■米雇用統計の注目ポイントは? ダイバージェンスも出現中

  • 投稿日:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP  http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■昨日は、OPECの強調減産の流れを引き継ぎ、
さらに米経済指標が好調だったことからドル買いが
優勢でしたが、雇用統計を前にポジション調整と
見られる売りに押され、上昇幅を削り、
114円台前半で終了しています。



■さて、今夜は月一のイベント雇用統計です。


すでに民間雇用統計では予想を上回る結果が出ているだけに、
今夜の結果にも期待がかかっています。

しかし、米雇用情勢は完全雇用に近くこれ以上の
伸びには少々疑問が残ります。

ということからすれば、平均賃金に注目しています。

前月は7年ぶりの+2.8%となっているだけに、この数値を
キープもしくは、上回ることができれば足元のインフレが
でていることから、来年以降の利上げペースが加速する
可能性もあるのではないかとみています。


■今夜の雇用統計の着眼点は、「平均賃金の上昇度」と
基本的にはみています。

後付け加えるのであれば、非農業部門雇用者数が
結果的に良い場合は、先日の高値を更新、万が一、
サプライズ的に悪い結果が出た場合のみ、
急落する可能性があるとみています。


■また、ドル円の4時間足のチャートをみれば、115円の大台を
前に「ミニダブルトップ」形成しています。

さらに、過熱感を示す「RSI」では、ダイバージェンスが
出現しています。これまで短期間にこれだけの上昇相場を
形成してきただけに、調整はいつ入ってもおかしくはないという
見方をしておくことも大切です。


すでに上昇要因が整いすぎているがゆえに、疑うのも
相場に対する考え方のひとつで、これは相場格言に
もあります。



■最後は、ドル円のポイントです。


先ほどの4時間足ベースで押し目待ちスタンスを想定しています。

目先はボリンジャーバンドを使って拾います。

・センターバンド...113.30円

・-1σ...112.40円



---------------------------------------------------
■お知らせ■


↓↓
■ 成績公開!無料「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス