今週のポイント&ドルインデックスは「ダマシ」でユーロ高に

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式トレードサイト:http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

■先週は、FOMCの議事録の内容や米株式市場の下落、
そして米10月耐久財受注の下振れにより、米長期金利の低下を
招き、ドル円も9月20日以来の111円台前半をつける
展開となりました。

また、週後半は日本の休日や感謝祭が重なり、市場参会者が
少なく商いは低調となりました。

結局、111円ミドルで終了しています。

■今週のポイントは
今週は期待されている「米税制改革の行方」の動向や
米7-9月期GDP(改定値)に注目が集まります。

特に、トランプ大統領が早速、28日に開く昼食会で法人税率の
大幅引き下げに関する協議を発表しているので何らかの
手がかりが出ると思います。

特に、下院は可決しているものの、今月中に上院は
可決したい意向が見受けられます。

しかし、上院での定数が僅かしか上回っておらず、仮に
造反する議員がいるとすれば可決が難航する恐れもあるので、
未だ微妙な情勢であるとみています。
それを踏まえると、最近の長期金利の低下は
先読みし始めているのではないかとみています。


■ドルインデックスは「テクニカル上のダマシ」

その米ドルの強さを示す、ドルインデックスの動きは、
下落トレンドもしくは持ち合いのゾーンへと変化しつつあります。

日足をみると「逆三尊」を形成して、10月27日には95.00まで
上昇したものの、先週から一気に急落しています。

特に、移動平均50日線に注目しているのですが、9月の終わりに
一度、この50日線を上抜け、その後もこの50日線がサポートと
して作用していましたが、今週そのサポートをあっさり
下抜ける展開となりました。

つまり、この「逆三尊」はダマシになってしまったと言え、
米ドルの不安要素がチャートに残り、12月を迎えます。


■ドル円も「50日線」が重要なライン

ドル円においても、この移動平均50日線が重要で
あったことがわかります。

先々週末、この50日線を下回り、更に先週の月曜日と火曜日の
高値がこの50日線のレジスタンスとなっていることがわかります。
112円が押し目の最安値とみた機関投資家のストップを
招き、水曜日の急落に繋がっています。

つまり、この50日線は最近の重要なラインであることがわかります。


■一方、ユーロドルにもこの「50日線」が当てはまります。

春先から、テーパリングをキーワードに上昇トレンドが著しい
ユーロドルのチャートは、一旦、9月の終わりにこの
50日線を下回りました。

下抜けたことで、この「50日線」が
反対にレジスタンスに変わり、先週このレジスタンスを上抜け、
サイド上昇トレンド再開の見方をしています。

むしろ、日足チャートでは「三尊天井」の見方が有力でしたが、
先週の上昇によって、これが「ダマシ」になった可能性が高いとみています。

最後に、ドル円においては戻り待ちになる可能性が高いので、
安易に押し目買いは禁物だと見ています。


---------------------------------------------------
■お知らせ■
↓↓
無料シグナルも公開中【トレードプレス】

↓↓
コアスペースでFXの勉強会の広場を提供

↓↓
今年最後の【FXトレーダー養成セミナー&FXオプションセミナー】開催!
---------------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************