今週のドル円見通し&政治リスクから株安・円買いを誘う展開も

  • 投稿日:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP  http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■これまで掲げている大胆な政策運営にも疑問符が付く結果となり、
週明けから市場はリスク回避の動きになっています。

 

先週は、国内及び海外での政治リスクを意識する展開となり、

リスク選好を抑制する格好となりました。

 

特に、これまでのトランプラリーが意気消沈するようなオバマケアの
代替法案成立を巡るヘルスケア法案で共和党内の調整が
難航したことは、市場にとってかなり重い材料になりそうです。

 

 

■一方、国内でも森友学園の籠池氏の証人喚問によって、
安倍夫人の関与疑惑が拭いきれなくなった事も確かです。

むしろ、森友学園問題が更に深堀りされる展開であれば、
市場は政治リスクから株安・円買いを誘う格好となり、ドル円相場も
必然的に下落が避けられなくなりのではないかとみています。

 

 

更に、EU離脱手続きを通告する予定になっている英国の
動向に注目をしています。


ロンドンで離脱反対派が8万人にも膨れ上がり、デモ行進を
行っていることも気がかりです。少なくても先週、テロが起きたばかりで、
今週も波乱が予想されるところです。

そんな中でオランダ下院選は無事通過したものの、フランス大統領選への
警戒心は高まり、こちらにおいても政治リスクがリスク選好を
抑制させるのではないかとみています。

 

 

■引き続き、米経済は好調を維持していますが、目先の値動きは
不透明にさらされる可能性があり、「リスク選好→リスク回避」の中では、
単に「押し目買い」だけではなく、戻りを待って「売る」場面も
想定する必要があります。

 

特に、米市場ではこれまで行き過ぎるほどトランプ政権に期待が
こめられていただけに、政策運営に陰りが出始めれば、
それなりに失望も大きく膨れ上がる可能性は否めないようです。

 


■テクニカルでは、これまでの持ち合いレンジの下限であった
111円ミドルを突破し、下値を切り下げていることは、
今後、ショートカバー後は再度110円割れを試しにいく可能性もあり、
下抜けするようであれば、ドルロングの投げ売りから大幅に
調整が入る可能性があり、注意が必要です。

 

平均足改良版0327.jpg

今週の経済指標で米GDP確報値の発表があり、もし予想を
下回るようであれば、株売りからリスク回避に入るので注目したいです。

 

 

予想レンジ:108.75112.00





---------------------------------------------------
■お知らせ■

↓↓

↓↓