ドル円は戻り売り継続で111円の攻防(今週の見通し)

  • 投稿日:

いつもお世話になり有難うございます。

トレードタイムです。

■先週のレビュー

先週は、日銀のテーパリング観測が高まったことや中国が米国債の
売却報道を材料に円買いドル売りが優勢となりました。

しかし、中国政府が米国債の減額報道を否定することもあり、
下げ幅は限定的となり、111円台はキープしました。

一方、ユーロ圏でも動きがあり、ドイツの大連立協議暫定合意を
受けてユーロが大幅高になったこともドル売りを誘いました。
結局、ドル円においては昨年11月27日の引値(111.08円)を
下回る水準、111.04円で終了しました。

■今週は特に大きな発表はないものの、相場にとっては
先週の動きをみる限り、やや円高にふれる可能性が出てきました。

昨年もここでの記事にも記載しましたが、IMMの日本円の
ポジションが大幅に積みあがっていたので、いずれはこのように
大幅なポジション調整が入る可能性もありました・・・。

■米国サイドの材料に関して、昨年の大型減税法案を決定したことで
一旦、相場においては織り込まれました。

今後の注目ポイントは、何と言っても日銀のテーパリングがいつなのか・・?

特に日経平均株価をはじめ、景気指標もそれなりに上向いているのは
確実であり、「物価上昇」や「インフレ」意識して始めたマイナス金利も
ここにきて副作用が市中銀行に出始めてきています。

その意味でも、マイナス金利を解除する可能性も考えておくべきです。

■最後に、ドル円のチャートです。

先週の日足チャートでは「5本連続の陰線」でした。

ちなみに昨年の1月同時期も1月9日から17日まで「7本連続陰線」でした。
値幅的には117円から112.60円と4.4円の円高でした・・・。

今年は113円から下落しているので、昨年を例にとるのであれば
110円割れも不思議ではなく、戻りを待つ展開になりそうです。


---------------------------------------------------

■お知らせ■
↓↓
インディケータ付きプログラム「FXエキスパート」の公開です!

↓↓
コアスペースでFXの勉強会の広場を提供

↓↓
無料シグナルも公開中【トレードプレス】


---------------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************