株高に対してドルの買い旺盛でなかったことの意味は?

  • 投稿日:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP  http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■昨日は、米長期金利が低下したことや原油価格が50ドルの
大台割れを背景として、ドル売り優勢の展開となりました。

しかし、NYダウが史上最高値を更新したことで、
安値を拾う動きもみられ113円台ミドルはキープしました。


■さて、本日はECB理事会となりますが、資産購入プログラムに
関しては予想通り半年間延長すると想定しています。

しかし、その資産購入の月額に対する金額がポイントに
なるのではないかと思っています。

特に原油価格が上昇したこともあり、インフレ懸念は
以前よりも格段に上がっているので注意はしたいところです。


■また、株式市場でもNYダウが史上最高値を更新し、
いよいよ2万ドルの大台を視野にした動きとなって
いることが目立ちます。

今後はトランプラリーを背景に底堅い動きが想定されますが、
来年就任したのちの動きとこれまでの期待感とのギャップが、
今後は焦点になりそうです。


また、昨日の株高に対して、ドルの買いが入って
いなかったことは、今後の変化の兆候かもしれません・・・

このことは、株は株自体の材料で流れに遅れたくない買いが
買いを呼び、ドル買いがついていっていなかったこと、
そして「セリングクライマックス」の逆の動きを呼びこす
可能性もあるのかと思ってしまう位の勢いで、やや怖いです。



■そして、今年最後のFOMCが来週に控えますが、
追加利上げだけでは市場は既に折り込んでいるので、
来年以降の追加利上げのペースに関して何らかの手がかりが
出るようであれば、115円突破もあると見ています。

しかし、今までの流れを見る限りイエレン議長のスタンスは
かなり慎重な面が目立つこともあるので、
期待はしにくいのではないかみています。


■一方、コモディティ市場を確認すると、原油価格が昨日、
大台の50ドル割れがあったこともやや気がかりです。

OPEC協調減産以後ペースを加速して上昇しました。

しかし、チャートを見れば2日前のコマ線、そして昨日の
大陰線と悪い流れを見れば一旦は、調整国面に入る
可能性もあるので、ドル円にとってはマイナス材料に
なる可能性もあるのでこちらも注意しておきたいです。



■最後に、本日のドル円です。


4時間足ベースのボリンジャーバンドでは、平行線になり
持合いを示唆しています。

基本的には、調整に入ると見ているので昨日の安値を中心に
ブレイクダウンのポイントを図りたいと考えています。

・昨日安値...113.40円

・5日安値...112.85円




---------------------------------------------------
■お知らせ■


↓↓
■ 成績公開!無料「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス