現状は「押し目」を探る展開、しかし中期トレンドが変わった場合は、俊敏に動くことが必要

  • 投稿日:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP  http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



昨日は、欧米市場が休会だったため、参加者不在で
閑散商いとなり、117円前半で小動きの展開となりました。

そんな中、消費者物価指数が発表されたものの、
ドル円への影響は限定的でした。


■さて、年内も残すところあと100時間余りとなりました。

今年は歴史的にも大きな変動・改革のあった年といえると思います。

また、ドル円においても数十年ぶりの大きな変動の年となりました。
年内は「レンジ内」で押し目は拾われる展開で
推移するのではないかとみています。



■来年はいよいよトランプ政権のスタートとなるわけですが、
「期待と現実」が明らかになるので、いつも以上に
神経質な展開を予想しています。

日本サイドからしてみれば、潜在的に本当にトランプ大統領で
大丈夫なのかという不安感は確かにあります・・・

一方、米国も実際の政策交渉をする段階になっても、
安定多数の議席数を確保しているわけでもなく、実際に
トランプ大統領が目指す政策とのギャップが
生じる可能性も否定できません。

その意味では、投資家心理においても現実回帰になる可
能性があるということは、忘れてはいけないと考えています。



■ドル円においても過度な期待感が先行しているだけに、
注意はしたいところですが、

現段階では、週足は上昇トレンドが継続している中で、
日足は調整を示しています。

日米金利差の材料でも買われているドル円ですが、
現状では大きく崩れていないため、
この流れが続いている間は「押し目」を探る
展開とみています。

しかし、来年は流れが変わる可能性もあるということは、
頭の片隅に入れておき、実際に流れが変わった場合は、
俊敏にポジションの向きを変える必要があります。



■最後にドル円です。

本日は、1時間足を利用して、利幅の狭いカウンタートレードが
有効ではないかと考えています。


以下は、ボリンジャーバンドを利用したエントリーポイントになります。


売り(指値)水準
+2σ...117.56円
+1σ...117.41円

買い(指値)水準
センター...117.30円
-1σ...117.26円
-2σ...117.18円



---------------------------------------------------
■お知らせ■



↓↓
■ 成績公開!無料「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス