2017年1月

市場は更に「トランプリスク」を懸念、日足(平均足)の実体部を下回って推移 
市場は「円買い」に敏感に、警戒感が台頭する中での戦略とは?
米GDPが良好だと115円超えを試す展開も、日足「実体部」を超えた為、平均足は陽線転換も
米株高、原油も高値キープの中でも上値を抑えられたドル円 その要因とは?
膠着感が強まる中での売買戦略とは?
一般教書演説や予算教書は未だ先。112.50円を終値で割り込むと、チャートは崩れる可能性
就任式は期待された「更なる規模の拡大」がなく不発、週足は戻り売り
新しい材料ではなく,就任式を前に買戻しの材料を模索していた状況
目先売られ過ぎを示している中でも、「更なる売り」を助長する可能性も 
現状50日線水準で買い意欲はあるが、ここを割り込むを112円台も視野に
日足は戻り売り継続、週足ベースは「大陰線」で戻り売りトレンド突入する可能性も
目先は「戻り売り」優勢も、米ファンダメンタルズは良好なので深押し期待は未だ危険
株高・原油高についていけなくなったドル円:今後週足が下降転換するかが重要
トランプ氏会見前と後で異なる売買戦略で臨む一日  
中期調整局面入り前の「115円割れ」が重要な抵抗水準に
■トランプ節も炸裂、目先のドルインデックスは買いにくくなるのか?
雇用統計を前に動きづらい中で、この水準で終わると「陰線包み足(高値圏)」で目先天井を示唆も