FOMCまでは、小動きの展開で短い足を利用して利幅を狭めてカウンタートレードが有効

  • 投稿日:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP  http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■昨日は、開催されているFOMCの発表を控えて様子見が
広がり、115円代前半で小動きの展開となりました。

しかし、そんな中でもNY株式市場は2万ドルの大台目前に
迫る勢いで上昇したことも、ドル円の下支え要因になっています。


■さて、明日早朝にFOMCの結果やイエレン議長の発言が
ありますが、ポイントは、来年の利上げペースを見る上で
最も重要とされる「ドットチャート」、
そして現状の米経済と動向、特に昨今のドル高に
対するけん制発言が出るのか?です。


新トランプ政権の政策の出方を見るまでは、FRBとしても
動きがとりづらいのも本音のように感じます。

巨額のインフラ投資を背景にインフレ圧力が強まると
言われているものの、現段階で利上げペースを速める
根拠などまったくないように感じます。

むしろ来年の利上げは、リセッション入りした時の保険と
してのものだとみています。それは、現状が米経済や
雇用情勢がピークと見ているからです。



■現状のトランプラリーは、ミニバブルが沸いて
出てきたようです。

それは、米経済が金利上昇でドル高になり、そして
株高と不動産高騰というのが、実に不思議に思えます。

通常は、金利やドルが高ければ株や不動産は失速する
はずですが、今回はまったく逆の展開になっています。
ということからすれば、どちらかがおかしい理由付けになります。


■今年は、原油急落から株安に発展、負の連鎖で
今年の大半が経過しました。
しかし、11月に米大統領選が行われ「リスクオフ→リスクオン」と
変化しました。これだけ崩れた相場がこの短期間に
上昇したのは正直、アベノミクス相場以上のようにも感じます。

今年は、国民投票ということをきっかけに、「大衆主義」が勝利し、
相場も意外な展開へと導いたのも事実です。であれば今までの
相場で言う常識が通用しないという見方をしなければいけない
時期にさしかかっているのかもしれません。



■いずれにしても、今年の最大の関門「FOMC」がどのような
結果が出るのか・・

個人的には、利食い調整に入る時期に差し掛かかる
可能性もあると考えています。


最後にドル円です。


FOMCまでは、小動きの展開を予想しています。

そのため、1時間足を利用して利幅を狭めてカウンタートレードを考えています。

・上値目処... 115.30円
・下値目処... 114.90円

FOMCの結果を想定して、ブレイクアウト狙い。
・上値目処... 116.00円(逆指値買い)
・下値目処... 114.70円(逆指値売り)

本日は2本立てで考えています。


NYダウは2万ドル目前で、しかも本日がFOMCという何かのシグナルなのか・・

最善のリスクヘッジが必要です。




---------------------------------------------------
■お知らせ■


↓↓
■ 成績公開!無料「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス