の上値は抑制されると
イメージしています。

いよいよ注目されている中間選挙まで
残りわずかとなりました。


様々な予想をメディアは報じていますが、

一番厄介なのは共和党の議席を減らすことで、
ネジレ国会になることです。

特に下院の過半数をとった場合、税金問題や
ロシア疑惑を始め、

利益相反疑惑などさまざまな問題を議論の
中心にさせて、トランプノミクスの進行を
妨げるのは確実です。

となれば、先取りした株価市場の大幅調整は
免れないとみています。

少なくても最近の調整はそのシグナルの
ようにも感じます。

-------------------------------------------

☆好成績!【コツコツとプレミアムを受け取れる!】

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】

-------------------------------------------

■今年の最後は政治や経済、地政学リスクと
いった様々なマイナス要素が具体的且つ集中する
可能性が濃厚になってきたのでは
ないかと感じています。


ここにきて米国とサウジアラビアの関係悪化が
報じられ、今週開催予定の経済投資フォーラムに
参加予定だった米財務省もキャンセルしています。


この意味は時間とともにわかりますが、

少なくてもこの関係悪化は、株価は勿論のこと
多方面に影響を与える可能性がありそうです。


その意味でもリスク回避を改めて認識する
必要がありそうです。

日米ともに代表株価指数もこのレベルで推移すれば

重要なサポートラインの下に位置するため
調整も時間の問題になるのではないかとみています。

その意味では、ドル円も上値が重くなりそうです。


■ユーロ圏でも爆弾材料になっているイタリア問題にも
相場全体的に引きずられる可能性がありそうです。

欧州委員会は、イタリア政府の2019年の予算案を
財政規律違反として拒絶する可能性がでてきました。

もし拒絶となった場合、協議は難航し長期化、

さらには国債の格下げといったシナリオになるので、
この動向にも注視したいです。


■年末にかけては・・・、

政治経済、地政学リスクともに神経質な展開を
想定する必要がありそうです。

特に株式相場の動きを横目にしながらトレードを
することも考える必要があります。

確かに日米金利差を見た場合、明らかに米ドル買い円売り
が常識です。

追加利上げが濃厚なFRBと緩和策解除に否定的な
日銀のスタンスを見れば誰もが
押し目買いといいたいところです。

しかし、そんなに簡単ではないのが相場です。


■IMM日本円先物の売り越しも10万枚を超えており、
更にいえば恐怖指数(VIX指数)も
再上昇し始めています。

つまりそれなりにアラートが上がり始めています。


■最後にドル円のテクニカルです。


日足上では、3月後半の104円台からの
上昇トレンドになっています。

メインであるサポートラインには注意したいです。

もし割れるようなことがあれば、大幅に調整が入ると
みています。

少なくても調整らしい調整がこの7ヶ月間
無かったこともあります。

上値は113.00~113.50円がいっぱいとみているので、

113円からはカウンター狙いの売りで攻めたいです。
下値は決めつけず、むしろ、先週の安値111.63円で
逆指値の売りを仕掛けたいです。

-------------------------------------------

☆好成績!【コツコツとプレミアムを受け取れる!】

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************