イベントリスクがあったとしても、リスク回避の円買いではなく「ドルヘッジ」の流れ

  • 投稿日:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP  http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、注目されていたOPEC会合が開催され、
約8年ぶりに減産合意しました。

この合意を受けてリスク選好が加速し、大幅な
ドル買いにつながっています。

また、米経済指標も予想を上回る好調ぶりで、
追加利上げに対するペースを速めるのではないかとの
思惑もあり、プラス材料に作用しています。


■これで、直近のイベントリスク第一弾は減産合意の結果、
無事通過しました。

残すのはイタリアの国民投票というわけですが、仮に
憲法改正支持派が過半数に満たなかった場合、
ユーロ崩壊リスクから、リスク回避につながる可能性もありますが、
その前に懸念されていたドイツ銀行の株価が再び
下落していることのほうが、金融市場に影響を
与えるのではないかとみています。


■これまで、トランプ新大統領誕生で、来年以降の極度な
財政出動によって、景気が刺激することを見込んだ
先取り相場が、今の相場展開となっています。

ドルインデックスは2003年以来の高値水準になり、
月間足ベースでは持ち合い離れになっており、
このままいけば2002年の高値に向けて、
ドル独歩高を突き進む可能性がありそうです。


つまり、現段階では米国経済が以前のような赤字経済から
悪いインフレを想定するのではなく、経済の好循環を想定した
良いインフレになり始めているようにみえます。

これは、ゴールド価格を見ればわかります。

あの大統領選以降、ETF残高を含め下向きになり始めています。

上記のイベントリスクが仮にあったとしても、むしろ
リスク回避の円買いではなく、「ドルヘッジ」に
なるのではないかと見ています。

その意味では、世界の投資家が今、トランプ王国へ
投資をし始めているのではないかともみています。


■最後に、ドル円のポイントです。

昨日の上昇で、チャート的には買い優勢は歴然としています。

多少の押しが入ったとしても、次のステップを踏むための
エネルギーとして消化すると見ています。

一様、115円という節目はあるものの、超えたときの
上昇圧力のほうがより強くなると見ています。

以下は、抵抗ポイントです。


・100日週移動平均線...114.76円
・大きな節目...115.00円
・8月23日安値...116.16円




---------------------------------------------------
■お知らせ■


↓↓
■ 成績公開!無料「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス