ドル円は期待感と不安感が交錯&【新手法の7時間集中セミナー】について

  • 投稿日:

いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

------------------------------------------------
☆☆関東圏では今年最後のFXセミナーです!!☆☆

【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】

詳細はこちら⇒ http://www.trade-press.com/2018/09/10/0907semi/

------------------------------------------------



■先週のドル円は、期待感と不安感がそれぞれ
交差する格好でした。

14年ぶりの高水準となった米ISM製造業景気指数をはじめ
米国とメキシコの2国間協定合意で
一時、111.75円まで上昇しました。


しかし、本国の大型台風直撃や北海道地震や
トランプ大統領による日米貿易戦争懸念から
リスクオフに傾く場面もありました。


■さて、今週のドル円は伸び悩みを感じながら

大台割れも視野に入れる必要があるとみています。

米貿易赤字額が表面化したことで、米中貿易摩擦激化への
思惑が更に強まり、

2000億ドル規模の対中制裁追加関税を行う見通し、

更にその後の追加関税も用意するほどの
強攻策に出る予定のようです。


また、来月の為替報告書でも中国は操作国に
認定する構えです。

その流れの中で日本においても貿易赤字額が
大幅に上昇していることから、

対日に対しても貿易不均衡圧力が強まることは
確実になる可能性でてきました。


その意味でも今月25日に予定されている首脳会談や
通商協議は大注目になるとみています。

■また、更に米国はNAFTAのメンバーであるメキシコとは
2国間で合意に至ったことからカナダとの2国間合意も
あっさりと合意に至るのではないかと市場は無警戒でした。


しかし、蓋を開ければ長期化する恐れすらでてきました。

もし合意が出来なければ、カナダ製自動車に20%の
関税を適用する改めて述べているだけに市場は
改めて警戒する必要がでてきました。

この対カナダの流れは日本も見ておく必要がありそうです。

■不安材料は貿易問題だけではありません。

トルコリラや南アランド、アルゼンチンペソといった
新興国通過も不安材料になっています。

特にアルゼンチンにおいては60%の政策金利を
適用しても通貨安とインフレが収まらず、
今週追加の金利上昇に迫られそうです。

この新興国の通貨不安が続くようであれば
市場は米ドルや日本円に傾く可能性があるとみています。


現在のドル円がレンジ相場になっているのは
この理由が強いのではないかとみています。

■しかし、これまでこのドル円が支えられていたのは
株高が大きく作用していたのは確かで、

もし今後株価まで値崩れするようであれば、
ドル円の狭いレンジ(110円~112円)も
下抜ける可能性もあるので警戒したいです。

------------------------------------------------
☆☆関東圏では今年最後のFXセミナーです!!☆☆

【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】

詳細はこちら⇒ http://www.trade-press.com/2018/09/10/0907semi/

------------------------------------------------

■最後にドル円のテクニカル分析です。

先週末は何とか下ヒゲはつけて111円をキープしたものの、
先週木曜日の大陰線がやはり、
相場の重さを物語っています。

やはり、上値の抵抗としては移動平均50日線や
直近高値111.75円に注目です。

下値の抵抗としては、先週末安値110.38円や
大台の110円を見ておきたいです。


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス

http://www.trade-press.com/

**************************************